人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 120 )

16日の火曜日から風邪をひいてしまい、喉の痛み、だるさ、と続き、具合悪い。
土曜日から鼻水、鼻づまりと移行して更に辛くなった。
今日は大分、良くなったけど声は風邪声。
もちろん、嫁が具合悪くても気に掛ける事もない義父母は、相も変わらず、当然のように嫁にご飯を作らせ、踏ん反りかえって、嫁のご飯を待つ生活。
先週
「具合悪くて」
と義母が言うので、聞いたら
「便秘でお腹の調子が悪い」
だって。
は?
運動もしないで
「私は年寄りなんだから」
と、毎日ゴロゴロした生活してたら体も調子悪くなるだろう。
私なんて風邪でも熱でも、腰痛でも、頭痛でも、いくら体が辛くてもパートと家事、こなしてますがね。
やる人がいないので、やるのは当たり前。
割り切ってて、誰も恨んだりはしない。
義父母みたいに、
「私は(俺は)具合わるいのに、なんにもしてくれない!!!」
なんて、恨み募らせた僻み老人にはなりたくない。

保護猫たちを保護する団体で、私はボランティアをしている。
団体で、相次いで子猫たちをレスキューした。
TNRで保護した子猫たちを里親様へお引渡し。
その合間に乳飲み子達のお世話。
命を救うって使命感からくる力は、原動力が愛だ。
愛おしい子達が大きくなってくれて、幸せになってくれる過程が、本当に幸せに感じる。
もちろん、大変なことが多いけど、やりがいがある。
愛が源だから。
愛の源は風邪で調子悪くても、それを跳ね返して、できてしまう。
今日は里親さんにお引渡しの日。
里親さんの笑顔と、幸せに巣立っていく、子猫ちゃんが私に元気をくれた。
ありがとう、幸せにね。

「何にもしてくれない」
「~~してあげたのに」
「~~してくれない」
「交流がない」
「気にかけた言葉もない」
くれない、くれない、くれない・・・
そればっかりで締めは、
「老後のお金を出してあげたのに」
と、お金の印籠でこちらを悪者にして、黙らせる義父母。
「あなた達の事を思ってるのよ」と言ってきて、表では自分の事を「良い姑」と吹聴し、陰では気に入らないことがあるたびに嫁の陰口を言う。
口から悪意を発してるから陰口なのに自分では「愚痴」と定義づけしていて、正当化する。
義姉を巻き込み、族意識で嫁を攻撃。

過去記事



どこに愛を持てるのですか?
そもそも、姑と嫁は他人ですから。
相手の気持ちをおもんばかる「おもいやり」がない人にどう愛を持てと?

夫婦は親よりも、子供よりも、長く人生を共にする。
同居してもらうならば、夫は、それなりに嫁を気遣うって大事だと思う。
だって、伴侶って「愛」が基本でしょう?
「自分は巻き込まれたくない」
「平和に生きたい」
「原因は自分だろ」
こんな事ばかり言い、終始逃げの姿勢。
舅、姑、義姉、一族徒党を組んだ、族意識の人達から嫁が攻撃され、孤立しても守らず、助けてもくれない夫に「愛」なんて感じない。
嫁に対する「愛」なんてそこにはない。
あるのは、自己保身と体裁。

「愛」があるから大変でも苦痛にならないし、頑張るぞって思える活動と「愛」もないのにやらされてる労働とは原動力が全く違う。
愛って原動力には無限の力がある。

義父母への世話(労働)はトラウマが蘇り、苦痛だ。
だから、私は家政婦、そう思って割り切るのが、今の私の労働における原動力になっている。

義父母、義姉、夫。
この一族には嫌悪がある。
愛なんてもう、この人達には小指の先もない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-04-21 16:25

心の傷

毎日、夕飯を作って階下へ持って行く生活を相変らずにしている。
毎日、毎日、きっちり6時に持って行く。
縛られて自由がない生活。
その上、乱暴な戸の開け閉めの音と地響き、ケンカの怒鳴り声、階下からの騒音問題も続いている。
うるさいけど我慢している。
娘たちは義父母をとても嫌っており、「絶対に一緒に食べたくない!」と言うので呼ぶ回数を減らした。
長女は寮生活でいないし、次女は「二階に呼んだら部屋にこもる」って言う。
私だけ、もしくは夫婦だけなのに、呼んでも仕方ないし。
孫に嫌われるのは自業自得。
だけど、こうして孫に会ってないと、途端に陰口と文句が始まる。
もう知らない。
好きなだけ攻撃してきたらいい。
人の心は支配できない。
義父母が嫁、あるいは、私たち家族に、何をしてきたか、娘たちはちゃんと見てますから。

ラインで嫁友達とグループ内で悩みを打ち明け合い、励まし合っている。
旦那さんが面倒がって嫁を助けない。
上下関係で嫁が我慢をさせられる。
義妹(or義姉)と言った小姑が上から目線で偉そう。
と言った感じなのは、どこも同じだ。

姑さんの老人ホーム入所が決まり、お友達の一人が晴れて、同居解消になった。
本当に良かったね、と、心から思う。
息が詰まりそうな生活の中、認知症義母の暴言や悪口に精神的ストレスがあったそう。
大変な状況を理解もせず、義妹が言いたい放題で上から目線なのは、大変だったと思う。
義母の通帳、財産、全部支配し、嫁(次男嫁だそう)に自分の母親を押し付け、一切手伝わず、ケアマネには自分が世話してると嘯いていたそう。
嫁が窮状を伝えると仕方なく老人ホームを義妹が探し
「お母さんも、私も、不本意だけど、嫁が同居拒むのでホームに入ることになった」
と、嫁のせいにし、捨てセリフ吐き捨て、お世話してもらったお礼もなかったって。
財産はすべて、義妹がもってるそうで、同居の際の食費(それもケチられたそう)をくれても世話代は一切なし。
お金目当ての義妹、本当に酷い。
ケアマネを抱え込み、自分が世話してるアピールしてて調子いいことを言うが、自分は世話もせず、支配して嫁に世話させる所がうちの義姉と全く同じ。
こうした、同居ストレスと小姑の言動は、嫁の心に大きな傷跡を残す。
晴れて同居解消となっても、心の傷から心は晴れず、怒りが出るそう。

人は誰でも、大なり小なり、心に傷を抱えて生きている。
傷を抱えてる人に対しては、傷跡をあえて大きくしないよう、背景を思慮しながら想像力を働かせ、傷に塩を振らない対応って大事だと思う。
傷をかかえてるほうも、傷を大きくしないため忘れたほうが賢明だ。
だけど、そうすると、うちの場合、嘘つきな義姉と事実を捻じ曲げる認知症老人達は結託して嫁を窮状に陥れる。
だから、私は日記で真実を残すため記録を残している。
過去を読み返すと傷が痛む。
傷は癒えないし、広がる。
でも、傷を押さえながら、記録を残す。
自分で自分の身を守るため。

心の傷はダメージだけど、この傷があるからこそ、人の心の痛みを理解し、人に優しくできたり、想像力を働かせたりできるのかもしれない。
傷をさすりながら、明日も頑張ろう。
そんな風に思う。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-04-15 14:24

おもんばかる

人は動物と違い、相手の事を思い遣る、
「おもんばかる」
と言った想像力があると思う。
相手の立場、心情、現状、これらを鑑み、自分がした言動で相手に沸き起こる感情に思いを馳せる。
おもんばかる、とは、そう言う事だと思う。
「~~してくれない」
「~~してあげたのに」
「私は~~思ってあげてるのに」
このような思考で自分しか見えていないと、とたんにおもばかる事はできなくなり、自己憐憫に陥り、不幸のベールを身にまとう。
姑と実の娘(小姑)が結託した、族意識からくる嫁への攻撃は、一切反論が許されない。
どんな時も何があっても、「義母の言い分が正しい」が基本だから。
「お互い言いたいことは言いましょう」と義母がいい、その御輿に乗って、義姉も「言いたいことは言ったいほうがいいもんねー」といい放った。
違うのです。
反論言うと、いつも100%私が間違ってるという主張で切り捨てる。
理解し合いましょうと言って「理解しなさい」のマウントが始まるだけ。
嫁には何も反論させない、マウンティング。
私は「諦める」と言う術を身につけた。
この一族は相手をおもんばかることがないから。

私はもう、18年以上、騒音の苦情を常日頃言われている。
甥っ子が小さい時は二階へ遊びに来て私が文句言われた。
私は呼んでないのに。
私には、何も関係ない甥っ子達が勝手に二階へ遊びに来て毎度「煩い!」と文句言われた。
数えてないけど、この文句を何回、義父から言われただろう。
義父母が呼んだ甥っ子の文句を嫁が言われる義理はないだろう。
なのに、なぜか私が毎回謝罪させられた。

そんな、文句ばかりの義父母たちだって、騒音でかなり息子家族に迷惑かけているのにね。
怒鳴りあいやら、戸に八つ当たりした地震のような地響きやらの騒音、振動は苦痛だ。
子供叱る嫁の声は恥ずかしいけど、自分たちの怒鳴りあいは恥ずかしくないんだそうな。
義母のスリッパもサンダルでかなりパタパタパタパタ常にうるさい。
義姉一家が来るとドタスカと煩い音は二階へ響く。

自分たちの迷惑を棚にあげて嫁に文句を言ってくる。
私は摺り足で歩き、音を出さない歩き方が染み付いてるけど、夫や娘達は気にしない。
スリッパなんて、使いたくても使えないよね。
歩き回る娘の足音がうるさいと文句をよく言われるし。
「自分たちだってうるさいくせに!」
胸の中で反論する。
もう、戦争は懲りてるから言わない、胸の中。

私たちは我慢できても愛犬は可愛そうだ。
義父母が乱暴に閉める戸の振動と爆音で気持ち良さそうにお昼寝してても飛び起きてるから。
ごめんね、二世帯になんかして。

相変わらず相手の気持ちをおもんばかる事がない義姉はアポなし訪問が続いている。
このように出入り口を義姉の車がふさぎます。


f0370957_19171652.jpg


避けて家の中へ入ろうとしたら、巨大植え木鉢の角で擦ってしまい、私の足は流血しました。


f0370957_19173708.jpg


私は、相手の立場や気持ちをおもんばかる、想像力を持ちたいと改めて思った。
日々、学びをくれる一族です。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-03-27 12:36

お金は争いの元

長女には夢があり、専門学校も決まって入学予定。
カチンとくることは多々あり、喧嘩もよくするけど、実の娘は可愛いです。
息子の嫁だったら他人だけど、実の娘は自分の血と肉をわけてますから。
改めて思う。
嫁は所詮、嫁。
血と肉を分けた、実の娘の小姑に敵わないし、小姑と対等には決してならない事がよくわかる。

夫は高校の時の生活態度を見て、長女の進学のお金は出さないと啖呵をきった。
長女は行きたい学校だから頑張ると希望に胸ふくらませている。
夢があるなら応援するのが親の役目。
私が学校のお金をパート代から出すことで事は収まった。
金銭面を考え、一人暮らしはやめ、寮に入所予定。
それも、私のパート代から援助することになった。

去年、家の修繕費用100万円をパート代から出した。
今回の娘の進学のためのお金も出している。
妻の稼ぎを家計のあてにするなら家事分担するのが筋だろう。
なのに、この夫、一切家事の手伝いをしない。
唯一、週に1度の犬の散歩(15分)でやったと威張っている。
「仕事して養ってやっている!仕事のほうが大変だ!家事なんて主婦ならやって当たり前だろう!」
と開き直った。
「あなたは完全な休みが2日もあっていいよね。
私なんて365日休みなしだよ。
主婦も立派な仕事でしょう。
じゃ私も土日、完全に休んで何もしませんって通用する?
誰のおかげで仕事行けてると思ってるの?
おまけに、あなたの親の面倒までみてるんだよ?
何も手伝ってくれないよね!
私のお金返して!」
と言ったら
「家族間であげたの返せだのがおかしい!」
と逃げられた。
挙げ句に
「オレが通帳管理するからオレが通帳持つ!生活費が欲しいなら申告しろ、オレが銀行から下ろしてくる!」
と、威張って通帳もふんだくって行った。

家の建築費用では、独身時代からコツコツ貯めた私の貯金を使った。
大事にしていた貯金を使い果たしたのだ。
それから子供達の育児に明け暮れ、義父母の威圧にも楯突かず、どんなに理不尽だと思っても折れて謝って土下座して、屈辱にも堪えた。
子供達の手が離れてからは、パートで働きながら家事をこなして、この家を支えてきた。
夫は、私が育児で大変な時からずっと今も変わらずに、休みの日には、テニスだ、飲み会だ、バイクツーリングだと、好きに自由を謳歌している。
家にいても、イビキかいて昼寝して何もしない。
私なんて、義父母に縛られて自由もないのに。
私や娘達にはお金使うとケチつけるくせに自分は趣味でお金を使う。
バイクは100万円だ。
車も何も相談なく、勝手に買い換えた。
私なんて身に付ける物は安物ばかりで自分のためにお金使うって本当にないのに。

私は家政婦。
家政婦でもお給料あるよね。
お給料も出ないです。
タダ働きの、しがない家政婦の私。

家族間であげたの返せだのおかしいって?
そんな事、よく言える。
義父母に同じ事言って下さいよ。
「自分達も住むし、家も新しくなるから」
と、階下の人達は家を建てる時、言ってたくせに
「老後のお金を出してやったんだ!」
と「お金の印籠」で嫁を服従させ、文句ばかり言ってきた。
この人たちに、同じ事言って下さいよ。
義父母や小姑に攻撃されても、守ってもくれず、挙げ句に私のお金まで巻き上げて開き直る夫。
つくづく、愛想を尽かした。

お金は争いを生む。
お金で国同士が戦争したりもする。
お金で殺人事件だってある。
寄付や善意で救われたりもあるし、使い方次第だけど、お金は争いの元になる元凶なんだとも思ったりする。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-03-04 15:38




f0370957_22142228.jpg
恒例の、義姉、アポなし訪問。
パートから帰り、いつも通り、自転車を道路に停めて、そそくさと家に入る。
自分の家なのに、他所の家でコソコソしてる気分になり、腑に落ちない私のモヤモヤも相変わらず。
「オレらの土地だ!感謝しろ!」
と義父に怒鳴られたことがある。
私も独身時代から、コツコツ溜めた貯金をこの家に使った。
使い果たした。
マイホームだと思っていたけど、「出てけ!!」と恫喝されてから、そうではないと悟ったのであった。


一昨日から腰痛に襲われ起きあがるのもやっとになった。
パートの行き帰り、自転車は辛かったけど、歩くよりはいいので痛みに耐える。
以前もあって、しばらくはなかったのだけど、久しぶりの腰痛で気分も落ち気味。
病院でMRIを撮ったこともあったが、ヘルニア気味と言う診断で、湿布とコルセットで結局は終わりなので医者に行く気にもならず、我慢した。
「イタタタ」と言って腰をさすると、その動作が気に障るのか
「だったら医者にいけよ!」
と長女に冷たく言われる。
医者に行っても湿布で終わりだし、安静にするしかないのに。
そもそも、パートも休めないし、家事も誰もしてくれないし、義父母も嫁のご飯をあてにしている。
安静にしたいのに、できないから堪えて頑張ってるのに。
無言で腰をさすり、洗濯をして、掃除して、ご飯を作った。

これ、義父母だったらえらい騒ぎですよ。
具合悪いアピール炸裂のあと、こんなに辛いのに、何もしてくれない!!!
と、被害者意識満載で義姉と二人して陰口言われた挙げ句、攻撃されますから。
言ってくれればするのに、頭下げてお願いする、と言う行為を嫌うが故に、悲劇のヒロインで「何もしてくれない!」といきなりキレて嫁を責め立てます。

夕飯の買い出しから帰ると画像の隅にある、玄関のデカい杉の木と義姉の車が私の行く手の邪魔をする。
痛い腰をさすりながら、よけて家に入る。
花粉症の夫を悩ます、この杉科の植木。
どんどんデカくなる植木、なんとかしてもらえませんかね。
ほんとうに迷惑。

たまたま、窓から義姉と義母を見た。
満面の笑みで手を振り、車に乗り込む義姉。
その義姉の車を両手で手を振り、同じく満面の笑みで見えなくなるまで車を見送る義母。
素晴らしい共依存関係を築いた親子愛。
愛するママを、少しでも嫁がぞんざいに扱えば、容赦なく、牙をむく義姉。
美しい(?)親子愛を二階の窓から冷めた目で見る私がいた。

依存から人は意図も簡単に、真実が見えなくなり、敵を作り出したりもする。
共依存関係を築いてると客観的な視点がなくなり、偏向愛に満ちたりもする。
依存心、執着。
そこから責任転嫁が始まり、自己愛故に敵を作り出して攻撃に走る。
依存心を克服して自立したら、人は誰も悪者にしたりはしないと思う。
依存心、執着って恐い病だとつくづく思う。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 

by piyopiyo-kimama | 2019-03-01 23:17

長女の悪態

車の送り迎えを私にさせて、威張っている長女。
雪が降ってきたからと、迎えに来いと言う。
何時に帰るのか?
ご飯いるのか、いらないのか?
一切、事務連絡をしない長女。
ラインで聞いても無視をする。
ご飯作りをしている主婦の苦労など、微塵も分かってないらしい。
いない時は作っても無駄だから作らないけど、そうすると、いきなり帰ってきて、夫のおかずを食らう。
なんて自分勝手なのだろう。

車の中で
「今日のご飯ナニ?」
と聞いて来た。
「あんたの分はないよ、いるのかいらないのか、言わないんだからないよね!」
と答えると
「こっちはおかず何か聞いてるだけだろう!その悪態がおかしい、ハイ謝ろうか!」
と言いがかりつけてきた。
なんて自分勝手なんだろう。
「なんで謝るの?いつも勝手にパパのご飯食べるからないよ!って言ってるの!」
と言うと
「そこがおかしい。誰が食べるって聞いた?ひねくれた悪態やめようか!」
と上から目線。

もう送り迎えもしない。
口もききたくない。
昨日に引き続き、本当に疲れた。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2019-02-09 20:01

家族に振り回される

私は夫と娘達からバカにされながら生活をしている。
娘達は二人して私の事を「会話が疲れる」と言うので、私も会話したいとは思わなくなってきた。
しきりと「会話がかみ合わないからオマエが嫌いなんだ」と言う長女。
話しをするには、主語と述語がある。
主語を無くして会話して来るのは向こうなのに、「理解しないオマエが悪い、おかしい」と責め立てる。

何か家事をしてれば音が聞こえないことは多々ある。
洗濯だったり掃除だったり、料理したり。
なのに、
「今言ったの聞いてないのか?だったらもう何度も言わない」
と不貞腐れて、予定も教えてくれないから分からない。
分からないと「なんで言った事もできないんだ?」とまた、責め立てるのだった。
長女も次女も、そんな感じの話しの仕方なので相手にするのもイヤになってきた。

次女もこのような感じ。
学校がある日は、夜10時以降のスマホ禁止の約束をしている。
なのに約束を破り、注意すると無視、もしくは逆ギレで返ってくる。

長女が専門学校進学にあたり、一人暮らしすることになった。
恵比寿の不動産屋へ行くというので恵比寿の駅で待ち合わせた。

画像1
f0370957_13402551.png

の説明の通り、私は改札出て表示の通り進もうと西口の表示へ行こうとした。
そしたら駅ビルに入っていくことになる。
だから電話し、聞いたのに
「地図を見ろ、なんで言われたこともできないんだ!説明したんだから説明通りに進みなと何度も言ってるだろ?」
と怒っている。
電話を切って地図見てたら「w」でバカにしてきて同じ説明してくる
画像2
f0370957_08211899.png

画像3
f0370957_13422498.png


地図見て進もうと思っても、そうすると駅ビルに入って行くことになるから説明したら、電話してきて罵倒をされた。
何の事はない。
改札でたら西口の表示に進むのではなくて、まっすぐ進んでエレベーターで降りるだけの話しだった。
だったら始めから、「改札出てまっすぐ進んで左に降りれは西口だよ」と説明してくれればいいのに、このような分かりにくい説明してきて
「こんなに詳しく説明してやってるのにオマエは何やってんだ!だから嫌いなんだ!」
と威張っている。
合流してから、さすがに私もカチンときたので言い返したら私の腕を殴ってきた。
親に対してDVです。

ゴミ分別もろくにできない。
部屋はゴミ部屋。
洗濯もした事ない。
ご飯作って貰って文句は言うが、自分で作ろうともしない。
このような、いい加減な人が一人暮らしできるとは思えないけど、もう知らない。
好きにしたらいい。

家庭でも終始、このような感じ。
ケンカになるのも当たり前だけど、そうすると義父母が私に文句を言ってくる。
だから、最近は娘たちから何を言われても、言われっぱなしで堪えている。
乳児、幼児のころは一人で育児して年中、音の文句を義父母から言われ、追い詰められた。
子供達が大きくなれば、反抗期もあってそれなりにバトルもある。
そうすると、また、怒鳴り込んできて、義姉まで巻き込んだ「出てけ!」と言う攻撃に合う。
助けてほしくて警察呼んだこともあったけど、私が全部悪いと土下座をさせられた。

過去記事





こんな嫁の心情に寄り添いもしない義父母と義姉に、誰が交流持ちたいって思うの?
この家の人達、すべて皆、もう関わりたくない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-02-09 13:46

やって当たり前

私は毎日家事とパートに追われて休みはない。
娘たちも夫も家事の手伝いは一切なく、好き勝手な生活をしている。
学校が休みの日は、スマホだ、テレビだ、遊びだと、自由を謳歌している。
娘達は私を「お前」呼ばわりし、言いがかりに近い文句を言ってくる。
受け流してはいるものの、精神的に堪える。
やり合うとケンカになって、義父母から文句がくるから、言われっぱなしになっている。
夫も仕事帰りには、好きなショッピングしたり、休みの日にはテニスだ、バイクだと、自分の親を嫁に押し付けて好き勝手に過ごしている。
私には休みがない。
土日はパートも休みなのに、朝早くから起きて、夫の弁当を作り、家事は延々と続く。
365日、1日も休み、ないのです。
手伝ってと言えば、お前の仕事だろ、と命令口調な夫と娘達。

昨日、今日と、夫は仕事が休みだったが、二日とも、朝から夕方まで遊び歩いていなかった。
夕飯時になるとテーブルにデンと座ってご飯が出て来るのを待つ夫。
ご飯を並べるの手伝ってと言うと、無表情で仕方なく並べていた。
食べ終わっても片付けもしない。
テーブル拭くのお願いすると、いつも自分の周りだけ拭いてるだけだから、
「テーブル全部拭いて。自分の周りだけじゃないよね、拭くの」
と言うと、煩せーな!と言われた。
堪忍袋の緒が切れた。
「何もしないくせに!私も働いてるのに、なんで何も手伝ってくれないの?私も働いて家計入れてるんだよ!
家の修繕費用も長女の学費も全部、私が出したの!働いてるんだよ!私なんて、休み、一日もないんだよ!毎日毎日、家事は続くの!」
と言うと
「そんなの半日パートだろ!家の事なんてやって当たり前だろ!」
と開き直った。
もう、こんな家、出ていきたい。
心底思った。

当たり前?
当たり前じゃないよね。
私も家計稼いでいるし、なんで当たり前になって何も手伝ってもくれないの。
子育ても私が、ぜーんぶやって当たり前になって、一人で悪戦苦闘、育児をしてきた。
具合悪くても、なにも、気づかってもくれなかった、夫含めたこの家の人達。

過去記事


妊娠中にインフルになっても気にもかけない人達

過去記事


当たり前じゃないよね。

そう何度も思って気が付いた。
そうだ、私はこの家の家政婦だった。

感情はいらない、家政婦は無になるのみ。

唯一、夫がやる家の作業、夏の草刈りがなくなったそうだ。

過去記事


この草刈り地獄、親戚の方が請け負ってくれることになったらしい。
義姉は
「良かったね~」
と他人ごと。
もちろん、労いも感謝の言葉も、一切ナシ。

人に労働を押し付けても他人事ってこの一族では当たり前らしい。
一族揃って、呆れる人達だ。





にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-02-07 21:28

見返り目的

義父母は見返りの損得勘定で人や物事を決める人達だ。
義父は学歴や地位で、人の正邪を判断し、学歴や地位が高い人に対して媚びへつらう人だ。
義母は情を盾にして、人の正邪を決め、自分の価値観に反論する人に対しては邪とみなし、攻撃に走る人だ。

私は人としての矜持である良心を基本とし、俯瞰の眼をもち、理性的で、地に足をつけた歩みをする人を尊敬する。
生きることに価値があるのではなく、生き抜くことに価値があると思っている。

価値観は人それぞれだ。
この言葉の意味が、義母は分からないらしい。
交流の頻度と内容で私を責め立てるので
「価値観の違いです」
と言うと
「価値観なんて難しい言葉使うな!」
キチガイのように机を叩いて怒りだしたこの事件

過去記事


価値観。
人それぞれの物の見方って意味で難しくもないけど、この人にとっては人それぞれの物の見方が難しいらしい。

義父母は成果主義な人達なのだ。
成果主義で、見返り目的で生きることしかできない人達。

義祖母の介護も「見返り」を屁理屈にして全力で拒否し、義弟(義父の弟)のお嫁さんに介護を押し付けた。

過去記事


押し付けた挙句に、義祖母が亡くなってすぐ、遺産分配がないと義弟(義父の弟)に立腹し、調停に差し押さえ要求するから、義父母って本当に恐い人達だ。
義父なんて週末に義祖母のお風呂をちょっと手伝っただけで、義母は何もしていない。
介護の感謝どころか、遺産要求。

建築費の見返り要求で介護。
これはもう、私たち夫婦の義務です。
ご機嫌を損ねると、義姉を巻き込んで、出てけ!の騒動を起こすので爆弾抱えたような生活だ。
とっておきの手段も考えてる義父母ですから。

過去記事


義姉は短大を奨学金で賄ったものの、私の成育歴とは違い、かなり、色々としてもらって大事に育ててもらったそう。
結婚式費用、家電、かなり援助してもらっていた。
結婚してすぐにから、共働きだからと、夫とともに実家に押しかけ、夕飯を何度も何度もご馳走になっていた義姉。
長男が生まれたら一ヶ月半。
次男が生まれたら一ヶ月。
上げ善据え膳、産後の世話を義母にしてもらい、なにかと義母を子守に使っていた。
尻が痛いと言って、自分の家へ呼びつけ、三カ月も泊まりで義母を家政婦に使い、何度も実家に泊まりに来ては、義母に家事の世話になっていた。

私の夫は高卒で就職し、すぐに家へ生活費を入れている。
結婚後、呼ばれて数回だけ夕飯食べに行きましたが、義姉のように夕飯目的で何度も押しかけた、なんてことは、私たちは一度もない。
私は成育歴が良くないので実家に頼れず、出産後、義母の世話にはなった。
長女の時、2週間、お世話してもらっただけ。
次女の時は、沐浴だけお手伝いしてもらったけど、家事一切、世話にはなってない。
PTA会議など、仕方ない時は子供の預かりお願いしたが、子守で頻繁に義母を使った、なんてこともない。
何しろ、孫が「遊びに行ってもいい?」って内線で聞いても3回に2回は断ってて、自分達優先の生活していた義父母。
こちらから食事の世話をしてあげることは、多々あっても、家事の手伝いも、私はしてもらった事なんかいない。

見返り見返りって人に義務を課すけど、見返りでしか人を見られない人達って、浅ましさに支配された気の毒な人達だと思う。
それに乗っかる義姉には、嫌悪を通り越し、呆れから関わりたくないと思っている。 



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-26 09:49

親しき仲にも礼儀あり

親子とか姉弟であっても礼儀ってあると思うし、家庭内事情の詮索はするものではないとも思っている。
何から何まで把握して、家庭内の事も介入してって、それは当たり前じゃないと思ってるが、この家は当たり前らしい。
「お金ないはずないでしょ!安い金額で家を建てたんだからあるはずよね!出て行って!」
と義姉から言われたのは、唖然呆然だった。
「老後のお金を使ってやったんだ、忘れるな」
と、机を叩いて怒りながら義母から言われたのも、呆然自失です。
建築費の半分以上は、私たち出してますから恩着せを言われる筋合いもない。
第一、自分達も住むし家も新しくなるからと言って決済した建築費だったのに見返り目的であったと後から攻撃されたのは詐欺だと思っている。

義母は以前、説教と言う名のマウンティングで
「こうやって揉め事に発展するのは、日ごろの交流がないからだ。交流してれば揉めたり、すれ違いはない。すれ違うのは交流ないからだ」
と言い放った。

過去記事



この時に、交流してれば、こういったすれ違いは回避できる、分かり合えないのは交流がないからだって何度も言っていたのだ。

違うのです。
姑は姑で母親ではないし、嫁から見れば他人であるから、礼儀ってあるのに、言いたい事言ってきて、従わせるのが原因だ。
要求を吞め、呑めないのは交流してないからであり、だから理解し合えないのだ、すれ違うのだ、って主張するのが義母なのです。
すれ違いではなくて、義母の空回り。
私は操り人形では、ありません。
心があります。
言いなりにならないのは、あなたの交流義務の問題だって言われるのは、非常に心外だと思っている。

毎日毎日、決まった時間にご飯を作って一式、お盆に盛り、下まで持って行く。
自由がなく、とても苦痛です。
義父が「美味しそうだな~」とわざとらしく言い、義母が嬉しそうな顔で受け取る。
これを見るのがもう、苦痛です。
こうした、嫁が面倒見る「義務」って二世帯にしたときから課せられてたわけです。

なんで、元気なうちから「交流」って縛られ、陰口言われないといけないのですかね。
こうして、嫁は世話させられ、自由がなくなるから、元気なうちは自由にさせて欲しかっただけなのに。
自由権の侵害をされ、家庭内干渉までされて、それが当たり前にされてることにも違和感です。

親しき仲にも礼儀あり。
礼儀って距離感だと思ってるけど、私の主張する距離感は、義母いわく、「距離ありすぎ」なんだそう。

過去、こんな事、数々しでかしてきた義母。
距離置きたいと嫁が思うのは自然だと思うのですけどね。

過去記事




この18年、他にも過去日記にある通り、本当に色々なことが義父母とはあった。
いつも何かあるたびに、義姉が裏で発破かけ、引っ掻き回してきた。
「これからさー。
Nさん(私)が、謝って、まるく収まったとしても、また、ママ達とNさん(私)何か起こるよねー」と、上から目線で、義姉が夫に言っていたのには閉口した。
裏で引っ掻き回す張本人が、何を言ってるの。
孤軍奮闘の二世帯生活だった。

私の日記、すべて実話であり、虚偽は一切ない。
記録は武器であり、私の味方です。
この家に味方は一人もいない。
日記だけが私の味方なのです。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-01-19 00:12

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama