どこまでも、自分勝手な義母

今日は朝から、パパの大腸がん手術。
6時間かかり、その間、病院の待合室で家族は待たなければならず、その、待ち時間利用して、さっきの
待ち合わせをドタキャンする義姉の日記を書いた。

無事に手術は終わったけど、来月のリンパ検査結果を待たなければ、ステージ2か3かは、わからない。
集中治療室に行き、面会した。
たくさんの管に繋がれ、苦しそうに顔をしかめて、ブルブル震えている。
麻酔の影響とのことで、目にしたとたんに涙が出てしまった。
頑張ったね、と言うのが精一杯だった。

義父母には、関わってほしくなく、病気のことは言ってない。
パパからも、言うなと言われている。
義父母には、Hさん(夫)は、2週間、長野県へ合宿研修に行ってると言った。

2年前にパパが熱中症で入院した事があった。
その時、医者に話しをするだの、おかしいだろ、だの、言いがかりつけて、病院に対してクレーマーのような事をしでかし、押し掛けて来る前に止めたことがあった。
はっきり言って、騒ぎ起こすような人達に関わって欲しくない。

こんな、大変な時に義母は、
「H(夫)と話しをしたい。私の事どう思ってるのか聞き出す」
と、怒りながら言ってきた。
もう、この、どう思ってるのか?って言いがかりは何回目だろう。
どう思ってるのかって言われても、迷惑としか思えないし、パパも同じ事を言ってる。
私が代わりに聞きますよ、と言うと、
「Nさん(私)とは本音で話ししてるからいい。H(夫)と本音で話ししてない」
と義母が言ってきた。
何を言ってるのだろう。
私は本音なんて言えないし、ずいぶん我慢して飲み込んでるのに、本音で会話してると勘違いしてる。

要は、
もっと私を大事にしてよね!
もっと私の事かまってよね!
って事。

こんな、大変な時、辛いときに、どこまで自分勝手な義母なんだろう。
辛そうなパパの顔を思い出すたびに、怒りが込み上げる。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
by piyopiyo-kimama | 2017-09-06 18:44

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama