人気ブログランキング |

<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私は家政婦

夕飯時、しきりと義母は
「聞いてもらいたい事があるから話しがある」
と言っていた。
今、聞きますよ。
と言っても、また今度、と言う。
今日の朝もまた
「話しがある」
と言うから、夕方聞きますよ、と返事した。
話しってなんだ?と、夫が仕事先から昼休みに電話で義母に聞いたらしい。
義母いわく
「Nさん(私)が、Yちゃん(義姉)に関わらないでって言われてるからって言うからYちゃん(義姉)
に聞いた。
関わらないでって言うのは、あなた達が出て行ったらの話しと言っていた。話しはそれだから、もういい」
との事らしい。
義姉は、私に
「出ていくべき」
「私がやりたいようにやるから関わるな」
とはっきり言った。
出て行かない場合、義母の面倒をお願いしたいなら、それなりに言わないと分からないよね。
家政婦として、義母のご機嫌をそこねないように、勤しみなさいよね!
私はしっかり監視して、気に入らなければ、陰口、文句を言いますからね!って事らしい。

昔からそう。
ママ(義母)の主張が100パーセント正しくて、嫁の私の考え、行動、主張は、ぜーんぶ間違って
いる。
って考えなのだ。
だから、私が何を言っても
「あり得ない!」
ってバッサリですものね。

私は心をなくした家政婦です。
自分の我を一切捨て去り、義父母に尽くす家政婦。

家政婦はケアマネに関わらせてはもらえません。
ケアマネさんって、介護家族の相談役を兼ねてると思うんだけど、家政婦は相談するな、関わるなっ
て事ですね。
だから、事業所も担当者も、なーんにも教えてもらえない。

このあたりの不満を夫に話したけど、相変わらず、曖昧な相づちで終わった。
「警察呼んだ時、ケアマネさんに私は悪くない、みたいな話をしたから、それで変えたのだから仕方ない」
と、夫に言われた。
ケアマネさんは私に同情してくれたのですが、それが義姉は気に入らないのだ。
あの時、出てけ!って言われた時、どっちの味方なの?って夫に聞いた時、
「どっちの味方でもない、平和に生きたい」
と言われた。
私の友達、知人、皆、姑が勝手に上がり込んで夜中になっても騒いで帰らないなら警察呼ばれても
仕方ないよねって同情してくれた。
だけど、夫一族、義父母と義姉夫婦は
「嫁が悪いからペナルティーとして出ていくべき」
と、一貫した主張だった。
あり得ない???
私のほうが、あなた達一家の価値観にあり得ない!です。

私は家政婦。
味方もいない心を無くした家政婦は、無になり、日々、業務をこなすのみです。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-28 19:00
ヘルパーさんが週3回来ていて、それ以外は夕飯どうしましょうか、と毎回義母に聞いている。
具合悪いのに、何にもしてくれない!と義姉に文句を言い、義姉から攻撃がくるので毎回聞くことにした。

いつの間にか、ヘルパーが来ない日は、嫁が夕飯つくるのが当たり前になっていた。
心臓の具合良くなくて、頭もまわらないから、と言い訳している。
見た目、元気だし、やろうと思えばできるのに。
今日は、ホットプレートの夕飯だったから、二階に来てもらって食べた。
嫌いな人たちとの食事は苦痛だ。
義父は食べ方が汚くて、口に物が入ってるのにしゃべる。
口元に食べ物つけたまま、なにやら話ししていて気持ちが悪い。

食べ終わると、みんなと食べるのは楽しいわ。
今度から二階に食べに来たいわ。
と言い出した。
何年生きるか分からないけど、死ぬまで夕飯作って一緒に食べるの?
まるで拷問だ。
パパは他人事で私の苦労なんで眼中にはない。

義姉は
「便利の良いところで、安い金額で家建てたのでしょう!
それなりの報酬があってしかるべきなのに、してこなかった訳でしょう。あり得ないんだけど!配慮無さすぎ!」
と、私を攻撃した。
報酬?
報酬目的だったなら、初めから言って下さいよ。
報酬なくて出てけ!って攻撃するなら、初めから言いなさいよ。
そしたら、二世帯なんて絶対オッケーしないのだから。
自分は九州で遠いからと、姑、舅をほっておいて旦那さんに任せて知らん顔だったよね。
アナタに舅、姑と付き合う苦労、何がわかるのでしょうか。
九州の姑は早く亡くなったし、舅の介護だって、知らん顔で義姉さんに押し付け、早々亡くなったし、私の苦労の何がわかるのでしょう。
下の人達、長生きしそうです。
私は何年我慢するのでしょう。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-18 22:37

すれ違い

義姉は、はっきりと、
「私がママの事するから、関わらないで。私がやりたいようにやりたいから。」
と、私に言った。
今は要介護認定1だけど、
介護も3や4になれば、車で往復2時間かけて義姉が通うのも大変になる。
手伝います、と言ったが、
「おばあちゃんが二階に来て騒いだからって簡単な理由(簡単でもないけど)で警察呼ぶような人に任せ
たくない」
と言いきった。
私がやりたいように世話やるけど、その代わり、土地の権利半分とお金貰うから、と言われた。
分かりました、関わりません。
そう、電話で話しした。

なので、義姉が来てる時、私は息を潜めて二階にいるか、出かけるようにしてる。
元々、アポなし訪問だから、今までも顔合わせることもなかったし、出てけ。と言う義姉とは私も関わり
たいと思わない。
もっとも、具合が悪いと言うので、夕飯は毎日、義母に聞いて、作って欲しいと言うときは作って持って
行ってて、私も世話してるのですが。
義母の世話しないで関わらないでいれば、義母と義姉、2人で陰口言ったり、攻撃してきたりするくせに。

10日の日、義父母お気に入りのラーメン屋さんへ私たち家族と義父母とで夕飯に行く約束していた。
ところが、パートから帰って来ると義姉が来ていたのだった。
夕飯も一緒にするのかな、と、思い、関わらないでと言われてたのもあって、その日は二階の夕飯も簡単な物で済ませた。
夜7時前に義母から
「食事に行くから待ってるのだけど」
と、内線が来た。
えっ?と思い
「すみません。てっきり、お義姉さん来てたのでいつものように一緒に食べてるのかと思って、二階は
ご飯済ませてしまいました。明日の夕飯にして、明日。ラーメン屋さん行きましょう」
と言うと
「○○(義姉)ならとっくに帰ったのに。分かったわ」
と言うので、そのつもりでいた。
次の日。
パートからお昼に帰って来ると、↓の手紙が玄関に置いてあった。


f0370957_08305971.jpg

名前部分は、私、義姉、義母で差し替えました。
パートで疲れて帰ってきて、この手紙。
さらに疲れた。

確かに、連絡もしなかった私が全部いけないのですが、関わらないでと言われてるので、来てたら
連絡しづらいです。
私がするんだから、関わらないでって、義姉は言ったよね。
はい、私が全面的に悪いですし、すれ違いは私が聞かないからいけないので、丁寧に義父母へ謝りました。
ヘルパーさんが月火木と来ますが、それ以外は、毎日聞いて、夕飯いるのかいらないのか、お伺い立てて
作ってほしいと言う日は、私が夕飯もって行ってます。

あー面倒くさい。
お伺い立てて、謝って、嫁はコメツキバッタだ
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-13 08:30 | Comments(2)

人間らしい生活

夕飯を毎日作ることになっていたが、義母が前向きに夕飯作っていきたいから今日からいいわ、と言われ、結局すぐに元の生活に戻った。
定期的に体調見て、私が気遣いしなければ、また文句言われるので引き続き緊張感がある生活。

長女は相変わらず、遊び回って学校を疎かにしている。
留年の危機だけど、留年する人はいないので進級できなければ退学すると言っている。
朝も、のんびり支度して遅刻しそうなので注意すると
「ママが毎日車で送り迎えしないからだ」
と、あまりにわがままな事を言い出す。
自転車で15分の近さなのに。
「親のためじゃない、自分のために高校はいくんだよ。高校卒業しないといきたい道の選択肢がなくなる。自分が困るわけ」
と怒ると、
「車で送り迎えしないからママの責任」
と、反ってきた。
当然、親は怒る。
そこで、たまたま休みだったパパが
「うるさいからやめろ」
と怒る。

この家は防空壕なのです。
音は出せない、プライバシーがない家なのだ。
子供達とお笑い番組見て、ゲラゲラ笑っただけで
「うるさい」
って内線がかかってくる。
子供怒るとうるさいってすぐに内線の文句があったり、乗り込まれて文句言われたり、居座って夜中でも帰らなかったりする。
下の人達は、孫が道踏み外そうが、ワガママでおかしかろうが、関係ないのです。
自分が一番大事で可愛いの。
自分達の大声や喧嘩はいいのだそう。
本当に自分勝手。
そもそも、文句(陰口)言ってる、義姉と義母は、学校サボって退学の危機になったり、家出して連絡つかなかったり、親の財布からお金盗んだりする子供持つ苦労知らないでしょう。
義姉も夫も、迷惑かけることなく成長したし、甥っ子たちも問題起こすなんてないし。
私の苦労や悩み、理解しようともしないで、いつも陰口言って追い詰めるよね。

二階がうるさい、人間らしい生活したいって、常に周りや私たちに文句言う義父母。
人間らしい生活したいって私のセリフだ。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-10 08:50

使いこなすですって

5日の木曜日に義姉が来ていた。
義母の病院の付き添いらしいが、いつものように私は知らされてない。
顔を会わせることもなく、夜、義姉は帰ったらしい。

義母の心臓の具合が悪いとの事で(病名、具合は知らされてない)私が夕飯を作ってあげる事になって毎日来てもらったり、下へ持って行ったりしている。
心臓が痛くなることがあるそうだが、見た目はいたって元気。
前々から、夕飯づくりを嫌がってたので嫁に作って貰えるなら、そのほうがいいみたい。
義母は「大丈夫だからいいわ」と口で言ってるが、このいいわ、を真に受けてやらないでいると、あとで
義姉に義母は私の陰口を言う。
ママ命の義姉から「大事にしてよね!」と攻撃を私に受けると言うのがパターン化してるので、調子悪いのを察知すると、作りますよ、と断られても作ってあげている。

料理苦手なので、義父母が死ぬまでこうして、自由もなく作り続けるのか、と思うと憂鬱。
過去、交流と言うアイテムで、何度も私たち夫婦は義父母から攻撃されてきた。
お互い元気なうちから、交流で縛られるの、未だに腑に落ちないです。
だって、老後の世話なんて、全く自由が私に無くなるのだから、元気なうちは自由でいさせてもらう
のは、当たり前だと思うのです。
「交流もない人に病状説明できないでしょ!関わらないで貰いたいから」
と義姉は言ってた。
いやいや、世話必要になると嫌でも一緒にいるようになって、説明するようになるよね、と思った。
夕飯の時間は6時って決まってるから、今まで自由な時間に作ってたのと違って縛られた生活。
私に自由はなくなった。

せめて、ケアマネさんに今後の悩みとか、相談とか、したかったけど、嫁に関わらせないと義姉が
言っていて、勝手に事業所も変えられ、連絡先も私は知らされてない。
世話、私もしてるけど、義姉が世話しているってことになってるらしい。
夫に義姉は
「ケアマネさんはいかにうまく使いこなすかだよ。遠隔操作して使いこなす」
と、言ってたらしい。
使いこなすって使用人扱いなんだ。
まぁ、私も、義姉の使用人みたいなものですけどね。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-07 09:51 | Comments(2)
ケアマネさんをクビにして、事業所を変えた義姉。
ケアマネさんと、憎き嫁が関わるのは嫌なのだそう。
大事なママには、嫁とは関わらせないのだそうな。

言いたいことを電話で言い
「本音で話しできたから、良かった」
と最後に言っていた義姉。
何を言ってるのだろう、この人、と思った。
私の主張、全部ブロッキングして
「あり得ない!」
「配慮無さすぎ!」
「信じらんない!」
等々と全否定で、義姉は言いたい放題でしたが。
良かった、ですか。
そうですか。

義姉に言い返したい。
うるさいのはいけないことでしょ!
言われるのは、当たり前よね!
だって。
当たり前?
甥っ子が、小さかった時、二階に来られて私は迷惑しました。
足音がうるさい!
と、甥っ子が来るたびに義父によく、叱られました。
私が呼んだお客さんじゃないのに、なぜ、怒られるのか。
あなたの息子なのに、なんで、いけないこととして、私が怒られるのです?
年中、うるさいと、言われる辛さ、アナタにわかります?

運動会も呼ばないなんて、あり得ない!
だって。
子供達の運動会は元々、学校の運営方針として、お昼は家族と別でした。
長女が小5から家族一緒に、となったが義父と食べたくないという子供達の意向もあったし、親子水入らずで食べたかったから別にした。
運動会のお弁当の件ですが、私は義母に文句言われてから、お弁当一緒に食べましょう、と、ちゃんと誘いましたよ。
でも、義母は、もう年だし1日いるのだと疲れちゃうからいいわ、と自分から断ったのです。
アナタのお父さん、相当変な性格で皆から嫌われ者ですが、一緒に食べたくないと言われるのも
当然ですよね。

二世帯の報酬義務?
配慮なさすぎ?
だったら、初めからソレ言いなさいよ。
そしたら、お願いされても二世帯なんかしませんよ。
2000万円、返してもらいたい。

本音で話しできて良かった?
呆れた。
どの口が言えるのかな。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-02 09:09

溝は埋まらず

昨日は義姉夫婦と長男が来ていた。
大学生ともなれば、ジジババの家に一緒に来なさいと言われても、断る子が多いと思うが、甥っ子は素直な子らしい。
甥っ子、2人とも勉強はできる方で、しゃべらないけど反抗はせず、手がかからないそうな。
学校サボって問題ばかり起こす、私の子育て苦労など、義姉は分からないだろう。

先ほど、家の電話が鳴り、出てみると義母からだった。
内線は使わず、家の電話にかけてくるあたり、今後は他人として扱う方針らしい。
夕飯を作って持って行っていたが、義母はもう、いらないと言う。
義父は持って来てもらいたかったようだが、いらないと言うからには、はい、そうですか。
と言うしかない。
多分、今までの交流の認識違いとか、警察呼んだ一件とか、未だ、嫁が許せないのだと思う。
今後、交流努力するが、しても溝は埋まらないままだろう。
この事件以前、私たちは交流努力をしてきた。
だが、息子夫婦に何か一つでも気に入らないことがあると、その努力を全部なかったことにされ、責められてきた。
他人として扱ってくれるなら気楽だが、他人が気に入らず、気にさわって攻撃が始まるのが怖い。

嫁と娘は違う。
距離感の主張はそんなに、弾劾される事なのか。
嫁の私は、常に接待義務を要求され、見返りがないと攻撃されてきた。
義姉は自分と比べて嫁を弾劾し、出てけとまで言っていた。

そんなに私の主張はおかしいのか。
悶々とするなか、距離感について、共感する書き込みがあった。
適度な距離感。
私は間違ってなんかなかった、と、再認識したのです。

発言小町掲示板より


抜粋

私もほとんど会わない携帯からの書き込み
敷地内別居の嫁
2012年4月13日 16:14
…ですよ。

子供は好きな時に遊びに行きます。

子供の祝い事の時は姑宅でやるから呼ばれて行きますが、寿司とか取るので食べる前に行き、食べて私は帰ります。

一緒に出掛けたりしません。
必要以上に話そうとしたり、声掛けたりもしません。

罪悪感など感じません。
隣同士住むのが、夫と義理の両親への最大の譲歩だし。

姑が入院した時は毎日見舞いましたし、退院後も食事を運びましたし。

この先姑達がもっと歳くったら、こっちの負担が増える可能性があるんだから、親が元気な時ぐらい、自分達の好きに過ごせばいいですよ。


一切ではないけれど(笑)
おばさんです
2012年4月13日 16:36
40歳代後半で共働き子供なし、3年半前より完全分離型二世帯住宅にて夫の両親と同居している長男の妻です。
義親は70歳代後半の年金生活で此処は田舎です。

元々淡白な親子関係なので結果として2~3ヶ月挨拶してなかったような・・?と言う事もままありますね。(笑)
精神的にも経済的にもお互いに自立しているし双方の生活リズムも違うので、
たまたま1階と2階に住んでいる、と言う感覚です。

私自身は少なくとも実親よりも義親との方が気が楽なんです。
親心の本音は心配はしているが親が出しゃばって良い事はない、と考えてる様で私たちの事は信頼してくれてるし。
本当に困った事があったら親なんだから何時でも相談しにおいで、
夫婦仲良く仕事も真面目にしてりゃそれで良し、のスタンスの義親です。(笑)


いいんですよ、それで。
完全同居嫁
2012年4月14日 7:08
一つ屋根の下に一緒にくらしているだけで満点花丸ですよ。
あなたの心の中には本当は優しい気持ちがいっぱいあるんだと思います。
それを出さないようになってしまった何かがあるんですね、きっと。
でもそれでご自分を責めたりすることはないと思います。
あなただって大事な人間、心が平安でいられないようなことをつらいのにする必要はないでしょう。
そこにるだけで花丸はなまる、そう思って笑顔でお暮らしください。
私もそうしてます。


同居って難しいですよね
本当は逃げたい
2012年4月15日 15:11
結婚当初から同居18年、40代です。
よく似た状況です。私もほとんど舅姑と口をきくことがありません。
必要伝達事項のみです。

違うのは、声をかけてあげないのは悪いかな?と思わない事です。
向こうも望んでないのを感じますし、話題が何もないからです。
夕食時に会話しているのは、舅と夫です。姑がたまに口をはさんでます。

罪悪感を感じるのは、トピ主さんが優しいからですね。
私なんてはっきり割り切っているので(そうでなければ同居できない)罪悪感皆無です。
むしろ相手も不快な思いをしなくて済むよねと思っているくらい。
多分、そうしてほしいさんと同じタイプの姑だと思います。
近所に住む娘夫婦とベッタリですから、寂しくもないでしょう。

無理をする必要も、罪悪感を感じる必要もないと思います。
同居といっても、ある程度の距離感や、独立エリアがあった方がお互いの為ですよ。

抜粋終


ちょいちょいと距離置くことを揶揄するコメントがあるが、義姉のような立場の方がコメントしてる
と思う。
距離感の主張は間違っていないと安心した。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2017-10-01 08:51

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama