義務

毎日決まった時間に夕飯持って行くのが苦痛で、土日は免除にしてもらった。
持って行くと、毎回、ふんぞり返って二人してテレビ見て、とても元気だ。
「年だから調子悪くて」
そう言ってて嫁が作るのが当然になっている。

95才で5000歩を毎日歩き、健康維持で前向きなお年寄りもいるのに、「年寄りなんだ」と義母は威張って、ゴロゴロしてて周りが大事にするのが当然みたいに思っているところには軽蔑している。


義姉は「本当は一緒にNさん(私)がご飯作ってくれたほうがリハビリになるんだけど」
と、文句言ってるが義母とキッチンに立ちたくありません。
以前、階下で義姉、義母、私で食事の支度したことがあったけど義母に嫌み言われて嫌な思いしてから立ちたくないと思ってるから。
ごくたまに、義姉が来て私は夕飯作らない時あるけど、いつも外食(義母がお金出してる)か買って来たもの。
あなたは一緒に作らないのかしらって思う。


毎日夕飯持っていき、たまに、差し入れをあげたりしているのだが、昨日は差し入れに手を叩いて喜んでいた義母。
別に喜んで貰いたいからではない。
差し入れも、世話も、揉めたくないからやってるだけだし。
今までだって世話したり何かしらあげたり、ここに住んだ時からしてたけど、義姉と比べてなかった事にされてきた。
何にもしてくれない、老後のお金を家建築に使われた。
そう言われ、義父母に私は散々悪態つかれ出てけ!と追い出されそうになった。
義姉には、便利な土地で安く家建てたくせに配慮無さすぎであり得ない!と怒られ、報酬義務あるよね!と接待要求の脅迫された。
義姉と義母に私は陰口をずっと言われてきた。
土下座もさせられた。

喜んで貰いたいからじゃない。
住まいを守るために、生活を守るために、防衛するために、自我は捨てて接待してます。
接待が足りないと出てけ!って言われるのが、また、始まるから。


父の日だから、また、接待しなくてはいけない。
父の日、母の日、贈り物を欠かさずにしてたけど「金品くれただけで心がない!」と義母に切り捨てられたので何かしら交流と言う「義務」がある。
こんな交流「義務」があるって言ってくれたら二世帯なんて建てなかったのにね。


自由がなくて、ビクビクな18年だった。

独身時代に貯めた私のお金含め、2000万円、返して欲しい。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
[PR]
by piyopiyo-kimama | 2018-06-12 18:34

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama
プロフィールを見る
画像一覧