人気ブログランキング |

正義から生まれる悪

義母が亡くなっても私の心に刻まれた傷は消えない、癒えない。
義母は「私は正義」と死ぬまで、嫁の私にしてきた酷いこと、すべての言動を微塵も反省することなく、自分を正当化したままあの世へ行ったのだった。
義姉も「ママが正しい!嫁が悪い!」と過去の出来事を振り返ることは一切なく、嫁を悪にして謝らせてきたことに「正義」を見いだしてきたのだった。
嫁が完全悪で毎回、土下座で謝罪です。
義父母に謝るたび、私の心には深く傷が刻まれ、その心の傷は増えていった。

いくら過去記事にある通り、不当扱いをこちらが受けたと義姉に主張しても
きっと「私、間違ってないわよね!」「ママを大事にしないのがあり得ない!」と責められて終わる。
この家の正義は「一族の主観」がすべてなのだ。

義母のこのトンチンカンな正義感は周りを疲弊させ、トラブルを生み出してきた。
悪を凶弾することが「善い事」「善行」としており、周りを振り回しているからだ。
「正義」を義母はアイデンティティーとして固持し、信念にしているから、そこに疑問を投げると意固地な怒りが反ってくる。
この信念は、タチが悪い。

独身時代、上司の不正を凶弾し、追いやったと言う義母の武勇伝は、何度も聞かされてきた。
義父が昔、浮気をしてそれを凶弾したと言う怨念ももう、数えきれないぐらいにひけらかされてきた。
夫(義父)の弟夫婦に義母(義父の実母)の介護を押し付けたくせに、亡くなった途端、遺産要求し、弟夫婦を凶弾した攻撃性も恐ろしいものがあった。
とにかく、トンチンカンな正義で人を攻撃することに関しては、粘着質な人であったので、親戚からも
「気が強い」
と言われていたそうな。

こんな気が強い姑とキッチンに一緒に立つのはイヤです。
義姉と義母と私で階下にて食事の支度をしたことがあった。
魚焼きグリルを頼まれて、見ていたが「焦げたら嫌だな」と思い、私はタイマーにした。
焼けてなかったらまた、点ければいいかなと思っていたから。
切れた途端に義母が騒いだ。
「誰かしら!タイマーにしたの。焼けてないわ!誰かしら!」
と言っている。
私がタイマーにしたのは知ってるだろうに、凶弾してやる!反省させてやる!と言う、その勢いにカチンときて私も無視したら
「誰かしら!」「誰かしら!」
とずっと騒いでいた義母。
義母は嫁と一緒にキッチンで食事作ったりしたかったそうだが、こんな姑とキッチンに立ちたいって思います?

義父母から数々のイヤミを言われたり、とにかく、階下での集まりは本当に苦痛だった。

醜いトンチンカンな正義を「清い」としているこの義母の価値観に、もう殊更に触れたくなかった。
トンチンカン正義感からの愚痴話で過去、貴重な時間を何時間、何十時間と奪われた。
義母に潰された、私の大事で貴重な時間を返して貰いたい。

「清」

この漢字が戒名で入っていて、一族総出で「良い戒名だ!おばあちゃんにぴったりだ!」と大絶賛だったけど、清さって何だろうと考えてしまう。
不倫した芸能人をことごとく叩く、この世間の風潮は、悪に思える。
なにか不道徳な事があると、よってたかって人格否定まで飛び出す現代。
悪を叩く風潮は、復讐劇を「善」としてる義母のトンチンカン正義と質は同じじゃないかな、と思う。
叩く事に正義を見出して、悪を生む。
正義を主張して戦争をするのも「悪」だろう。
復讐戦で憎しみの連鎖を生むのも「悪」だと思う。

今日も夫はバイクで遊びまわり、義父の世話を嫁に押し付ける。
ゴロゴロしてふんぞり返って何もしないでいる義父へ、決まった時間にいそいそと夕飯を持っていく。
今日も私は、相変わらず自由がない、家事に休みはない。
それなのに、夫は休みの日に自由を謳歌している。
記事を書こうと過去記事を読み返していたら、義父母と義姉と夫に対してフツフツと怒りが湧く。

私の中の正義がムクムク大きくなる。
正義に固執し、怒りをたぎらせてしまうのは「悪」だ。
私の中の「悪」が暴れないよう、自分で自分の心を制御する。
ま、私は家政婦なので、感情を持たないようにすればいいだけです。
悪が生まれないように。




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2020-02-12 19:51

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama