人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

16日の火曜日から風邪をひいてしまい、喉の痛み、だるさ、と続き、具合悪い。
土曜日から鼻水、鼻づまりと移行して更に辛くなった。
今日は大分、良くなったけど声は風邪声。
もちろん、嫁が具合悪くても気に掛ける事もない義父母は、相も変わらず、当然のように嫁にご飯を作らせ、踏ん反りかえって、嫁のご飯を待つ生活。
先週
「具合悪くて」
と義母が言うので、聞いたら
「便秘でお腹の調子が悪い」
だって。
は?
運動もしないで
「私は年寄りなんだから」
と、毎日ゴロゴロした生活してたら体も調子悪くなるだろう。
私なんて風邪でも熱でも、腰痛でも、頭痛でも、いくら体が辛くてもパートと家事、こなしてますがね。
やる人がいないので、やるのは当たり前。
割り切ってて、誰も恨んだりはしない。
義父母みたいに、
「私は(俺は)具合わるいのに、なんにもしてくれない!!!」
なんて、恨み募らせた僻み老人にはなりたくない。

保護猫たちを保護する団体で、私はボランティアをしている。
団体で、相次いで子猫たちをレスキューした。
TNRで保護した子猫たちを里親様へお引渡し。
その合間に乳飲み子達のお世話。
命を救うって使命感からくる力は、原動力が愛だ。
愛おしい子達が大きくなってくれて、幸せになってくれる過程が、本当に幸せに感じる。
もちろん、大変なことが多いけど、やりがいがある。
愛が源だから。
愛の源は風邪で調子悪くても、それを跳ね返して、できてしまう。
今日は里親さんにお引渡しの日。
里親さんの笑顔と、幸せに巣立っていく、子猫ちゃんが私に元気をくれた。
ありがとう、幸せにね。

「何にもしてくれない」
「~~してあげたのに」
「~~してくれない」
「交流がない」
「気にかけた言葉もない」
くれない、くれない、くれない・・・
そればっかりで締めは、
「老後のお金を出してあげたのに」
と、お金の印籠でこちらを悪者にして、黙らせる義父母。
「あなた達の事を思ってるのよ」と言ってきて、表では自分の事を「良い姑」と吹聴し、陰では気に入らないことがあるたびに嫁の陰口を言う。
口から悪意を発してるから陰口なのに自分では「愚痴」と定義づけしていて、正当化する。
義姉を巻き込み、族意識で嫁を攻撃。

過去記事



どこに愛を持てるのですか?
そもそも、姑と嫁は他人ですから。
相手の気持ちをおもんばかる「おもいやり」がない人にどう愛を持てと?

夫婦は親よりも、子供よりも、長く人生を共にする。
同居してもらうならば、夫は、それなりに嫁を気遣うって大事だと思う。
だって、伴侶って「愛」が基本でしょう?
「自分は巻き込まれたくない」
「平和に生きたい」
「原因は自分だろ」
こんな事ばかり言い、終始逃げの姿勢。
舅、姑、義姉、一族徒党を組んだ、族意識の人達から嫁が攻撃され、孤立しても守らず、助けてもくれない夫に「愛」なんて感じない。
嫁に対する「愛」なんてそこにはない。
あるのは、自己保身と体裁。

「愛」があるから大変でも苦痛にならないし、頑張るぞって思える活動と「愛」もないのにやらされてる労働とは原動力が全く違う。
愛って原動力には無限の力がある。

義父母への世話(労働)はトラウマが蘇り、苦痛だ。
だから、私は家政婦、そう思って割り切るのが、今の私の労働における原動力になっている。

義父母、義姉、夫。
この一族には嫌悪がある。
愛なんてもう、この人達には小指の先もない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-04-21 16:25

心の傷

毎日、夕飯を作って階下へ持って行く生活を相変らずにしている。
毎日、毎日、きっちり6時に持って行く。
縛られて自由がない生活。
その上、乱暴な戸の開け閉めの音と地響き、ケンカの怒鳴り声、階下からの騒音問題も続いている。
うるさいけど我慢している。
娘たちは義父母をとても嫌っており、「絶対に一緒に食べたくない!」と言うので呼ぶ回数を減らした。
長女は寮生活でいないし、次女は「二階に呼んだら部屋にこもる」って言う。
私だけ、もしくは夫婦だけなのに、呼んでも仕方ないし。
孫に嫌われるのは自業自得。
だけど、こうして孫に会ってないと、途端に陰口と文句が始まる。
もう知らない。
好きなだけ攻撃してきたらいい。
人の心は支配できない。
義父母が嫁、あるいは、私たち家族に、何をしてきたか、娘たちはちゃんと見てますから。

ラインで嫁友達とグループ内で悩みを打ち明け合い、励まし合っている。
旦那さんが面倒がって嫁を助けない。
上下関係で嫁が我慢をさせられる。
義妹(or義姉)と言った小姑が上から目線で偉そう。
と言った感じなのは、どこも同じだ。

姑さんの老人ホーム入所が決まり、お友達の一人が晴れて、同居解消になった。
本当に良かったね、と、心から思う。
息が詰まりそうな生活の中、認知症義母の暴言や悪口に精神的ストレスがあったそう。
大変な状況を理解もせず、義妹が言いたい放題で上から目線なのは、大変だったと思う。
義母の通帳、財産、全部支配し、嫁(次男嫁だそう)に自分の母親を押し付け、一切手伝わず、ケアマネには自分が世話してると嘯いていたそう。
嫁が窮状を伝えると仕方なく老人ホームを義妹が探し
「お母さんも、私も、不本意だけど、嫁が同居拒むのでホームに入ることになった」
と、嫁のせいにし、捨てセリフ吐き捨て、お世話してもらったお礼もなかったって。
財産はすべて、義妹がもってるそうで、同居の際の食費(それもケチられたそう)をくれても世話代は一切なし。
お金目当ての義妹、本当に酷い。
ケアマネを抱え込み、自分が世話してるアピールしてて調子いいことを言うが、自分は世話もせず、支配して嫁に世話させる所がうちの義姉と全く同じ。
こうした、同居ストレスと小姑の言動は、嫁の心に大きな傷跡を残す。
晴れて同居解消となっても、心の傷から心は晴れず、怒りが出るそう。

人は誰でも、大なり小なり、心に傷を抱えて生きている。
傷を抱えてる人に対しては、傷跡をあえて大きくしないよう、背景を思慮しながら想像力を働かせ、傷に塩を振らない対応って大事だと思う。
傷をかかえてるほうも、傷を大きくしないため忘れたほうが賢明だ。
だけど、そうすると、うちの場合、嘘つきな義姉と事実を捻じ曲げる認知症老人達は結託して嫁を窮状に陥れる。
だから、私は日記で真実を残すため記録を残している。
過去を読み返すと傷が痛む。
傷は癒えないし、広がる。
でも、傷を押さえながら、記録を残す。
自分で自分の身を守るため。

心の傷はダメージだけど、この傷があるからこそ、人の心の痛みを理解し、人に優しくできたり、想像力を働かせたりできるのかもしれない。
傷をさすりながら、明日も頑張ろう。
そんな風に思う。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-04-15 14:24

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama