人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おもんばかる

人は動物と違い、相手の事を思い遣る、
「おもんばかる」
と言った想像力があると思う。
相手の立場、心情、現状、これらを鑑み、自分がした言動で相手に沸き起こる感情に思いを馳せる。
おもんばかる、とは、そう言う事だと思う。
「~~してくれない」
「~~してあげたのに」
「私は~~思ってあげてるのに」
このような思考で自分しか見えていないと、とたんにおもばかる事はできなくなり、自己憐憫に陥り、不幸のベールを身にまとう。
姑と実の娘(小姑)が結託した、族意識からくる嫁への攻撃は、一切反論が許されない。
どんな時も何があっても、「義母の言い分が正しい」が基本だから。
「お互い言いたいことは言いましょう」と義母がいい、その御輿に乗って、義姉も「言いたいことは言ったいほうがいいもんねー」といい放った。
違うのです。
反論言うと、いつも100%私が間違ってるという主張で切り捨てる。
理解し合いましょうと言って「理解しなさい」のマウントが始まるだけ。
嫁には何も反論させない、マウンティング。
私は「諦める」と言う術を身につけた。
この一族は相手をおもんばかることがないから。

私はもう、18年以上、騒音の苦情を常日頃言われている。
甥っ子が小さい時は二階へ遊びに来て私が文句言われた。
私は呼んでないのに。
私には、何も関係ない甥っ子達が勝手に二階へ遊びに来て毎度「煩い!」と文句言われた。
数えてないけど、この文句を何回、義父から言われただろう。
義父母が呼んだ甥っ子の文句を嫁が言われる義理はないだろう。
なのに、なぜか私が毎回謝罪させられた。

そんな、文句ばかりの義父母たちだって、騒音でかなり息子家族に迷惑かけているのにね。
怒鳴りあいやら、戸に八つ当たりした地震のような地響きやらの騒音、振動は苦痛だ。
子供叱る嫁の声は恥ずかしいけど、自分たちの怒鳴りあいは恥ずかしくないんだそうな。
義母のスリッパもサンダルでかなりパタパタパタパタ常にうるさい。
義姉一家が来るとドタスカと煩い音は二階へ響く。

自分たちの迷惑を棚にあげて嫁に文句を言ってくる。
私は摺り足で歩き、音を出さない歩き方が染み付いてるけど、夫や娘達は気にしない。
スリッパなんて、使いたくても使えないよね。
歩き回る娘の足音がうるさいと文句をよく言われるし。
「自分たちだってうるさいくせに!」
胸の中で反論する。
もう、戦争は懲りてるから言わない、胸の中。

私たちは我慢できても愛犬は可愛そうだ。
義父母が乱暴に閉める戸の振動と爆音で気持ち良さそうにお昼寝してても飛び起きてるから。
ごめんね、二世帯になんかして。

相変わらず相手の気持ちをおもんばかる事がない義姉はアポなし訪問が続いている。
このように出入り口を義姉の車がふさぎます。


f0370957_19171652.jpg


避けて家の中へ入ろうとしたら、巨大植え木鉢の角で擦ってしまい、私の足は流血しました。


f0370957_19173708.jpg


私は、相手の立場や気持ちをおもんばかる、想像力を持ちたいと改めて思った。
日々、学びをくれる一族です。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-03-27 12:36

お金は争いの元

長女には夢があり、専門学校も決まって入学予定。
カチンとくることは多々あり、喧嘩もよくするけど、実の娘は可愛いです。
息子の嫁だったら他人だけど、実の娘は自分の血と肉をわけてますから。
改めて思う。
嫁は所詮、嫁。
血と肉を分けた、実の娘の小姑に敵わないし、小姑と対等には決してならない事がよくわかる。

夫は高校の時の生活態度を見て、長女の進学のお金は出さないと啖呵をきった。
長女は行きたい学校だから頑張ると希望に胸ふくらませている。
夢があるなら応援するのが親の役目。
私が学校のお金をパート代から出すことで事は収まった。
金銭面を考え、一人暮らしはやめ、寮に入所予定。
それも、私のパート代から援助することになった。

去年、家の修繕費用100万円をパート代から出した。
今回の娘の進学のためのお金も出している。
妻の稼ぎを家計のあてにするなら家事分担するのが筋だろう。
なのに、この夫、一切家事の手伝いをしない。
唯一、週に1度の犬の散歩(15分)でやったと威張っている。
「仕事して養ってやっている!仕事のほうが大変だ!家事なんて主婦ならやって当たり前だろう!」
と開き直った。
「あなたは完全な休みが2日もあっていいよね。
私なんて365日休みなしだよ。
主婦も立派な仕事でしょう。
じゃ私も土日、完全に休んで何もしませんって通用する?
誰のおかげで仕事行けてると思ってるの?
おまけに、あなたの親の面倒までみてるんだよ?
何も手伝ってくれないよね!
私のお金返して!」
と言ったら
「家族間であげたの返せだのがおかしい!」
と逃げられた。
挙げ句に
「オレが通帳管理するからオレが通帳持つ!生活費が欲しいなら申告しろ、オレが銀行から下ろしてくる!」
と、威張って通帳もふんだくって行った。

家の建築費用では、独身時代からコツコツ貯めた私の貯金を使った。
大事にしていた貯金を使い果たしたのだ。
それから子供達の育児に明け暮れ、義父母の威圧にも楯突かず、どんなに理不尽だと思っても折れて謝って土下座して、屈辱にも堪えた。
子供達の手が離れてからは、パートで働きながら家事をこなして、この家を支えてきた。
夫は、私が育児で大変な時からずっと今も変わらずに、休みの日には、テニスだ、飲み会だ、バイクツーリングだと、好きに自由を謳歌している。
家にいても、イビキかいて昼寝して何もしない。
私なんて、義父母に縛られて自由もないのに。
私や娘達にはお金使うとケチつけるくせに自分は趣味でお金を使う。
バイクは100万円だ。
車も何も相談なく、勝手に買い換えた。
私なんて身に付ける物は安物ばかりで自分のためにお金使うって本当にないのに。

私は家政婦。
家政婦でもお給料あるよね。
お給料も出ないです。
タダ働きの、しがない家政婦の私。

家族間であげたの返せだのおかしいって?
そんな事、よく言える。
義父母に同じ事言って下さいよ。
「自分達も住むし、家も新しくなるから」
と、階下の人達は家を建てる時、言ってたくせに
「老後のお金を出してやったんだ!」
と「お金の印籠」で嫁を服従させ、文句ばかり言ってきた。
この人たちに、同じ事言って下さいよ。
義父母や小姑に攻撃されても、守ってもくれず、挙げ句に私のお金まで巻き上げて開き直る夫。
つくづく、愛想を尽かした。

お金は争いを生む。
お金で国同士が戦争したりもする。
お金で殺人事件だってある。
寄付や善意で救われたりもあるし、使い方次第だけど、お金は争いの元になる元凶なんだとも思ったりする。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-03-04 15:38




f0370957_22142228.jpg
恒例の、義姉、アポなし訪問。
パートから帰り、いつも通り、自転車を道路に停めて、そそくさと家に入る。
自分の家なのに、他所の家でコソコソしてる気分になり、腑に落ちない私のモヤモヤも相変わらず。
「オレらの土地だ!感謝しろ!」
と義父に怒鳴られたことがある。
私も独身時代から、コツコツ溜めた貯金をこの家に使った。
使い果たした。
マイホームだと思っていたけど、「出てけ!!」と恫喝されてから、そうではないと悟ったのであった。


一昨日から腰痛に襲われ起きあがるのもやっとになった。
パートの行き帰り、自転車は辛かったけど、歩くよりはいいので痛みに耐える。
以前もあって、しばらくはなかったのだけど、久しぶりの腰痛で気分も落ち気味。
病院でMRIを撮ったこともあったが、ヘルニア気味と言う診断で、湿布とコルセットで結局は終わりなので医者に行く気にもならず、我慢した。
「イタタタ」と言って腰をさすると、その動作が気に障るのか
「だったら医者にいけよ!」
と長女に冷たく言われる。
医者に行っても湿布で終わりだし、安静にするしかないのに。
そもそも、パートも休めないし、家事も誰もしてくれないし、義父母も嫁のご飯をあてにしている。
安静にしたいのに、できないから堪えて頑張ってるのに。
無言で腰をさすり、洗濯をして、掃除して、ご飯を作った。

これ、義父母だったらえらい騒ぎですよ。
具合悪いアピール炸裂のあと、こんなに辛いのに、何もしてくれない!!!
と、被害者意識満載で義姉と二人して陰口言われた挙げ句、攻撃されますから。
言ってくれればするのに、頭下げてお願いする、と言う行為を嫌うが故に、悲劇のヒロインで「何もしてくれない!」といきなりキレて嫁を責め立てます。

夕飯の買い出しから帰ると画像の隅にある、玄関のデカい杉の木と義姉の車が私の行く手の邪魔をする。
痛い腰をさすりながら、よけて家に入る。
花粉症の夫を悩ます、この杉科の植木。
どんどんデカくなる植木、なんとかしてもらえませんかね。
ほんとうに迷惑。

たまたま、窓から義姉と義母を見た。
満面の笑みで手を振り、車に乗り込む義姉。
その義姉の車を両手で手を振り、同じく満面の笑みで見えなくなるまで車を見送る義母。
素晴らしい共依存関係を築いた親子愛。
愛するママを、少しでも嫁がぞんざいに扱えば、容赦なく、牙をむく義姉。
美しい(?)親子愛を二階の窓から冷めた目で見る私がいた。

依存から人は意図も簡単に、真実が見えなくなり、敵を作り出したりもする。
共依存関係を築いてると客観的な視点がなくなり、偏向愛に満ちたりもする。
依存心、執着。
そこから責任転嫁が始まり、自己愛故に敵を作り出して攻撃に走る。
依存心を克服して自立したら、人は誰も悪者にしたりはしないと思う。
依存心、執着って恐い病だとつくづく思う。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 

by piyopiyo-kimama | 2019-03-01 23:17

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama