草刈り地獄

義母は10人兄妹。
農家をしていた義母の両親から、遺産相続の際に、土地の分配があったそう。
長男が、その譲り受けた土地を勝手に売ったと義母は、立腹していた。
土地は相続した人のもので、どうしようと勝手だと思うが、受け継いでいくものだと義母は主張し、かなり引っ掻き回して、長男とは絶縁したらしい。
義母は、こうして頓珍漢な正義を振り回してケンカをくりかえしてきており、絶縁になった兄妹が何人かいる。

問題のこの土地。
かなり、利便性が悪い、ど田舎にあるので土地の利用価値はない。
草を生やしっぱなしにはできないからと、草刈りを年に何回かしているが、これがかなりの重労働なのだ。
以前は義父がしていたが、年で、もうできないからと夫に無理やりやらせている。
この家の土地を貰いたいなら、ど田舎のこの土地の草刈りを死ぬまでして当然だろうって考えの義父母。
以前、出てけと言われたときに、この草刈りをしてあげている事を言い返したら、
「やりたくないならやらなくていい!その代わり外注で草刈りやってもらい代金をあなた達に払ってもらう!」
と、かなり理不尽な事を義母から言われた。

過去記事にも書いたけど、この土地は○○家のものだから、みたいに言うなら義姉の旦那さんにもやらせてくださいよって思うけど。

過去記事


やって当然だと言い、強制することに何も感じることはないらしい。

過去記事


この辺鄙な不便を極めた土地に、義母の兄は家を建てて住んでいる。
二世帯住宅にして建てたら、お嫁さんは田舎なんかに住みたくないと住まなかったって。
お嫁さんの意見聞く前に勝手に建てるのもどうかと思うけど、草刈り要求の連絡を毎回、この伯父が義母にしてくる。
挙句に、私が挨拶に来ないと遠まわしに夫へ文句言ってるらしい伯父夫婦。
新婚の頃は何回か付き合ったけど、子供が生まれてから私は関わってないから、それを突っつかれている。

春から又、草刈り地獄の日々が始まったけど、私は知りませんから。
ただでさえ、義父母の相手させられており、うんざりしてるのに、草刈りまで押し付けられる義理はない。
挨拶する義理もありませんし、手伝うつもりもありません。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
[PR]
by piyopiyo-kimama | 2018-05-15 14:56 | Comments(0)

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama
プロフィールを見る
画像一覧