人気ブログランキング |

血族

昨日は義母の葬儀。
義母の葬儀の打ち合わせは、夫と義姉が主体となって取り決め、進めていた。
当日の祭壇について、いきなり前日から義父はクレームをつけてきており、内線が何度もかかってきた。
私は相手にするのも疲弊するので、すべて夫に繋いで任せたが、理不尽な言いがかりだったらしい。
供花は家族葬なので、出さないことになっていたが、花に拘っている。
思いがけず、夫の会社から対になる形で供花が出たので、それを見たら納得したようで黙っていたが、本当に疲れる。

葬儀は滞りなく終わり、文句のつけようがない、好きな文字が並んだ戒名だったので、義父の機嫌は直り、お坊さんも褒めちぎっていた。
義父の機嫌伺いで周りは疲弊するばかりだ。

火葬場にて、待ち時間に食事会をしていたら
「自転車に乗って頭を打って、血が出た。大けがして枕も血だらけだったんだ」
と義姉に言う義父。
13日に外食行こうと、自転車に乗って行ったら転んて頭をケガしたので意気揚々と義姉に報告していた。

13日の昼頃、いきなり内線がきて、
「転んで頭から血がでたから見ろ。」
と言われたが、私は忙しかったので夫に下へ行くように言い、行かせた。
何度も
「病院行ったほうがいいですよ」
と、私が言っても
「いいんだ!」
と言い、再度自転車に乗って外食へ出かけた。
呆れた。
ケガしても尚、説得は聞かずに外食に拘る義父。
コンビニもスーパーも歩いてすぐの場所にある。
それなのに、外食に固執する。

自業自得なのに、それを食事会で悲劇に見舞われた可哀想な俺みたいな言い方でアピールし、同情を集めようとする。
すかさずに私が
「あの時、病院行ったほうがって何度も言ったけど聞かないで、また、自転車に乗って外食に行ったのですよね。
もう、外食はムリですよね。
自転車危ないですし。
歩いてすぐにコンビニもスーパーもありますよね」
と言った。
土曜、日曜、祝祭日はお休み貰ってますが、365日、食事の面倒を嫁はみないといけないのでしょうか!?
納得がいかない。
第一、些細な事でも車送迎を要請してくるけど、歩く努力しないから足腰が弱ってるのですけどね。

お骨を家に安置するのも全部、夫がやっていた。
「花を飾るんだ!おばあちゃんは花が好きだから、一番高い花を飾るんだ!」
と言い、
「この花瓶の大きさだ!」
と拘る。
「見れば分かるよ、この大きさだよね。買って来るよ」
と義姉が言うと、
「違う、この大きさなんだから持って行かないと分からないだろう!」
と怒っている。
義姉はなだめて、義父と一緒に買いに行った。
高い花、高い花、って葬儀のお金もない人が何言ってるのだろう。

買い物に出た後、私はもう、いいかな、と二階に帰ると。
「花を買ってきたんだから、線香をあげに来い」
と義父から命令された。
散々、お葬式でご焼香しましたけど、と思いつつ、下に行くとライターがない。
火がないまま線香あげられませんけど。

死亡の際の手続きは夫である義父の同行がいるので、翌日にやりたいと言ったら。
「オレは疲れてるから、明日は休むんだ!」
と威張っている。
1人で暴走し、1人で怒り狂い、1人で息巻いている義父。
疲れるのは周りの人間ですけど。

義姉は常に駄々をこねる幼児を諭すように、やさしく対応している。
これだけ、悪態つく我儘老人を相手に、気にかけ、言葉かけしているのは血族だから出来るのでしょう。
他人の私は呆れと嫌悪しか湧かないけど。
常に、何か不満があると義姉に電話する義父。
義母の時と同様、いつ悪口で貶められか分からないので、嫁の私は常に気をつかっている。
血族はどんなに、理不尽でも間違ってても、血族だけが正義で盾突くものは悪になる。
嫁は血族ではありません。
それで、私は過去、何度も貶められ、孤独に追いやられてきた。

忌引きで今日、パートは休んだ。
私は家政婦。
パートは休みだけど、家政婦に休みはありません。
朝から義父の昼食を用意し、玄関に置いてきた。
血族ではありませんから、貶められないよう、家政婦に徹します。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2019-07-16 10:32

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama