人気ブログランキング |

将来への不安

今、義姉が来ている。
不愉快なので、顔も見たくない。

散々、夫に
「アポなし訪問やめて。来る前に連絡するように言って」
と、義姉へ釘刺すよう言ってきた。
それでも、義姉はアポなし訪問するので義姉が来たら、すぐに文句を夫へラインで言っていたら連絡するようになった。
もちろん、義姉も私の事は毛嫌いしてるので、夫へラインで来る前に連絡している
相変わらず伝書鳩くらいしか夫は役にたってない。
連絡しようと思えばできるのに、こうして、しつこく言われないと義姉は分からないらしい。
実家なのに、アポなし訪問の何がおかしいって考えなのだ。
ここは私も住んでるのに、図々しく駐車場も占拠したりするから呆れる。

過去、交流交流交流交流と言われ、義母説教攻撃、地獄の4時間コースが堪えたらしく
「交流担当はオレがやる」
と言っていた夫。
大腸癌手術直後で医師から安静言われてるのに、この義母の仕打ち(マウンティング)は、頭がおかしいとしか思えないが、相当、警察呼ばれた事が義母は悔しかったみたいだ。

土下座して私は謝ったので、あちらは勝ち誇ってますが、私が警察呼んだのは間違ってないと今でも思っている。
「警察呼んだのは悪い事なんだから、出ていくべきよね!完全にアウトだから!!」
と、義姉から言われた。
はて?
子供叱ったら怒鳴り込んできてヒステリー起こし、ずっと居座って真夜中になっても帰らず、嫁を恫喝してたから警察呼んだ。
過去記事


これのどこが悪いのか。
勝手に上がり込んできて不法侵入なのですが。
私の友人、知人に聞いても警察呼ばれても仕方ないと言ってるし、義姉のこの言動はおかしいとも、友人、知人は言っている。
よく我慢してるね、と、同情してくれている。

口先だけの、夫。
交流なんてどこ吹く風で、今日もバイクのツーリングへ出かけた。
バイクだ、テニスだ、と、この2日間の休みも嫁に家の事を押し付け、遊び歩いてるのだった。

義姉は乱暴に戸の開け閉めするので、かなり二階に響く。
義姉に「煩い」と、文句言われ、私は息が詰まりそうな音に気を付けた生活してますけど、義姉達家族が一家で来ると、ドタスカ、かなり煩いです。
ハイテンションな甲高い義姉の声も、かなり煩い。
今もバターン!!バン!!って戸の開け閉めでの地響き煩いし。
あー煩い!
ってか、住んでもいない、家の建築費を出してもない、関係ないアタナに「煩い」だの「出てけ」だの、言われる筋合いないですけどね。
アナタも煩いですよ。
こちらは半分以上、家の建築費を出してますが?
お金返してから「出てけ」って言ったらどうかしら。

病院付き添いだか、デイの打ち合わせだか、知りませんが、
煩いこの義姉がこの家にいると思うだけで不愉快だ。

将来、この、でしゃばりな煩い義姉は必ず、遺産相続で揉めるでしょう。
娘たちも
「おじいちゃん、おばあちゃん死んだら、Yおばちゃん面倒くさいよ~いろいろと要求してくるよね」
と不安がっている。
私も将来、不安でしかない。
月に1~2回来て病院だのデイだのと、面倒見てきたこと(と言っても付き添いだけ)を盾にして、土地の権利と金銭、この二つの要求があるだろう。
現に私に
「土地の権利半分とお金もらう!」
と、啖呵を切っていた。
ってか、嫁のやり方が気に食わないからと
「私がやりたいようにやりたいから!関わらないで!」
と言ってたのに、義父母が死んだら
「私が介護したのだから土地と金銭よこせ!」
と言って来るに違いない。
記録って大事だ。
この日記の記事は証拠にしておこう。

過去記事




将来の不安抱えながら、義父母の世話して、義姉に陰口言われ、私は何なのでしょうね。
下の人達死んだら、言いたい放題してきた義姉に思い切り言い返して戦争するつもりです。
戦争が終結したら絶縁です。
いまは、出ていけないし、揉めたくないから黙って大人しく従ってるだけですから。

遊びまわってばかりで、家事育児を押し付け、知らん顔な無責任夫。
陰口と罵詈雑言を言って表の顔と裏の顔を使い分け、義母を煽る義姉。
ワンマンで気に入らない事があると怒鳴り散らす義父。
ワガママで支配欲からヒステリー癖がある義母。
この一族に振り回される私って何なのだろうと、義姉が来るたびに不愉快になる。

今後の記録のために淡々と書き残すことにしたので、コメント欄を閉じました。
賛同してくださった嫁仲間の皆さま、今までありがとうございました。
負けずにお互い、これからも頑張りましょう。

 

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
by piyopiyo-kimama | 2018-07-10 14:47

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama