人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

陰口

義姉が日曜の14日から泊まり続け、昨日、やっと帰った。
旦那さんや甥っ子達はどうしたのかは知らない。
猫連れて、夜9時ころご帰宅。
まぁ、実家に入り浸って好きにしてください、私は知りませんって感じです。

私には声が煩いと言い、夜の9時を、夜中と言い文句言う義母。
昨日は夜の10時過ぎにパパを呼び出し、12時過ぎまで、ドタバタ片づけと掃除機で騒音を振りまいていた。
パパは明日仕事なのに、夜、呼び出しし、挙句に騒音出し続ける。
まぁ、自分勝手な人達だし、こんな、人を振り回す人達と交流は持ちたいとは思わない。

きっと、この5日間、義姉と義母で私の陰口に花を咲かせてた事でしょう。
義母が義姉に愚痴を言い、義姉が煽って二人で陰口言い、ストレス発散。
いつも、陰でこんな事を何年もしてる。
私が知らないとでも思ってるのかな。
しっかり分かるし、知ってますよ。

ラインの同居グルで愚痴ったら、陰口は言わせて置けばいいよって慰めてもらった。
お勧めコラムを貼ってもらって読んだら、気持ちが楽になった。
教えてくれた美咲ちゃん、ありがとう。

以下コピー
陰口を言われたからといって
べつに強くなる必要はありません
へこんであげる必要もありません
自分が変わる必要もありません
反論する必要もありませんし
これといって特にやることはないです

陰口によって評価を落とすのは言われた方ではなく言った方
陰口というものは『私は陰で人の評価を落とそうとする浅ましい人間です、よろしくお願いいたします』と
吹聴して回っているようなもの
こちらが何もしなくてもすでに勝手に自爆しているので『可哀想、、、』とすら思ってあげないことですね

変わりたいと思うのならそっちは見ないように
どうでもいい人たちのために変わるよりも
あなたの大切な人のために変わり続けてください
その方が好きな自分に近付けますよ

陰口なんて『よく喋るうんこだなぁ』くらいに思ってりゃいいんです
わざわざ関心を示すほどお人好しになっちゃいけないぜ



まぁ、見るな、関心示すなって言っても向こうから関わってきて、距離置けば、出てけ!
って場合はどうしたらいいのかは分からないけどね。
関わらないに越したことはない。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2016-08-20 08:54

蘇った記憶

今日、未明の出来事。
夜中に長女が部屋に置いてあった針を踏んで、刺さったと大騒ぎしながら部屋に入ってきた。
時計を見ると夜中の3時。
病院やってないし、どうしようかと様子を見るも、痛い!痛い!と泣いている。
途中まで刺さって引き抜けばいいものを、そのまま押して抜こうとしたらしく、糸が皮膚内に入ってる。
眠い目をこすり、あわてて○○病院の夜間救急へ行く。
診察して診るも、簡単に先生が引き抜いて処置終了となった。

病院待合で待ってる間、13年前の記憶がよみがえった。
長女が3歳の時。
同じように夜中の診療。
1月の寒いさなか、吐く風邪で熱を出した事があった。
夜間救急へグズる子を抱っこしながら行くのはしんどいので、パパに一緒にと頼むと、一人で行けるだろう、と、断られた。
昼夜、看病し、大変な中、面倒を見てる私の立場も考えてほしい!と怒ると、しぶしぶついてきたものの
待合では終始、パパは寝てて知らん顔だった。
その後、私に風邪が移り、熱と吐き気で立つのもやっとになった。
腰痛が出て、腰に激痛が走るので、家事は全くできない。
あまりの辛さに
「お願いだから早く帰ってきて」
とパパに言うも
「そんなの無理!」
と言われ、子供の面倒を辛い体を引きずって、やりぬいた。
明日は休みだから手伝うと言ったのに、いつものように、ずっと寝てる。
子供をお風呂入れてないから入れてやってと言うと
「このテレビ面白いから終わってから」
と言う。
辛いのに!と文句言うと渋々入れてくれたが、その日、してくれた唯一の事と言えば、子供のお風呂だけ。
次の日もパパは休み。
この日は、私が病院へ行きたかったので朝、起したのに起きてくれず。
そこで私はキレた。
文句を言うと「うるせーなー」と言い、イヤホンをはめて、大音量で音楽を聞いてる。
イヤホンを取り上げ、文句を言うと、こぶしで私の頭を殴ってきた。
情けなくて、悔しくて、涙が出た。

いつもこんな感じで私は、具合悪くても一人で子育てした。
階下の義父母はあてにしなかったし、文句をいつも言う人達を頼りたいとは思わなかった。
本当に辛いのに、夫は協力してくれなかったし、子育てを私一人に押しつけて、自分の自由を謳歌してた。
何が交流だよ、それどころじゃない育児生活でしたけど。

長女の怪我は大したことなくてよかったけどね。
記憶が蘇ったら、また、腹が立ってきた。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2016-08-14 16:23

義母が再度議論しに来る

昨日の午後、内線があった。
なんでも、このままではいられないから話をしたいとの事。
夕方、義母が二階へ来る。

内容はこうだ。
長い間、あなた達は私の事をどう理解してきたのか?
このままの生活で辛いだろ?
今まで、心に込めた16年だった。
老後の資金を差し出した、年金生活は質素に食べていけるだけ、そのお金を差し出した。
こうして老後の資金を差し出したのだから年寄りの言う事は大目に見ろ、と言う事だ。
去年のシルバーウイークで出てけ、と言われた経緯でも、腑に落ちなかったから、私は言った事はあった。
だが、「あなたはこの事で腹にすえかねてるのでしょ」と私のせいにする。
イヤ、私ではなくて、おばあちゃんで不満があるから、義姉と根に持って私の事、言ってるのですよね、と言うと、言い方があるだろうと何度も言う。
具合悪いんだから、簡単なものを作って私にごめんね、と声をかけ、次女ちゃんには、我慢してもらうと言う選択があるだろうと言う。
言い方だと言い張り、私の言い方が悪いと私のせいにする。
おばあちゃん、簡単なもの作ったからこれで我慢して過ごしてねと言い、次女ちゃんにはごめんねと我慢してもらう。
こう言う言い方をすれば、なんてこともなく、通り過ぎただけの話だと言う。

なぜ?
作ってあげる私が「ごめんね」と謝らなくてはいけないのか?
作るのが当たり前の前提になるのか?
子供が泣いてても、そこまでご飯作りを優先しなくてはいけないのか?
家族の思い出作りを犠牲にしなくてはいけないのか?
微熱があるだけで、生きる死ぬの病気ではないし、義父が買ってくることもできるのになぜ、嫁にそこまで「させる」事に拘るのか?
なぜ、義姉にまで悪口言われなくてはいけないのか?
言い方?
それはこちらのセリフであって、「今日は次女ちゃんと楽しんで来てね、おじいちゃんに今日は買ってきてもらうわ、明日からまた、お願いね。」
という言い方をすればなんてこともなく、通り過ぎただけの話でしょう!?
ここは、価値共有が無理だと思ったので、流す。
言いあうだけムダ。
自分だけが正しい!
こういう思考回路の年寄りと、その年寄りと共依存の親子愛で固められた小姑は、関わると心身ともに疲弊するだけ。

こうして老後のお金出したんだ!で脅迫はいつもの事。
言われるたびに、私は傷ついてることを義母は知らない。
ご丁寧に書きだして、領収書も見せると言う。
そこでパパが反論した。
初めは庭に建てる案を出して、設計を見せたら、おばあちゃんがだったら建て替えしましょうと言いだしたんだよ。
と言うと、すかさず、
「でも、こうなるとは、あの時は思わなかった」
と義母は責任転嫁をした。
私がそこで初めて口火を切った。
「苦労して貯めてきたお金なら私も同じです。」
「結婚式資金も全部自分で出したし、随分と働いて無理してお金を貯めました。私は家庭環境悪い中育ち、辛い思いをして、苦労して、この家の借金返済に充てました」
と言うと、同じではないと言う。
老後の質素な生活をして、その私達の老後のお金がこの家に費やされてる。
老後の楽しみがないと。
あなたに聞くけど、姑根性出したか?と私に詰め寄ってくる。
年取って産後の世話してやったけど、しんどかったんだ。
でも娘と同じように思ってるからした。
と言うから、すかさず反論した。
血は繋がってないから違います、と。
騒音煩いとか、交流とか、お金返せとか、出てけ、とか十分、姑根性なら出てて、私は我慢してきました。
その後は、長々と同じような愚痴を聞かされたので、聞き流した。
持病を8つも抱えてるから大事にしろ、と言うことらしいから、して欲しい事ややって欲しい事は言ってください、いつでもします、と言って置いた。

多分、死ぬまで、この老後のお金を出してやったんだ、と言う脅迫と上下関係は続く。
言われても、年寄りの言うことだから流せ、との事だ。
だから、私は距離を置きたいのに、義母は理解しろの一点で主張し、関わりを求めてくる。
常に音で苦情を言われ、私達は息が詰まるような生活してても、小指の先も義父母は理解してはくれない。
私の方こそ16年、我慢してきたんですよ。辛かったんですよ。と、訴えたところで全く通じない。
相互理解なんて無理ですよ。

第一、義姉と義母で嫁の陰口言っておきながら、「娘と同じ」って言い分は無理があるし、嘘言わないでよ、としか思えない。
嫁と姑は血が繋がらない他人です。
だから、実の娘と嫁を比べ、義姉と二人で意気揚々と私のダメ出し話しに花を咲かせてきたのではないか。

簡単な事だと思いますよ。
嫁と姑、他人同士、どう折り合いつけるかだと思いますが。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

by piyopiyo-kimama | 2016-08-12 11:52
義母はお金の苦労をしてきて、その苦労して貯めたお金をだまし取られたと思ってるらしい。
私も同じです。
苦労してコツコツ貯めたお金。
そのお金をマイホーム資金に充てました。
マイホームなんて名ばかり。
常に音でビクビクし、文句を言われ、義父母の気配を感じ、顔色うかがう生活。
自分で苦労して貯めたお金を充てたのに、自分の家では決してありませんでした。
義母は自分の価値観で推し量った「交流」と言うアイテムで攻めてきて、私の苦労なんぞ
眼中にないらしい。

はい、私も、過去、散々苦労してきました。
狂信的な創価学会員で宗教依存家庭でした。
両親は共働き。
昼は仕事で夜は宗教活動。
カギっ子で、夜も放置されて私は育ちました。
家事をやらされ、掃除、お米とぎ、洗濯物を取り込みたたむ、これらの仕事を少しでも
サボると母から叩かれました。
周りの友達は遊んでても、遊ぶことさえ許されない。
遊んで帰ってくると、なんで言われた事をやらない?!と叩かれました。
兄は典型的な暴力男。
外面はいいが、家の中では、えばって暴力。
気に入らない事があると私は兄に殴られてきました。
母は忙しいのもあって、助けてもくれず見て見ぬフリ。
高校卒業してから専門学校に行きたいと言うも、
「女は上の学校なんて行かなくていい」
と言われ、自分で学費と交通費を必死にバイトで稼ぎ、卒業しました。
一日14時間働くこともあり、毎日バイト、バイトで青春なんてありません。
車の教習所のお金も、自分で稼いで、免許取りました。
いつしか、家を出たいと思い、昼は正社員、夜はファミレスでバイトと言う生活。
お金を貯めました。
一人暮らしはお金がかかるが、給料は安いので家を出たいと思いつつ、耐える。
結婚の話がでたら、その結婚式費用を貯めたいと思い、水商売のクラブで飲みたくもないお酒飲んで、夜は働きました。
徹夜でそのまま朝、仕事に行くと言う生活。
結婚式前に結婚相手と決めたマンションで、先に一人で住んだ。
本当に自由をかみしめて嬉かった。
義父母は「一人で先に住んでるのは可哀想」とか言ってたらしいが、家出したかったので、ちっとも可哀想じゃないし、余計なお世話と思った。
結婚式は当然、暴力振るわれ続けた兄は呼ばなかった。
もちろん、結婚式費用一切と、かかった経費は私の貯金から出した。
いつかマイホームと思い、残った貯金を大事にしてた。
苦労して、苦労して、やっと貯めた貯金。

第一子出産では、産後は頼る家がなく、気を使うので嫌だったが義父母宅でお世話になった。
体は休めても、気を使うので心は休めず。
マンションに帰って産後間もなく、夫が
「マイホームなら実家の庭に建てよう」
と言い、いいよと言ってたが、いつのまにか二世帯に話が進んでいた。
「二世帯ならいいよ」
と私は答えた。
産後で赤ちゃんのお世話があるから、夫に家建築の打ちあわせはすべて任せた。

苦労して、苦労して、独身時代からやっと貯めた大事な貯金。
家の借金返済へ充てた。


なぜ?なぜ?
一緒に住みたいだの、お願いしますだの、私は言ってもないのに言った事にされ、老後の大事なお金をあなた達の為に使い果たした、と義父母に恨み言を言われ、出てけ!
まで言われないといけなくなるのか?
苦労して貯めた大事なお金なら、私も同じです。
大事なお金、返してほしい。


交流と言う文字を見るだけで最近は脂汗でます。
交流持ちたいと思われるような言動を、あなたたちは、果たしてしてきたのですか?

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2016-08-10 23:04

風邪をひいて辛いけどパートに行き、いつものように家事をこなす。
今までもそうだけど、具合が悪くても私は義母に頼む事はめったにしない。
家事できない旦那を選んだのは私だから、パパはご飯作りできない、しないのは、しょうがないと思ってわり切ってる。
義母はしきりと具合が悪いのになにもしてくれないと言い、嫁に怒りの矛先を向けるけど、何もできない、しない旦那さんを選んだのは自分だよ。

10年前の1月。
次女妊娠中、私は長女から貰ってインフルエンザになった。
39度の熱があっても、パパは私を放ってテニスに行った。
寝てたら玄関から、義母とパパの会話が聞こえる。
「あら~テニス?いってらっしゃい、気をつけてね」
と義母が言い、送り出してたんだけど、身重の嫁がインフルで寝てたら家にいるように言うものじゃない?
何が行ってらっしゃいだよと思った。
その時、私はご飯作ってもらってません。
あら~大丈夫?で終わり。
インフルで医者に行った事は義父母に言い、知ってるはずだが、何かしてくれるわけでも気を使う言葉をかけてくれるでもなかった。
妊婦で薬飲めないから寝て治すしかない。
お腹の赤ちゃん、大丈夫かな。辛いな。
不安だけど、誰も何も気にかけるでもない。
孫と楽しそうにしてる義父母の声が下から聞こえる。
大きなお腹を抱え、寝ながら、涙が出た。

なのに!微熱が続いたら、義母の場合は大層大事にしないと恨まれるのね。
年寄りだからと言い、老後の資金を家建築に提供したと言う印籠を振りかざす。
尻が痛いと言い、3カ月も義姉は、義母に泊まりでお世話してもらってたけどね。
私は風邪とか腰痛とか、具合悪くっても、余程の事でないと頼まなかった。
騒音の文句言われながら家事、育児、今まで、歯を食いしばってやりきってきた。

鼻水とセキで微熱あるけど、明日、あさって仕事頑張ればお休み。

頑張るぞ!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2016-08-08 22:10

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama