落ち着けない家

お休み中、大掃除をボチボチ始めようとしてキッチンから始めた。
交流要求されてますが、こちらもそれなりに忙しいです。
「何かやることないかしら。二階で何か頼みたいことないかしら」
と、義母に言われた。
「毎日ヒマで時間もて余しちゃって。人間、やることないのも辛いのよね」
ですって。
「ないですよ」
と、やんわり断ったけど、呆れた。
何もしてくれないって散々、義姉と陰口言って、文句言って、出てけって言ったかと思ったら、何かやらせろと言ってくる。
何もしなくていいですから振り回さないで貰いたい。

交流ないと出て行くべきなんだそうで嫌々ながら、二階に義父母呼んで週何回かご飯食べてます。
こんな事もあったし


こんな事もあった。


義父母で怒鳴り込みされた、こんな事件もあった。


出てけって義母に言われる前は、それほど気にならないし、姑の事、嫌いではなかった。
義父は、初めから嫌いでしたけど。
出てけって言われたら大抵の嫁は、姑のこと嫌いになります。
嫁は血が繋がらない他人ですから、相手の立場にならない言動は致命的になります。
今は義父母ともに嫌いでして、苦痛ゆえに一緒にいたくありません。

汚い食べ方の義父。
つまらない愚痴を何度も言う義母。
一緒の夕飯が苦痛で、パパに愚痴ったら
「嫌なら呼ばなきゃいいじゃん」
と言われた。
呼ばなきゃいいじゃん?
交流ないなら出てけって言われたよね。
陰口や文句言われたよね。
あなたも聞いてるよね。
出ていけないんだから、我慢して交流するしかないし、第一、あなたと義母が決めた二世帯で嫁は苦労してるのでしょう?

お休み中も、義母のスリッパ音が常に聞こえる。
引き戸の開け閉めの音と地響きの振動にビックリさせられる。
うるさい!

自分の家なのに落ち着けない。
「静かな人間らしい生活がしたいの」
と、私たち夫婦に文句言う義父母。
それ、こちらのセリフです。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
Commented by ちょこまろ at 2017-12-14 16:45 x
こんにちは
時間がある時、少しずつですが by piyopiyo-kimamaさんの過去ログ 拝見させていただいてます
ほんと~~に我慢、我慢の日々だったんですよね 悔しかったでしょう?うちの義母もそうとうきつい方だけど by piyopiyo-kimamaの苦労に比べると・・・
ご主人さんは 自分の親に強く言うことはないのですか?うちの主人も性格は大人しい方ですが、晩酌の酔いも手伝って 言うときは
たまにあります 
でも、すぐにその何倍にも返ってきますが(笑)
ご主人様も板挟みになってるかとは思いますが せめてこっちを労ってくれることがあればいいのですがねぇ
嫁ってつくづく損な立場ですよね
Commented by piyopiyo-kimama at 2017-12-15 18:44
ちょこまろさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
うちの義母、相当キツイです。
「私は情が厚いのよ。家族の和を大事にするの。ただし間違ってる事には真正面から戦う。働いてた時も不正する上司を辞めさせた。」
って、50年くらい前の武勇伝をいまだに言ってて恐ろしいです。
義父が浮気した事あって、その怨念を何回も言ってるし、呆れます。
だから、間違ってる嫁は徹底的に攻撃して謝らせるってスタンスです。
何十年もの過去の恨みを忘れず、それをバイタリティーにしてるのです。
こんな年寄りには、なりたくないですね~

うちの旦那は本当に嫁の立場にならない人です。
ホント、労いくらいあったら、まだ救われますけどね(-_-メ)
旦那は我慢成らない時、義父に言い返したりしたこともありましたが、出ていけないから言い返せないのです(泣)
夫婦共々、反論したくても、基本、しないで(できない)我慢してます。

ってか、なんで、出てけって脅迫されるのか分からない。
半分以上、私たち夫婦が建築費出してて、私も独身時代から苦労して貯めた貯金を使ってます。
思いっきり言い返したいけど、出てけってまた騒動になるくらいなら折れて円く収めようって諦めの境地なのです。
義父母が両方とも死んだら、義姉夫婦とは縁切りするつもりですよ。
義姉に三行半突きつけるつもりだし、法外な遺産分与を要求されたら弁護士雇うつもりです。
本当に死んでからも二世帯住宅って面倒くさいので、いまだに二世帯のメリットが分からないですよ。

溜まってるもので、長く愚痴りましてすみません。
by piyopiyo-kimama | 2017-12-11 14:42 | Comments(2)

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama