人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

見返り目的

義父母は見返りの損得勘定で人や物事を決める人達だ。
義父は学歴や地位で、人の正邪を判断し、学歴や地位が高い人に対して媚びへつらう人だ。
義母は情を盾にして、人の正邪を決め、自分の価値観に反論する人に対しては邪とみなし、攻撃に走る人だ。

私は人としての矜持である良心を基本とし、俯瞰の眼をもち、理性的で、地に足をつけた歩みをする人を尊敬する。
生きることに価値があるのではなく、生き抜くことに価値があると思っている。

価値観は人それぞれだ。
この言葉の意味が、義母は分からないらしい。
交流の頻度と内容で私を責め立てるので
「価値観の違いです」
と言うと
「価値観なんて難しい言葉使うな!」
キチガイのように机を叩いて怒りだしたこの事件

過去記事


価値観。
人それぞれの物の見方って意味で難しくもないけど、この人にとっては人それぞれの物の見方が難しいらしい。

義父母は成果主義な人達なのだ。
成果主義で、見返り目的で生きることしかできない人達。

義祖母の介護も「見返り」を屁理屈にして全力で拒否し、義弟(義父の弟)のお嫁さんに介護を押し付けた。

過去記事


押し付けた挙句に、義祖母が亡くなってすぐ、遺産分配がないと義弟(義父の弟)に立腹し、調停に差し押さえ要求するから、義父母って本当に恐い人達だ。
義父なんて週末に義祖母のお風呂をちょっと手伝っただけで、義母は何もしていない。
介護の感謝どころか、遺産要求。

建築費の見返り要求で介護。
これはもう、私たち夫婦の義務です。
ご機嫌を損ねると、義姉を巻き込んで、出てけ!の騒動を起こすので爆弾抱えたような生活だ。
とっておきの手段も考えてる義父母ですから。

過去記事


義姉は短大を奨学金で賄ったものの、私の成育歴とは違い、かなり、色々としてもらって大事に育ててもらったそう。
結婚式費用、家電、かなり援助してもらっていた。
結婚してすぐにから、共働きだからと、夫とともに実家に押しかけ、夕飯を何度も何度もご馳走になっていた義姉。
長男が生まれたら一ヶ月半。
次男が生まれたら一ヶ月。
上げ善据え膳、産後の世話を義母にしてもらい、なにかと義母を子守に使っていた。
尻が痛いと言って、自分の家へ呼びつけ、三カ月も泊まりで義母を家政婦に使い、何度も実家に泊まりに来ては、義母に家事の世話になっていた。

私の夫は高卒で就職し、すぐに家へ生活費を入れている。
結婚後、呼ばれて数回だけ夕飯食べに行きましたが、義姉のように夕飯目的で何度も押しかけた、なんてことは、私たちは一度もない。
私は成育歴が良くないので実家に頼れず、出産後、義母の世話にはなった。
長女の時、2週間、お世話してもらっただけ。
次女の時は、沐浴だけお手伝いしてもらったけど、家事一切、世話にはなってない。
PTA会議など、仕方ない時は子供の預かりお願いしたが、子守で頻繁に義母を使った、なんてこともない。
何しろ、孫が「遊びに行ってもいい?」って内線で聞いても3回に2回は断ってて、自分達優先の生活していた義父母。
こちらから食事の世話をしてあげることは、多々あっても、家事の手伝いも、私はしてもらった事なんかいない。

見返り見返りって人に義務を課すけど、見返りでしか人を見られない人達って、浅ましさに支配された気の毒な人達だと思う。
それに乗っかる義姉には、嫌悪を通り越し、呆れから関わりたくないと思っている。 



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-26 09:49

親しき仲にも礼儀あり

親子とか姉弟であっても礼儀ってあると思うし、家庭内事情の詮索はするものではないとも思っている。
何から何まで把握して、家庭内の事も介入してって、それは当たり前じゃないと思ってるが、この家は当たり前らしい。
「お金ないはずないでしょ!安い金額で家を建てたんだからあるはずよね!出て行って!」
と義姉から言われたのは、唖然呆然だった。
「老後のお金を使ってやったんだ、忘れるな」
と、机を叩いて怒りながら義母から言われたのも、呆然自失です。
建築費の半分以上は、私たち出してますから恩着せを言われる筋合いもない。
第一、自分達も住むし家も新しくなるからと言って決済した建築費だったのに見返り目的であったと後から攻撃されたのは詐欺だと思っている。

義母は以前、説教と言う名のマウンティングで
「こうやって揉め事に発展するのは、日ごろの交流がないからだ。交流してれば揉めたり、すれ違いはない。すれ違うのは交流ないからだ」
と言い放った。

過去記事



この時に、交流してれば、こういったすれ違いは回避できる、分かり合えないのは交流がないからだって何度も言っていたのだ。

違うのです。
姑は姑で母親ではないし、嫁から見れば他人であるから、礼儀ってあるのに、言いたい事言ってきて、従わせるのが原因だ。
要求を吞め、呑めないのは交流してないからであり、だから理解し合えないのだ、すれ違うのだ、って主張するのが義母なのです。
すれ違いではなくて、義母の空回り。
私は操り人形では、ありません。
心があります。
言いなりにならないのは、あなたの交流義務の問題だって言われるのは、非常に心外だと思っている。

毎日毎日、決まった時間にご飯を作って一式、お盆に盛り、下まで持って行く。
自由がなく、とても苦痛です。
義父が「美味しそうだな~」とわざとらしく言い、義母が嬉しそうな顔で受け取る。
これを見るのがもう、苦痛です。
こうした、嫁が面倒見る「義務」って二世帯にしたときから課せられてたわけです。

なんで、元気なうちから「交流」って縛られ、陰口言われないといけないのですかね。
こうして、嫁は世話させられ、自由がなくなるから、元気なうちは自由にさせて欲しかっただけなのに。
自由権の侵害をされ、家庭内干渉までされて、それが当たり前にされてることにも違和感です。

親しき仲にも礼儀あり。
礼儀って距離感だと思ってるけど、私の主張する距離感は、義母いわく、「距離ありすぎ」なんだそう。

過去、こんな事、数々しでかしてきた義母。
距離置きたいと嫁が思うのは自然だと思うのですけどね。

過去記事




この18年、他にも過去日記にある通り、本当に色々なことが義父母とはあった。
いつも何かあるたびに、義姉が裏で発破かけ、引っ掻き回してきた。
「これからさー。
Nさん(私)が、謝って、まるく収まったとしても、また、ママ達とNさん(私)何か起こるよねー」と、上から目線で、義姉が夫に言っていたのには閉口した。
裏で引っ掻き回す張本人が、何を言ってるの。
孤軍奮闘の二世帯生活だった。

私の日記、すべて実話であり、虚偽は一切ない。
記録は武器であり、私の味方です。
この家に味方は一人もいない。
日記だけが私の味方なのです。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-19 00:12

割りきるのも大事

毎日、夕飯を相変わらずに持って行く日々。
持って行くと、二人してひっくり反って横になってテレビ見て、待ってましたと言わんばかりに、いそいそと受け取って食べてます。
口では「ありがとう」と言ってるけど、心の中では「建築費の見返りなんだから当然」と思ってるのです。
過去、たった1日、夕飯作り断っただけで、「出てけ!騒動」に発展したこの事件。

過去記事




嫁に頼む、お願いすると言う事をしない義母。
私に頭下げてお願いするのが嫌なのだそうだ。
些細な事に不満募らせ、息子夫婦が何もしてくれないと、陰口を言う。
言ってくれれば、やるのに、義姉に「何もしてくれないと」と鬼嫁の如く、陰口言います。
それ以来、私は警戒してて、少しでも何かあれば、こちらから声かけて、ご飯を作ってあげてきた。
もちろん、ここに住んでから18年、具合悪いと言われれば、通院付き添いや、ご飯持って行ったりはしてきていた。
だけど、気にかけた言葉が足りないと、私がしてあげた事すべてなかった事にされた。
義姉と義母から、常に陰口を言われ、責められてきた18年だった。

お世話、以前からしてきたのに気に入らないと責められる。
そして、義父母ともに死ぬまで、このお世話は、延々と続く。
先が見えないトンネルにいるみたいだけど、お世話してる私はケアマネさんにも関わらせて貰えない。
相談も出来ない。
義姉が全部、支配してますので。

お互いに元気なうちは距離保つ。
それってそんなに、いけないことなの?
今、私には自由がない。
こうして自由がなくなるから、元気なうちは自由にさせてもらいたかったけど、それは、「嫁の我が儘」なのだそうだ。

興味深い記事見つけた。


1 合カギは絶対に渡さない

これは無理ね。
中で繋がってるし
引っ越してきた当初は勝手に入ってきてて、夫から義母に注意して貰ったら不貞腐れて義姉に義母は、文句言ってたから。

2 アボなし訪問はしないでもらう

義母も義姉も、アポなし訪問の何が悪いって感じだし。

3 連絡は、実の親子間でとるようにする

これも無理。
嫁に言いたいこと言って何が悪いって感じだし。

4 実家からの顔だし要求には、平等に対応する

まぁ、私は生育歴良くないから実家と疎遠なのでこれはない

5 大きな贈り物は事前に相談して貰う

こちらから大きな贈り物あっても、向こうからはない。
100万するお墓の建て替えも、こちらからのプレゼントだったし。
要求されたので、建て替え費用出した。

6 子育ての主導権は自分達が握る

主導権は、あっても、口出ししたり文句は常にある。

7 トラブルの予感がしたら、必ず実子が対応する

対応してくれない、逃げる。
だから嫁がいつも折れるハメにあう。
やり合うと、出ていけ!になる。

8 夫婦での合意なしに、親からの要求は呑まないようにする

そもそも、私たち夫婦に拒否権はなく、義父母が正しいと言う前提で何でも呑まされる

9 何があっても自分達の家族を一番に考える

義父母優先だから、これはない。
二番、三番。
夫はあてにならない。

これ見ても分かるように距離感大事なのに、この家はないから、嫁が我慢する事になってきたわけだ。


1 「そもそも他人だから仕方がない」とあきらめる

私は他人と割りきっても、義母は依存してくる

2 「愛する夫の母だから」と自分にいい聞かせる

義父母、義姉、一族で徒党組んで嫁が責められても、守ってもくれない夫なので愛はもうない

3 「無理して上手くやっていかなくてもいい」と肩の力を抜く

抜きたいけど、そうすると出てけ!って始まるから

4 「孫のことは可愛がってくれるし」といいところを探す

可愛がっても自分達の都合が一番で、出て行け!って言う爺さん、婆さんだから、孫達から嫌われている。

5 「年寄りだから先に逝く」と、残りの年数をカウントする

長生きしそうで私のほうが、先に逝きそう

6 「頑張ってる自分にプレゼント」と、ご褒美を決める

これは、本当にその通り

7 「夫は私の味方だし」と救いを見つける

味方にはならない。
一族、徒党組んで嫁を責めて来るけど庇ってはくれない。
救いの手を払いのける

8 「姑との付き合いは仕事」と割り切る

これ大事

9 「好きな趣味に没頭しよう」と深く考えない

まさにそう。
恨み持つのも依存だから、深く考えない。
過去に拘ってクヨクヨと依存しない。


過去は過去。
割りきって、明るく毎日、私は過ごしたいと思った。

不幸を引き寄せる、三つの法則があると聞いた。

自己憐憫

責任転嫁

依存心

まさに、義母。
「老後のお金だしたのに、なんて、可哀想な私」
「私が苦しいのは全部、息子のせい、嫁のせい」
「こんなに思ってあげてるのに」

と、義姉を巻き込み、悲劇のヒロイン。

違うよ、それはこうだよね。
原因は違うよ。
思いは人それぞれだよ。
いくら諭しても「私が正しい」と、凝り固まって

自己憐憫、責任転嫁、依存心

から、不幸にしがみつく。
義母は、診療内科にも通っているけど、多分、気づきがないから変わらないと思う。

割りきって、前に進む生き方を私はしたい。
義父母からは反面教師で学び貰ってます。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-11 12:41

アポなし訪問

f0370957_22232089.jpg
今日パートから帰ると、自転車が停められない。
いつものようにアポなし訪問。
画像の真ん中、デカい車が鎮座し、義父が私たちの自転車置き場に車を停める。
画像のように、私の自転車は道路に追いやられる。
始業式で、長女も次女も、早帰りだけど、停められない。

夫に
「もういい加減、アポなし訪問止めて。前日までに連絡してって、いつも言ってるよね。」
と言うも
「うるさいな~実家なんだから、連絡とか、いーだろ」
と、面倒くさそうに言われる。
仕事だからいいけど、夫が休みの日はバイク二台停まってるわけで、事前に言わないと停められないよね。
実家なんだから、いーだろ???
え??
実家でも、息子夫婦が住んでいて、駐車場だって思うように使えなくて迷惑してるわけだよね。
実家だから、と、どうして、こうも、実の娘って皆、厚かましく図々しいんだろう。
嫁友達に聞くと、どこもそうらしい。
実家だからと、我が物顔で、遠慮なしにお嫁さんの立場や気持ちも無視してズカズカと我が物顔。
言いたい放題で、そのくせ、実母(姑)の世話は嫁に押し付ける。
嫁が我慢していることを少しでも、実娘(小姑)に言うと
「お母さんだって気を使ってるのに、酷い」
って言うんだって。

いつもいつも、私が悪者。
私が我慢してても辛くても、ママが一番。
何か揉め事があるといつも
「ママ!ママ!」
と実母の味方で嫁を敵扱い。
あまりの異常ぶりに警察へ助けを求めたこの事件。

過去記事


これだって
「家族なのに警察呼ぶなんて許せないんだけど!」
と攻撃されたが、家族なんだからって、言われることに違和感なのだ。
嫁は家族なのに、いつもいつも、小姑は実母の味方であって、嫁の味方なんて、これっぽっちもする気もない。
いつもいつも、陰口と文句で私を攻撃対象だったよね。
ママ、ママ、ママ、ママ~
と、嫁の味方なんて、1パーセントもしない。
家族なのに?
家族なのにって言って、我慢させられるのは、いつも嫁。
どんなに、おかしくても、道義的に変でも、いつも義母が善で嫁が悪。
姑は姑であって実母じゃないし、小姑は小姑であって実姉ではない。
家族なのに?
差別意識満載な心根のくせに、安易に「家族なのに」なんて、族意識で嫁を責めないでもらいたい。

日産の利益を私的流用し、多大な損失を与えた、日産、元社長、カルロス・ゴーン。
当然、罪は償うべきだし、それなりの贖罪をすべきだろう。
なのに、実の娘、息子たちは、被害者意識満載でカルロス・ゴーンは被害者だとマスメディアに訴えて悲劇のヒロイン&ヒーローに徹している。

人には忘れては、いけないことがある。
良心を忘れたら、人生、地に堕ちる道を歩むと思っている。
真善美(しんぜんび)
これは忘れては、いけない。
なのに、血のつながりってそれが見えなくなるのです。


義母は義姉の表の顔だけ見て
「〇〇ちゃん(義姉)はとってもいい子。悪口も言わないし嘘をつくことも絶対にない。お友達も多くて好かれてるいい子」
って言うのだけど、嫁の悪口言いまくるし、嘘ついて嫁を陥れるのは見えないらしい。

裏ではこんな恐ろしい事も言ってるのにね。

過去記事


私は、真善美を忘れずに生きていきたい。







にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-08 21:58

従属関係の苦痛な集まり

義姉一家が来ると、なぜか私達家族も顔を出さなければいけない、この家。
義姉と義母、裏で散々、私への陰口と文句を言っている事は、以前から知っている。
だけど、私は悪者になりたくない自己保身から、何もなかったように愛想よく振る舞って付き合ってきた。

過去記事


さすがにこの一件からは堪忍袋の緒が切れて、一切、義姉とは、口もきかない、顔も合わせないと、関わらない姿勢を貫いてきた。

夏休みの時、初めてレジスタンスを起こした。
義姉と口ききたくない、関わりたくない、と義母に意思表明した。

過去記事


だが、この時も完全に私が悪者であり、夫は私を責めたのであった。

年末に
「2日に〇〇ちゃん達(義姉一家)来るから」
と義母は夫に対し、
(来たらアナタ達一家も階下へ来なさいよね)
と言う圧力をかけていた。
前々から、
「もう一切、義姉とは関わりたくないし顔も見たくない。一生恨みは残るし、私が棺桶に入るまで、これは消えない。
いい?もう、義姉一家が下に来てても私は絶対に行かないから!一切関わりたくない!」
と言っていたので、夫はすかさずに義母へ
「あっ、その日は出かけるから」
と言い訳していた。

新年の挨拶はこの家の儀式です。
三つ指ついて頭下げて円くなって
「明けましておめでとうございます」
と総出で挨拶しなくてはいけないし、義務になっている。
なので、義姉一家が来る日は外して、元旦に私たちは義父母への新年挨拶を済ませることにした。
長女は連日、遊びだバイトだと、家に居ないから、1日は家にいるように、と念を押した。
案の定、大晦日は友達と夜通し遊んで帰って来てるので寝ている。
叩き起こして、不機嫌な長女をなだめて、階下へ挨拶に行く。
あー面倒くさい。

挨拶が終わってすぐさま、義父の病人アピールが始まる。
「オレらはもう、病人なんだ。病人だから何もできない」
と意気揚々と自慢する。
その後も病気自慢、不幸自慢、近所の人の悪口が延々と続く。
うんざり。
しきりと
「〇〇さん(私)の作る夕飯が美味しい、感謝してる」
と、私を持ち上げるけれど、だから何?と何度も心の中で繰り返した。
 
 建築費の見返り行為

これを散々要求して、陰口言って、文句言って、出てけ!とまで言い、音の騒音では常に文句言ってきている(現在進行形)。
これら、嫌な思い出すべてをなかったことにして、いい人アピールして「感謝している」と言って来る。

子供が小さい時は追いつめられた。
常に煩いと言われ、萎縮しながらの大変な育児。
夫は飲み会だ、テニスだ、仕事だ、と自分優先で家にもいないから私一人で、この育児を頑張ってきた。

 孫の面倒みる良い義父母 

そう、向こうは思ってるけど勘違い。
自分達の都合のいい時だけ、孫の面倒みて、ぬいぐるみ感覚だったし、常に音の文句で自分たち優先の主張だった。
階下の人達のお蔭で、私の育児ストレスは増大するだけだった。
大きくなって反抗期になり、親が叱れば衝突もある。
そうすると、また
「煩い!!」
と、義父母から怒鳴られ私が怒られた。
子供の首絞めて無理心中までいかなくて良かったと、本当に思っている。
そんな、私の中の苦悩、わだかまりを知らず(言っても私が悪いと変換されるし無駄)、ご機嫌で話しをしてくる姿に嫌悪しか湧かなかった。

甥っ子たちへのお年玉は、義父に預けて渡して置いてくださいと頼んだ。
あげた人へのお礼もないし、もう渡さない。
今年、最後にすることにした。
もう、あげない。
去年、上の甥は用事があって来なかったので義姉に預けて渡して貰った。
長女もいなかったので、義姉から預かって、私から渡した。
「お礼は言ってね」
と、伝えて長女は、お礼を義姉に言っていた。
甥からのお礼はなかった。
知らん顔。
今年から甥は就職して社会人だし、もう、この一家とも関わりたくないし、お年玉なんて無駄なやり取りもいらないでしょう。

昨日、早速
「2日の挨拶は拒否したから出かけないと」
と、言い出す夫。
「なんで正月くらいゆっくりして、好きな過ごし方もしたいのに、できないの?
なんで、出かけないといけないわけ?
この家は私の家でもあるよね」
と言うと、
「じゃオレだけ出かけるから」
と不機嫌になった。

従属関係からのレジスタンス。
今度からイヤな事はイヤと、意思を示す。
表の顔と裏の顔を使い分け、義父母をバックに地位を築いている狡猾な義姉には到底、適わない。
だけど、自分の意思を尊重した生き方を私はしたい。
自分で自分に嘘ついて、我慢するのはもう終わり。

そんな決意新たにした、新年だった。

って言っても、義父母は相当、長生きしそうだから我慢は続くわけだ。
私の老後まで、私の自由ってないのかな。
早く自由になりたい。
私の人生、義父母に振り回されて終わりなのかな。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-02 09:26

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama