人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

介護は嫁をあてにしていたが、この事件


これがあってから義母は立腹し、誰の世話にもならないと、豪語している。
義姉が「一切関わって欲しくないから!その代わり、土地の権利半分とお金もらうから!当然よね!」と言ったので、私も今後裁判になったときの事を考え、動向は、細かく記録つけることにした。

介護は見返りでするものなのだそうだ。
義父は4人兄妹。
長男は女を作って行方不明。
次男が、義父。
長女は疎遠。
三男は結婚が遅く、フィリピン人の若い人と結婚し、幼い娘さん達がいる。
義父の父は、早くにガンで亡くなった。
義父の母は、80代半ばから認知証で介護が必要になり、しばらく三男が面倒みていたが、大変なこともあり、次男である義父に面倒みてくれ、と、打診があったとのこと。
何回か義祖母を義父母が預かり、面倒みてたことがあった。
認知症だから、何回も同じ事言うのは仕方ないのに、義父はバカにして義祖母を怒りつけ、義母は「ボケてるから頭おかしい」と陰口言い、見ていて義祖母が可哀想に思った。

三男(義父の弟)より、義父母へ介護お願いされた日、忘れもしないが、全力で義母は義祖母の介護を拒否した。
「私は病気がちで病人なんだ」、と言い、義父は義父で、「オレはヘルニアもちで病人なんだ」と治ってるのにコルセット装着して、拒否したのだった。
義母は鼻息を荒くし、
「三男は世話になってただろう。奥さんも若くて介護できる」
「三男は遅くまで実家で世話になって身の回りのことは全て母親(義祖母)にしてもらった。夫は早く結婚して家を出たから三男が面倒見るべきだ!」と怒りながら言っていた。
結局、義祖母が95歳で亡くなるまで、10年、三男夫婦が介護した。
三歳、一歳の幼子抱え、慣れない日本生活の中、お嫁さんは介護、本当に大変だし辛かったと思う。
お嫁さんの髪の毛が抜け、はげてしまったそう。
義父が休みのたびに手伝いには行ってたけど、義母は何もしていない。
「お嫁さんのご機嫌伺いに行ってた」
って威張ってたけど、そんなに顔出してないし、何もしてないし。
第一、ただでさえ介護大変なのに、何もしないで義母に押しかけられてるだけで、お嫁さんも迷惑だったと思う。

義祖母が亡くなったとき、お葬式代を義父が出したそうだが、それが、義父母は許せないらしく、葬式代は三男が持つべきと言っていた。
義祖母の遺産(と言ったところで土地建物一切なく、貯金がわずかだけどね)を三男が盗った、と、家庭裁判所へ出向き調停まで起こした。
葬式代って言っても、家族葬で値段は安い。
介護押し付けたくせに、財産要求って、この人達は勝手で怖いと思った。
普通は三男に感謝するものだし、大変な介護したのだから、財産も三男が引き継いで当然だと思うけど。
その後も、法要がないだの、気が利かないだの、義母は三男のお嫁さんの陰口を言っていた。
介護は見返りでするものなんだそうだ。
あー怖い。

今日は私の通院で午前中病院へ行き、午後へ仕事を振り替えてもらった。
ストレスから過食に走り、脂肪肝になってしまい、通院中。
急いで病院から帰り掃除、後片付けした。
長女は学校サボり、午後から学校にいくと言う。
子供怒ると、下の人達から、うるさいって文句言われるので知らん顔した。
夫は休みだが、テニス。
交流担当オレがやるって言ってたのに、何もしてくれない。
風邪引いてしまい、調子悪いなか、病院行きながらパートと家事をこなす。
合間に義父母の相手。

この家の人達は、自分勝手でどうしようもない人ばかりだ。
旦那家一族、人間的に尊敬は、まったく出来ない。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2018-01-10 17:15 | Comments(2)

ストレスフルなお正月

義姉一家が泊まりに来る前日、義母が二階へ文句を言いにくる夢を見た。
トラウマってコワイ。

お正月での、白々しい団らんの時の出来事。
義姉旦那さんが、
「息子たちは大学出たら家から出す。自立させる」
と、自慢げに話ししていた。
何でも、親の援助は受けさせない主義だとか。
親の援助で二世帯にした、私達はダメ夫婦って事ですね。
ってか、自分たちも住むし、家も新しくなるからって義母は言ってたんだけどね。
援助の見返りがないって恨まれるって、飛んだ誤算だったし、騙された感がある。

義姉は義姉で、デイやヘルパーの事を私の目の前で義母と話ししており、私は蚊帳の外です。
デイやヘルパーの日程変更もその会話の中で初めて知った。
嫁は関係ないから、ケアマネもデイも、一切知らせてはくれませんし、関わらせてくれないです。
私だってケアマネさんに相談したり、話し聞いたりしたいのに。
デイの習字が楽しいらしく、書いたものを義母が見せてたら、褒めちぎって、もてはやす義姉。
買ってきた習字セットを義姉は義母に渡し、お世話アピール炸裂で私は完全アウェーでした。
今年も不愉快なお正月でした。

義母と義姉2人して、私の陰口を言ってるのは、もう何年も前から知っている。
不愉快でも、大人対応で表面上仲良くしてきたけど、もうこの事件以来

過去記事

義姉とは一切、口をきくのを止めた。
会話もしたくない。

お正月が終わってからの事。
被害妄想だと私に言い、愚痴言うダメ母として夫が見下す姿勢は子供も、よく見てます。
子供たちも、私の事を「被害妄想」と言うようになった。
前から、娘たちは私の事をオマエ呼ばわりする事があったけど、怒るとまた、下の人達から煩い!って文句言われるから、しつけも放棄してます。
子供も私をナメてますから、つけあがって、言われ放題ですよ。
ドタバタすると
「下から煩いって言われるから!」
って怒ると
「被害妄想」
だって。

私から見て、夫はお金を稼いでくれる人、同居人と言う感覚です。
尊敬は、一切ない。
交流交流交流交流って責め立て、がん手術後の病み上がりに4時間の説教すると言う常軌を逸した義母。
懲りた夫が、
「交流担当はオレがやる」
と言ったのに何もしないで知らん顔ですよ。
ふんぞり返ってスマホいじって、テレビ見て、テニスだ、バイクだ、と好き勝手。
何もしてくれないから、義父母を二階へ夕飯に呼ぶと言えば
「呼ばなくてもいい」
って言う。
嫌なの我慢して食事の世話してる嫁の気持ちくらい、考えたら?
呼ばなくていいってほっといたら、下の人達はまた、出てけ!の病気が始まるよね。
交流はオレがやるって自分で言ったのに!オマエが面倒見ろよ!オマエがやれ!
って心の中で毒づいている。

毎日、パートしながら、身の回りの世話してやって、弁当作ってやって、その上、あなたの親の世話まで私はやらされ、あなたの姉からは悪態つかれ。
私はあなたの何なんでしょうかね?
被害妄想だ?

感謝が微塵もない同居人は今日も、私の目の前で、ふんぞり返ってます。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2018-01-05 22:34

月を見ながら

パパが年末にバイクで遊びに行った時、友達の話を聞かされた。
バイク仲間が二世帯住宅を建てて住んだ所、奥さんとお姑さんの仲が悪くなったらしい。
結局、建てた二世帯住宅は弟さん夫婦が入居し、ローンを肩代わりしてもらって自分たちは出て行ったそう。
新たにマイホーム購入して、今は平和に暮らしているらしい。
しきりと、奥さんが被害妄想でおかしくなったと言ってたそうで、パパが
「ウチとまったく一緒だよ」
と言った。
被害妄想?
酷い旦那さんだと思った。

他人と住む苦労を、男の人は全く理解なんて、してくれない。
姑と自分の母親は違うの。
同じではないんだよ。
自分の親でもない人と暮す苦労、分からないでしょう?
二世帯住宅でも、気配感じるし、気を使うから、嫁は心労だってあるんです。
なんで、理解してあげないのか、と、とても奥さんが気の毒に思った。

その話を聞いてから、愚痴を言うと、しきりと私の事をパパは被害妄想だと言うようになった。
また始まった、と言い私が被害妄想でおかしいと切り捨てる。

今日、義姉一家が泊まりに来ると言う。
朝から戸の開け閉めの地響きの騒音が煩い。
挙句にケンカをしている義父母。
煩い・・・
お昼は義姉が予約した所へ外食に行くと聞いてたから、昼前に新年の挨拶をさっさと済ませて二階に帰るつもりだった。
長女は遊びに行っていないので、次女とパパと3人で足取り重く、階下へ行き、新年の挨拶をした。
認知症の義母が勘違いしたようで
「予約は明日だった」
と、そこで言うので、昼は一時間ほど談笑する団らんになったわけです。
私には話しかけない義姉と、私も義姉一家に話しかけないと言う状況の白々しい、団らんが始まった。
作り物の偽りの団らん。
表向き、笑顔で平和な世間話をしつつ、お腹の中にはドロドロを皆、抱えている、虚構の団らん。
義母は機嫌がいいらしく、笑顔で話ししており、話かけらると作り笑顔で私は答えた。
苦痛な時間が過ぎ、そろそろお昼食べに外食しましょう、と、なったとき
「二階は用意してあるので」
と言って、次女とパパと二階へそそくさと帰った。

家にいたくないので、3人で買い物にでも行こうとパパに言い、イオンモールに行くことにした。
混んでいて、渋滞し、店内も混雑してたので
「だから止めようって言ったのに」
と、パパに言われた。
「ずっと休み中、家事とご飯作りで疲れた。今日はご飯作りくらい休みたい」
と言うと
「だから、外食するって言ってるじゃん」
と、不満そうに言われる。
この人は私に家事させて、自分は何もしない。
テーブル拭いてと頼むと、自分のとこだけ拭いてテーブルさえ拭いてくれない。
感謝もなく、被害妄想とまで言って、私の事、なーんにも気づかってなんかくれない夫。
愚痴も言えないよね、被害妄想って言われるし、日記が唯一の私の愚痴相手。
心の拠り所。

帰りの車の窓から、大きくて綺麗な満月が見える。
その月を見ながら空しい気持ちになった。
綺麗な月が、悲しく見えた。



by piyopiyo-kimama | 2018-01-03 22:19 | Comments(4)

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama