人気ブログランキング |
おぼうさんどっとなんとか、と言うおぼうさん派遣会社には振り回され、不愉快な思いをした。
義母の葬儀打ち合わせで義父と義姉が大喧嘩になったのは、この坊さん派遣会社が原因だ。
葬儀社提携でお坊さんは夫が頼んだので、義父は余計な事をしないようにと家族中が釘を刺した。
それなのに、俺のお気に入りのお坊さんに頼むんだ!と怒り狂っていた義父。
私が先回りして、おぼうさんどっとなんとかと言う派遣会社に電話し、
「喪主からの依頼ではないので義父の申し出は受けないで断って下さい。喪主は主人で手配済みです」
と連絡入れた。
案の定、私が電話したすぐ後に義父は、電話してお坊さんを手配しようとしたらしい。
「電話したら断られた」
と派遣会社受付の担当へ怒りをぶつける義父。
クレーム電話を派遣会社へ義父が入れる度に受付男性から私に、文句の電話が来た。
「お父さんを何とかしてほしい。迷惑で業務妨害だ。家族で話しあって下さい」
と言われた。
「何とか出きるなら精神病院にいれてないし、聞かないからこちらも困っています」
と、私は答えた。
派遣会社の受付男性からクレーム来る度に私は謝罪をした。
なぜ、私が謝らないといけないのか?
精神病老人の尻ぬぐいをなぜ、嫁がしないといけないのか?
夫に
「派遣会社から文句が来るから、今度からそっちに言ってくれ、私はもう受けないって電話番号教えたから」
と、この派遣会社と受け答えするように言った。
「余計な事して、おまえが派遣会社に電話するからこうなるんだ」
と夫から私は文句言われた。
えっ?坊さんのダブルブッキングでトラブルになる前に私は動いただけだし、義姉も「ありがとう。よかった」って言ってたよね。
トラブルにならなかったのは、私が電話入れておいたおかげだからだよ。
なんで私が悪者になるの?
派遣会社も派遣会社だ。
会員契約結んだ以上、責任は契約者である義父と派遣会社で負うべき問題で、非会員の家族には全く関係ない。
喪主は夫だ。
なぜ、この会社は家族の責任にして文句言ってくるのか?!
なぜ、夫からも私は文句言われるのか?
おぼうさんどっとなんとかって会社には、嫌悪しかない。
エラそうにしてる代表にも呆れる。
嫁の私は納得行かなくても、抗議はしないで受け流す。
仏教でいう諸行無常です。

義姉の過去の言動には、はらわたが煮えくり返る思いがある。

過去記事


過去記事


過去記事


過去記事


過去記事


過去記事


他にもあげるときりがないくらいに義姉における過去のビックリ言動は記事にある通りだ。

私は義母と義姉にされた言動において、心身ともに傷ついてきた。
今まで極力、義姉とは接触しないよう、関わらないようにしてきたが、義母の末期癌でそうもいかなくなってきた。
感情は捨てて、義母が救急車で運ばれてから今まで、愛想よく、にこやかに私は義姉に対応してきた。
私って二重人格だなぁとつくづく思うし、表の顔と裏の顔での使い分けも落差を感じるが、波風は立てたくないので納得してなくても受け流す。
流されて波は立てないのです。

出てけ騒動で、何度も窮地に立たされた嫁の私は悟ったのです。
一族 対 嫁
この構図で嫁は絶対に敵わない。
あくまでも正義は一族であり、嫁の抗議は悪で片付けられてしまう。
村八分制度で和を保つ日本独特の風土。
家族制度にも、これは浸透している。

平和の為に流され波風はたてない。
嫁を傷つけてきたくせに、何も反省がなく、無邪気に私に接してくる義姉。
こちらからアクションは起こさないで波はたてないけど、
私に対する仕打ちをなかった事にして接して来る義姉には、改めて寒気がするし嫌悪は消えない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-09-18 15:31

我慢の美徳

義父の一人暮らし生活はいい加減な日々らしい。
掃除はしない。
食事も自分で作る気はこれっぽっちもない。
別に迷惑かけないならいいが、あれこれと内線で意味不明なことを言い出すから疲れる。
夫がいる時は絶対に義父からの内線を出ないようにしている。
相手にするだけ疲弊するから。

連日の猛暑。
エアコンなしの生活を義父は続けている。
使ったほうがと何度も言っているが、やせ我慢して使わない。
暑さに堪えているのかフラフラしている。
やせ我慢は、どうぞご勝手にと言う感じだが、具合悪くなったらこちらに迷惑かかるのですけどね。

夕飯作ってもらっているからか、以前からしきりと寿司をご馳走すると言う義父。
嫌いな人と一緒の食事は苦痛なので断っていたが、なにやら断られることに義父は不満らしいので寿司をご馳走になった。
案の定、苦痛な食事だった。
高級なお寿司ですけど、これだったら家族だけで回るお寿司食べたほうが何倍も美味しいです。

行き帰りの車で愚痴。
食事中も愚痴。
うんざりする。
しきりと自転車で転んだ時のケガが治らないとアピールし、いかに連日、暑いかの愚痴も言う義父。
耐えきれなくなって
「自転車は止めたほうがいいですよね」
「エアコン使わないと熱中症になりますよね」
と言ったが、聞き流している。
掃除しなくても綺麗だ、だって。
掃除をしないで開き直り。
呆れた。
義父が留守の間、私が掃除機かけたらゴミだらけで寒気したのですけど。
嫁が知らない間に掃除機をかけてるのは知らないらしい。
ゴミだらけですよ、掃除したのですよ。
と、言ったところで、
「だから何?」
といった感じでしょう。
言う気にもならないし、話ししたくもない。

毎日ゴロゴロして、体を動かそうともしない。
毎日ゴロゴロしてるから体も動かなくなるのだろう。
毎日、嫁にご飯作らせ、食器もまともに返せない。
少しでも動いて運動しようともしないで連日、ゴロゴロゴロゴロ。
寝たきりになったら、こちらが悲惨なことになるのですけどね。

猛暑に耐える、我慢の美徳をひけらかし、ゴロゴロしている義父。
いつ、我慢の美徳から、我慢しているのに!の攻撃になるかわからないのでご機嫌とりはしている。
義母もそうだった。
勝手に我慢の美徳の価値観で自分が選択しておきながら、私はこんなに我慢してるのに!!!!
と、嫁の苦労や努力や我慢はそっちのけで我良し精神から攻撃が始まり、散々振り回された。

年寄りが勝手にする我慢の美徳ほど怖いものはない。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2019-08-09 13:23

血族

昨日は義母の葬儀。
義母の葬儀の打ち合わせは、夫と義姉が主体となって取り決め、進めていた。
当日の祭壇について、いきなり前日から義父はクレームをつけてきており、内線が何度もかかってきた。
私は相手にするのも疲弊するので、すべて夫に繋いで任せたが、理不尽な言いがかりだったらしい。
供花は家族葬なので、出さないことになっていたが、花に拘っている。
思いがけず、夫の会社から対になる形で供花が出たので、それを見たら納得したようで黙っていたが、本当に疲れる。

葬儀は滞りなく終わり、文句のつけようがない、好きな文字が並んだ戒名だったので、義父の機嫌は直り、お坊さんも褒めちぎっていた。
義父の機嫌伺いで周りは疲弊するばかりだ。

火葬場にて、待ち時間に食事会をしていたら
「自転車に乗って頭を打って、血が出た。大けがして枕も血だらけだったんだ」
と義姉に言う義父。
13日に外食行こうと、自転車に乗って行ったら転んて頭をケガしたので意気揚々と義姉に報告していた。

13日の昼頃、いきなり内線がきて、
「転んで頭から血がでたから見ろ。」
と言われたが、私は忙しかったので夫に下へ行くように言い、行かせた。
何度も
「病院行ったほうがいいですよ」
と、私が言っても
「いいんだ!」
と言い、再度自転車に乗って外食へ出かけた。
呆れた。
ケガしても尚、説得は聞かずに外食に拘る義父。
コンビニもスーパーも歩いてすぐの場所にある。
それなのに、外食に固執する。

自業自得なのに、それを食事会で悲劇に見舞われた可哀想な俺みたいな言い方でアピールし、同情を集めようとする。
すかさずに私が
「あの時、病院行ったほうがって何度も言ったけど聞かないで、また、自転車に乗って外食に行ったのですよね。
もう、外食はムリですよね。
自転車危ないですし。
歩いてすぐにコンビニもスーパーもありますよね」
と言った。
土曜、日曜、祝祭日はお休み貰ってますが、365日、食事の面倒を嫁はみないといけないのでしょうか!?
納得がいかない。
第一、些細な事でも車送迎を要請してくるけど、歩く努力しないから足腰が弱ってるのですけどね。

お骨を家に安置するのも全部、夫がやっていた。
「花を飾るんだ!おばあちゃんは花が好きだから、一番高い花を飾るんだ!」
と言い、
「この花瓶の大きさだ!」
と拘る。
「見れば分かるよ、この大きさだよね。買って来るよ」
と義姉が言うと、
「違う、この大きさなんだから持って行かないと分からないだろう!」
と怒っている。
義姉はなだめて、義父と一緒に買いに行った。
高い花、高い花、って葬儀のお金もない人が何言ってるのだろう。

買い物に出た後、私はもう、いいかな、と二階に帰ると。
「花を買ってきたんだから、線香をあげに来い」
と義父から命令された。
散々、お葬式でご焼香しましたけど、と思いつつ、下に行くとライターがない。
火がないまま線香あげられませんけど。

死亡の際の手続きは夫である義父の同行がいるので、翌日にやりたいと言ったら。
「オレは疲れてるから、明日は休むんだ!」
と威張っている。
1人で暴走し、1人で怒り狂い、1人で息巻いている義父。
疲れるのは周りの人間ですけど。

義姉は常に駄々をこねる幼児を諭すように、やさしく対応している。
これだけ、悪態つく我儘老人を相手に、気にかけ、言葉かけしているのは血族だから出来るのでしょう。
他人の私は呆れと嫌悪しか湧かないけど。
常に、何か不満があると義姉に電話する義父。
義母の時と同様、いつ悪口で貶められか分からないので、嫁の私は常に気をつかっている。
血族はどんなに、理不尽でも間違ってても、血族だけが正義で盾突くものは悪になる。
嫁は血族ではありません。
それで、私は過去、何度も貶められ、孤独に追いやられてきた。

忌引きで今日、パートは休んだ。
私は家政婦。
パートは休みだけど、家政婦に休みはありません。
朝から義父の昼食を用意し、玄関に置いてきた。
血族ではありませんから、貶められないよう、家政婦に徹します。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-07-16 10:32

自己顕示欲

7月10日、義母が亡くなった。
パートを休み、9日、病院に駆け付けたが、亡くなったのは10日の早朝だったため、看取りは家族誰も駆けつけることはできなかった。
義父がわけわからないことを終始、言い出しているので、皆、無視をしている。
ただでさえ、皆、憔悴してるのに、本当に迷惑な義父だ。

早速、葬儀の打ち合わせに入った。
夫が前もって決めていた葬儀社にて、義姉と夫で決める事になった。
義父も入れてあげたが、あくまでも、決めるのは喪主である夫と言う事になっている。
打ち合わせは一階でするはずだった。
それなのに、「ここはイヤだ」と義父が我儘を言い出したので、2階ですることになった。
プライベート空間に今まで散々、陰口を言われ、攻撃されてきた義姉を入れたくはないですが、仕方ないです。
昼ごろから打ち合わせを始めた。

精神科退院の約束事として、念書のサインを義父にはさせた。
①喪主は長男であり、葬儀一切は長男に任せ、一切関わらない事。
②怒鳴って迷惑をかけない事。
この二つの条件は見事に破られた。
葬儀社と提携しているお坊さんで手配しようとすると、お気にいりのお坊さんに頼むと義父が言い出した。
宗派を聞くと、「禅宗だ!」と威張る義父。
禅宗にも宗派は色々とある。
義父の両親の戒名は天台宗のものだ。
義父はあてにならないし、提携しているところのほうが、打ち合わせの手間もなくスムーズなので、義父にお気に入りは止めてくれと、夫と義姉が言った。
途端に不機嫌になり、義父は怒鳴りだした。
喪主の取り決めなので、
「喪主はどなたですか?」
と葬儀社が聞くと、勢いよく義父が
「私だ!」
と手をあげるので、皆、唖然とした。
喪主は夫なのに、とぼけて勢いよく手をあげ、私だと威張る義父。
途端に怒り出す義姉
「病院にもどすよ!!!ダメって言ったでしょ!!!約束破るなら入院させるって言ったよ!!!」
と言い、その顔は鬼の形相だ。
こんなに怒った義姉を初めて見た。
元々、恐ろしい人なのは知っていたが、改めて身震いした。
私は一人で、話し合いの部屋から離れて別の部屋へ行き、義父お気に入りのお坊さんのところへ電話した。
「喪主からの依頼ではないので、義父から電話きてもお断りしてください」
とわけを話したところ、分かりましたとの返答が来た。
私が電話を切った直後、義父は怒鳴りながら怒って帰り、お坊さんへ案の定、電話していたらしいが断られたそうだ。
葬儀の時も何か騒ぎ起こすでしょう。
疲れる。

昨日は昨日で何やら、どこかへ電話したりしていた。
「人が来るんだ。
座布団用意しろ。」
と命令する。
誰が来るんですか?
と、聞いても
「誰かわかんないよ!」
と言うので、誰かわからないけど呼んだのですか?
と、聞くと
「わかんないけど来るんだよ!」
とキレ気味に言われた。
また、不穏な動きしてますが、もう、知らない。
振り回されるのも疲れるから放置する。

義父は自己顕示欲の塊の人だ。
自分の思い通りにしようと、傲慢な態度で周りの立場や気持ちを一切考えない。
自分が一番、自分は偉い、自分は何でも知っていて物知りだから周りの者は従え。
これらの自己顕示欲で我が通らないと、怒り狂ってめちゃくちゃにする。
パーソナリティ症候群の精神病患者だから仕方ないが、この老人の世話をする嫁の私は暗澹たる気持ちだ。

具合悪い義母にも食事を作らせて、家事をせず、ふんぞり返って今まで威張って生活してきた義父。
嫁をコキ使う未来が見えていたので、お約束の紙を渡した。

車の送迎について
①前日までに申し出願います。
②二階の用事、予定が優先になりますので了承願います。
食事について
①土曜、日曜、祝祭日はお休みになります。
この日は自炊する努力してください
②平日のお昼は朝、玄関に置きます。夕飯は6時にもって行きます。夕飯の時に回収しますので洗った食器を待って行ったお盆に乗せてテーブルにお願いします。

みごとにとぼけて、平気で休みの日に食事要求し、車の送迎を当日言い出し、夕飯持って行っても食器は洗い桶に入ったままで知らん顔。
こんな、我儘な自己顕示欲の固まりの老人の世話をあと、何年するのだろう。
気が重い。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-07-13 10:25

嫁をアゴで使う義父

車処分予定との事で、夫が義父の車の鍵をとり上げている。
退院時、あちこちの買い物に付き合わされて、夫は相当懲りてるみたいだ。
義父のトンチンカンな会話と愚痴、文句が永遠に続くので、苦痛なのだ。
私も苦痛で仕方ないから極力、送迎には使われたくない。

退院後、早速、義父は鍵をよこせと要求してきた。
食い下がり、しつこく要求してきたが、断固として夫は鍵を渡さなかった。
「雨が降っているから、歯医者に行けないだろ!
車で送り迎えしろ!」
と、昨日、内線がかかってきた。
「冗談じゃない!今日は仕事があるから無理だ。タクシーで行って」
と、夫が答えて内線を切ったが、立腹してるらしい。
仕方ないので、後から私が
「市のコミュニティバスは格安ですし、それ使ってもらえますか?」
と言うと
「待ってる間、濡れるだろう!」
と一刀両断だった。
そこで、
「私がパートが終わった午後に、車で送り迎えしますよ。午後にしてもらえますか」
と聞いたら、お願いすると返事が来た。
パートを終えて家に着くと、内線がかかってきて
「木曜日は休みだ。明日お願いする」
と言われた。
はぁ???
予約取って、確認してから頼むのが普通じゃないの?
嫁を振り回して謝罪もなく相変らずに威張っている。
今日、パートから帰ると義父の自転車がない。
おそらく、外食でしょう。
自転車で何なく出歩き、相変らずに外食三昧。
義父が帰ると直ぐに内線が来て、2時5分前に支度して出られるようにしとけ、との連絡があった。

今、雨は降ってない。
歯科医院は自転車だと10分かからない。
徒歩でも15分程度だ。
自転車使えるならば、自分で行けばいいだろう。
コミュニティバスで濡れる?
私は、大雨でもレインコート着て、ズブ濡れで毎日、パートに行っている。
夫もバイクで、ズブ濡れになり、毎日通勤している。
次女は自転車で20分かかる距離をズブ濡れになり、靴下の替えをもたせて毎日通学している。
濡れるだろって、毎日ひっくり返って横になって、ふんぞり返っている、暇老人になんで威張って言われないといけないのか?
嫁をアゴで使うのも大概にしてもらいたいと思い、夫へラインした。

自転車でさっき、出かけてたよね!?
自分で行ける距離だよね!?
なんで威張って足に使われないといけないの?
昨日だって、送迎しろっていうから予定していたのに、いきなり休みだったから明日よろしくって急に言われて迷惑してるんだけど。
自分で行けるんだから言ってくれる?

夫はすぐに義父に電話したらしいが、キレまくってたらしい。
「だったら始めっから言え!歩いていくからいい!!!」
と、怒鳴ってたらしい。
歩いて15分でしょ。
嫁をアゴで使わないでもらいたい。

パートで疲れてるし、毎日夕飯作るのも大変だし、午後はゆっくり休みたい。
精神病老人の相手なんかしたくありません。

嫁をアゴで使う、この精神病老人に、いったいあと何年、私は使用人として使われるのだろう。
適当に手を抜かないとこちらの身が持たない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2019-07-05 13:34

義父母が優先

一ヶ月も経たないうちに義父が精神科閉鎖病棟から今日、退院した。
つかの間の自由だった。
憂鬱で今日は食欲がない。

退院に際し、夫と義姉は、義父と約束事を取り交わしたらしい。
80過ぎの精神病老人が車の運転は危ないので、車を処分する事。
義母の葬儀一切は息子である夫が取り仕切り、一切、口出ししない事。
怒鳴り散らして周りに迷惑をかけない事。
これらを約束させたらしい。
守れるかどうかは分からないし、知らない。
性格事態は変わらないから約束させても無駄だと思うけど、車の処分は納得させて、強硬するらしい。

入院中、私は2回も義父のウンコが付いたパンツを洗わされた。
ゴム手袋はめて洗いましたけど、放置してくれたお蔭で落ちません。
自分のパンツくらい、病院の洗い場で洗えばいいのに、嫁にやらせる義父に、改めて吐き気がする
入院中なんて、暇をもて余して食っちゃ寝の生活だろうに、やらないで嫁にやらせるってあり得ない。

義父は「土地代を貰ってないからね」と言い、夫にお金を要求してきた。
これに、私は納得がいかないので、退院したら食事で節約したいと夫に言った。
「おじいちゃんは外食ばっかりでお金使うから、お昼は私が用意して、玄関に朝、置いておきたいんだけど。
弁当毎日作ってるから、ついでだし。
酷いときは、朝から外食してて無駄遣いしてるよね。
自炊する努力して貰わないと困るし、お昼は私が用意する」
と言ったら、
「外食の楽しみくらいいいだろう」
と言って来た。
外食の楽しみ???
私たちなんて、生活費を考えて外食することなんてないのに。
娘たちの学費を考えて切り詰めてるのに、このワガママ老人は、自分の楽しみの為に毎日外食を楽しみ、挙句に
「土地代貰ってないからね」
と金銭をタカってくる。
「入院費、葬儀代、足りないんだよね。なんで生活費切り詰めてる私たちの事も考えず、毎日外食とかできるわけ?足りないってお金をタカって来たんだよ!」
と言い返すと
「タカってないよ。足りるよ!オレと〇〇ちゃん(義姉)でちゃんとやってるんだから、口出しするな!」
と、夫が言い返してきた。
「何言ってるの?タカってきたでしょ?事実でしょ?なんでタカって来た事実をなかった事にするの!?」
と言い返すと、
「口出しするな!」
と言ってきた。
もう、不愉快なので知らん顔した。

何が土地代なんですか!?
自分達も住むし、家も新しくなるからと建てた家でしょう。
建築費の半分以上は私たちが出している。
それなのに、自分達が優先だ、と言う言い分で、いつもいつも、義父母が優先で嫁の私が我慢してきたこの家。
我慢した挙句、将来は共有物分割請求で義姉に土地代を支払い私たちはお金を取られる。
土地代???
土地代とか言うなら、始めから二世帯なんかしなかったでしょう!?
20年近くも我慢してきて、お金をむしり取られるって納得いかない。
私も独身時代からコツコツ貯めたお金を使ったのに。
この家は、嫁の家ではないので嫁に発言権はありません。

あぁもう、5時になる。
夕飯を作らないと6時に間に合わない。
今日から家政婦生活が、また始まった。






# by piyopiyo-kimama | 2019-07-03 16:57

パーソナルスペース

パーソナルスペース
(他人に近づかれると不快に感じる空間の事で、パーソナルエリア、対人距離とも呼ばれる。一般に女性よりも男性のほうがこの空間は広いとされているが、社会文化や民族学、個人の性格やその相手によっても差がある)
抜粋

人と人の間には適度な距離感が必要で、それは、お互いの安全圏を確保する意味合いもあると思う。
パーソナルスペースには、お互いに立ち入らないで自由権を侵害しないと言った心理的距離感もあると思うけど、この家にはなかった。
「交流交流交流」
と、脅迫され責められた生活だった。
精神異常の義父と交流持ちたい奇特な人は、いないと思う。
義母も、義姉も、息子である夫も、皆もて余して困っているではないか。
「運動会のお弁当呼ばれなかった!」
怨念たっぷりに義母から言われたが、それだって、ねじ曲げられて義姉に伝えられていたのだった。
元々、長女の小学校の運動会では、教室で児童たちは弁当食べてて別だった。
小5の時から家族と一緒になったけど、義父母と別のお弁当は娘の意向だった。
「おじいちゃんと食べたくない」
だそう。
運動会の主役は娘だし、お弁当も誰と食べようが自由ではないか。
この騒ぎ

過去記事


この時から嫌がる娘をなだめ、毎年、「一緒にお弁当どうですか?」と義母に私は聞いている。
「疲れちゃうからいいわ」
と、毎年断っているから家族で食べていた。
それなのに、毎年、義姉には「呼んでくれない」と義母は文句言っていたのだ。

二階に呼んで貰った事もないと文句言われたが、これも義母の思い違いだ。
義父母、どちらか入院したらご飯の世話してあげ、義父入院中には毎日義母を二階に呼んで夕飯食べていたこともあるのに。

パーソナルスペースも蔑ろにされ、嘘まで言われ、「交流交流交流」と陰口、文句を義姉と義母、二人から言われてきた生活だった。

義母の余命短いからと、面会に行き、あれこれと面倒見てますが、わだかまりは私の心に刺さったまま。
ママ!ママ!
と血の繋がった娘の義姉は、毎日、甲斐甲斐しくお世話に来てるので私は行っても蚊帳の外。
行っても無駄だし。

義母は寝室に写真を飾っている。
義姉と夫が幼い頃の七五三写真と孫達が写った写真だ。
置いてる写真は自分と血が繋がる親族。
ほらね、人は血の繋がった家族とそうでない家族は違うんだよ。
嫁がパーソナルスペース欲しいと思うのは、あたり前だと思うけど。

義父は義父で、
「土地代貰ってないからね」
とお金を要求するから呆れている。
これには、改めて許せない気持ちだ。
散々、旅行ざんまいで豪遊してきて、毎日お昼ご飯は外食を楽しんで散財しておきながら、この人は何を言ってるのだろう。

私は娘達の学費のために生活費切り詰めている。
家の修繕費用は私のパート代から出した。
独身時代からのコツコツ貯めた貯金も家の建築費に使い、今もパートで働き家計を支える日々。
嫁にご飯作らせ、毎日ひっくり返って横になり、当然のように私が作って運んだご飯を食べている義父。
嫁を顎で使って金まで要求。

今は二人とも入院でいないけど、義父が帰ってきたらパーソナルスペースはとりたい。
パーソナリティ障害という精神病抱える義父は普通の会話が出来ない。
トンチンカンな論理で来るのでとても疲れる。
こちらから、適度な距離感をこの老人に求めても無駄だろう。
だけど、精神病老人に振り回されるのはもう、勘弁してもらいたい。
うんざり。
なので、極力、帰って来ても相手にしないようにしようと思った。

義父母が所有する、何十個とある得体の知れない植物の植木鉢たち。
世話を押し付けられ、腹立たしくはあるけど、義父母が家にいない事がこんなにも精神的に楽なのか、と感動しつつ、少しの自由を噛み締めている。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2019-06-25 13:39
義母の余命が、それほどないらしい。
緩和ケア病院への転院を勧められており、そちらへ近々転院する。
義父母は貯金がないため、病院代はこちらが捻出するようだ。
義父が開き直って、夫へこう言ったらしい。
「もともと、土地代は貰ってないからね。よろしくお願いしますね」
と、こちらが払って当然のようなことを言ってきた。
土地代!?
そんな事、後から言うのは詐欺だろう。
遺産相続では、義姉に土地代支払い義務があり、私たち夫婦は金銭の苦労しなくてはいいけない。
土地代なんて言い出すのなら、始めから二世帯なんか建てませんでした。
そもそも、「自分達も住むし家も新しくなるから」と言ってお互い納得しあって建てた家だ。
あとから、老後のお金だったんだ!!と恨み節を言われて、挙句に土地代請求は立派な詐欺だろう。
やりくりの事なんて考えもせず、義母が入院してからは外食ばかりで、酷い時は朝から外食に出かけている義父。
憤りを覚えます。

老後の楽しみとやらで、散々、浪費し、散財してきた義父母。
定年後、旅行三昧で、イギリス、台湾、北海道、沖縄、他、全国津々浦々の旅行を楽しんできた。
私の老後の時代なんて年金は低額しか貰えませんから、旅行どころじゃないのに。
まだ使えるのに、琉球畳と言う高価な畳に替えていた。
ソファーも高いものへと買い替えた。
私たちも入るんだから、とやらで、仏壇と仏像を何十万も出して買っていた。

散々、介護拒否し、介護してくれたお嫁さんの陰口言い、ボケてるボケてると義母がバカにしていた義父の母。

過去記事


過去記事


義父の母が死ぬ前は疎ましがっていた義母。
介護拒否し、3歳の子を抱えるお嫁さんに押し付け、亡くなったら葬式代半分よこせと調停騒ぎの揉め事を起こして、介護で苦労したお嫁さんを苦しめていた。
大変な介護してもらって感謝どころか裁判沙汰。
それなのに、「供養する素晴らしい私」みたいに位牌を作って義父の両親の位牌を仏壇に安置している。
位牌ならばあちらにあるのに、二つも作ってるし。

元々、人格障害がある義父だったが、義母の入院から更におかしくなった。
些細な事で連絡をしてきて意味不明な事を言い出す。
いきなり、キレて怒鳴り散らす。
と言った言動に、夫も私も、義姉も、困っていた。
入院先の看護師さんにも、意味不明な事を言い出すし、緩和ケア病院に何度もクレームを入れると言うことをしでかした。
「これ以上、ご主人様から電話くるならば、受け入れ拒否させて頂きます」
と、転院先の病院から言われてしまい、義姉夫婦も夫も、青くなってしまった。
たまりかねて、精神科の診断書を取ったうえで、精神科に強制入院と言う手段に出る事になった。
パーソナル症候群と言う精神病らしい。
13日にまた、義父が騒ぎを起こした。
意味不明な手紙が4枚

読めないし意味不明
f0370957_15501683.jpg
f0370957_15503518.jpg
f0370957_15505914.jpg
f0370957_15511740.jpg

名前が私、夫、義父になってるので差し替えてます。
夫に電気代と水道代を義父へ渡しておいてと頼んだのだが、義父が何やら意味不明な事を言ってきたので無視したらしい。
義母のお腹の水を抜くのは医師の判断で一気に抜くとショックを起こすからという説明だったのに、保険適用外でお腹の水を抜けと騒いでいたらしい。
「電気代と水道代はNさん(私)からじゃないと受け取らない。」
「一人にしてください」
と手紙に書いて玄関に置いてきたくせに、内線がすぐにバンバンかかってきて意味不明な事を私に言ってきた。
その日に義姉を呼びつけて、怒鳴り散らし、手に負えないので昨日、精神科閉鎖病棟へ義父を入院させた。
最長で2か月しか入院できないので、退院してからも精神病患者との同居は続きます。
義父母、二人の入院になり、金銭の工面で頭が痛いです。

今日は病院の面会をお休みしてゆっくりするつもりだった。
いきなり、我が家の玄関が開く音がして、階下で何やらゴトゴト音がしてきた。
泥棒かと思ってビックリし、玄関を出てみると義姉家族が荷物を取りに来ていた。
勝手に入るのがあり得ないので、夫にラインしたら、
「実家なんだし、いちいち聞く必要ないし、勝手に入ってもいいだろう」
と返事が来た。
義父母宅ならまだしも、たまたま鍵してなかったからと、私たちの玄関を勝手に入るのがあり得ない。
すぐに出て行き、義姉に聞いた。
「合鍵ありますか?」
と聞くと
「ママから預かってる」
ですって。
合鍵あるのに、私たちの玄関へ勝手にはいるのがあり得ないので夫に再度ラインした。
「あなたは家族だから分からないけど、勝手に玄関入るのがあり得ないから。私も独身時代から貯めた貯金使って建てた家で玄関から二階は私のマイホームなの。
泥棒だと思うよね。
毎月テニスで15000円月謝で使って100万のバイク買って休みはテニスだ、バイクだで好き勝手して、散財してるよね。
やりくり必死に頑張ってる私の気持ち分かってる?
300円のTシャツ着て1980円のバッグで過ごして、あなたの親に大金使わされる。
どれだけ我慢と苦労を私にかけてるか分かってる?」
既読無視でした。

この家の一族は誰一人、嫁の立場である私の気持ちを理解してくれない。
「ママ~ママ~」
と甲斐甲斐しく看病する義姉ですが、私はわだかまりが消えないので、そこまではできない。
絆がありませんので、仕方ないです。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-06-15 16:14

異常な人達

31日の診察だが、義姉が来ると聞き、車で送るけど義姉がいるなら私は送った後、帰ると29日に伝えた。
夫に伝言を頼んだが、
「全員集合なんだ!」
と義父が鶴の一声だったらしい。
すぐに私から内線し義母に
「Yさん(義姉)来るなら私は診察に行かないで送ったあと帰ります。私は傷ついて泣いて来ました。Yさんの顔も見たくないです」
と言った。
そのあと、大変な大騒ぎになった。
精神異常の義父が怒り狂った。
「あんたは一切関係ない!立ち入り禁止だ!!」
と聞く耳持たずで私を怒鳴り飛ばした。

義母は義姉が契約した携帯を常にもっている。
何でも報告し、私の動向を常に義姉は把握している。
時には二人で愚痴と言う名の悪口を言っている。
事実でないことを曲解し、歪めて私を悪者にして伝えていることもしている。
携帯はもう、7~8年ぐらい前からあって共依存関係の二人から私は監視されてるような感じだ。
義母が私の言った事を義姉に伝えるのも時間の問題かと思っていたので、伝えてもらうならそれでもいいや、とその時は思った。

31日の午後の診察日の昼過ぎに義父から内線がかかってきた。
「おばあちゃんが変だ。一人じゃ無理だから車で一緒に行ってくれ」
との事だ。
すぐにいいですよ、と支度をして用意を手伝った。
荷物を取りに二階へ戻ると、物音が階下からしたので見に行った所、義母が倒れていた。
すぐに救急車を呼び、診察予定の病院へ救急搬送してもらった。
診察になる頃、義姉が合流した。
久しぶりに義姉と顔を合わせたが、私は何事もなかったように普通に受け答えし、会話をした。
自分を大事にしたいと思っていた。
義姉と口もききたくない、顔も見たくないと言う感情も持っている。
だが、今後の体裁と揉め事回避の道を選び、私は和やかに普通に受け答えした。
自分で自分に情けないと思ったけど、土地建物の遺産相続の時に揉めたくないから自分は捨てた。

義母はそのまま、入院になった。
末期癌らしい。
入院三日目の日曜日に、義母は手をしばられて保定され、下痢と嘔吐で大変だったらしい。
そこから義父がおかしくなった。

いきなり、敵が私から義姉へとシフトチェンジした。
「あいつはでしゃばりだ!おばあちゃんより、仕事優先とは何事だ!」
と怒り出し、お見舞い中の義姉夫婦を家に呼びつけて怒鳴り飛ばした。
その後も親戚の家に何度も行って、言いがかりをつけたり、朝の5時半に義姉宅へ出向いてわけわからないことを言いだしたりと大変だったらしい。

義父は異常な人だ。
振り回されるほうはたまらない。

末期癌患者は病院側も看取りまではしないので、ホスピスへ移る転院をさせられることになった。
病院探しや面接、手続きはすべて、義姉と夫でしている。
そこで、驚いたのが、義父母は貯金をもっていない、と言うことだった。
預金がわずかなので、病院の入院費は夫が何とかしなくてはいけない。
月に何十万もかかるので、この先、一体いくら払わされるのか不安だ。
この先も義父母が亡くなったら、義姉には共有物分割請求で土地代を払わなくてはならなくなる。
だから、義姉を怒らせないよう、円く収める努力を嫁の私はしなくてはならない。

もう、何度も書いてるけど、つくづく思う。
二世帯にして良かったことなど、一つもない。
損ばかり。
我慢させられ、義父母に従属させられ、義姉には言いたい放題言われ、義母と義姉で結託し陰口文句言われ、嫁の私は鬱積貯めた20年だった。
最後の最後で金銭面で迷惑かけられ、今も義姉のご機嫌伺いする日々。
義父の世話は、これからも続く。
認知症の症状も出ている。
「玄関に洗濯物置くので、病院行くとき、もって行ってくださいね」
と言って渡したのに忘れ
「玄関へ勝手に置かれたら分からないだろ!これは持って行くものか!」
と怒ってきた。
義母の病院代で金銭使わされ、認知症義父の世話をさせられ、最後は相続整理で義姉にお金をむしり取られる。
我慢重ねて、最後の最後はこれだ。

自分は大事にしたいと前回日記に書いたけど、それもできない。
だって、今後の相続で義姉と揉めることを回避しないと、こちらが損するから。
義姉夫婦は頭がいいし、根回しもすごい。
何か争い起こしたら敵わないのは目に見えてるので、持ち上げて、表向き仲良くしないといけないのだ。
本当は顔も見たくない人ですが、愛想笑いし、対応している。
散々、悪態つかれ、陰口言われ、攻撃された相手である義姉に対し、へこへこしている私。
情けない。
つくづく思う。

ある人が言っていた。
他人の大変さ辛さって考えても、それは想像でしかなく自分が同じ立場になってみないと分からないことってたくさんあるよねと。
義姉は嫁の立場が分からないから平気で数々の酷いことを私に言ってこられたのだろう。
この人に、いくら、私の辛い気持ち、悔しかった気持ち、悲しい気持ちを言ったところで伝わらない。
嫁の立場になってない人には分からない。
何か言ったところで、なんで?私悪くないよね?ママ大事にしてよね!報酬義務あるでしょ!
で終わり。
わだかまりは私が死ぬまで心の刺になって突き刺さり続ける。

この一族は異常な人達だ。
異常な人達は刺激しないよう、あたりさわりのない対応するのみです。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-06-12 00:16

わだかまり

連日、ママ命の義姉がこの家に来て入り浸っている。
もちろん、夕飯は嫁がやればいいと思っているので夕方前にそそくさと帰る。
今日は義父と義姉がケンカしていて、すごく煩かった。
義父の怒鳴り声が響き渡る。
あ~うるさい。
嫁の声が、みっともない。
私は子供叱るたびに、そう義父母から何度も言われ、何度も何度も今まで謝ってきた。
自分勝手な人達に過去が蘇ってフツフツと怒りが湧く。

昨日は、義父の声が庭から聞こえてきて暑い中、思わず嫌悪感から窓を閉めた。
「オレは口は悪いけど120パーセント心根は優しい男なんだ!」
と、デカい声で義母に言っている。
モラハラ男が何を言ってるのだか。
高橋ジョージと同じ、身勝手な言動に寒気がした。

義母が具合悪いと言われてから、土日も夕飯を持っていき、私は休みがない。
毎日毎日、お盆にご飯乗せて、決まった時間に階下へこぼさないよう持って行く。
これが、とてつもなく苦痛だ。
苦痛で仕方ない。
やっぱり土日は休みたい。
休みの日くらい嫌いな人達の顔は見たくない。
土日は断ろうと思ったけど、過去、私はたった1日、義母へのご飯作りを断って責め立てられた。

過去記事


具合悪い義母を大事にしない嫁は鬼嫁なんだそうだ。
義母は義母で、大事にしてもらって当たり前だと思っている。
なにかあれば、嫁が100パーセント悪いとなって土下座させられてきた。

過去記事


過去記事


過去記事



わだかまりは消えない。
一生消えない、私が死ぬまで。

31日の担当医説明に義姉が来ると言い出した。
病院へ直接、来るらしい。
だったら絶対に私は、行かない。
顔も見たくない人と同じ空気を吸うのもイヤ。
義父母の病院送るのは私が車出しするけど、帰りは義姉と一緒に帰って貰うことにして、夫に義姉へのラインをするよう頼んだ。
土日のご飯作りも休みたい。
と、その時言った。
毎日決まった時間にもっていくのが大変な事も言った。
土日の夕飯作り断って、もし、具合悪いのに!って義姉から私が責められたら守ってくれる?
と聞いたら、怪訝な顔で
「あーうるせー」
と言われた。
今日、夫は休みだったがテニスに行って買い物に行き、いつものように嫁に世話させて知らん顔。
攻撃されても守ってなんかくれない、ひとつも。

31日の診察は拒否する。
わだかまりをなかった事にして、我慢したくない。
自分は大事にしたいから。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-05-28 22:27

パワハラ モラハラ

義母が具合悪いと機嫌が悪くなる義父。
相手を思いやるとか、相手の立場になるとかできない義父は、思い通りに義母が動かないのがイラつくのだろう。
毎日、パワハラ、モラハラで怒鳴り散らし、威張っている。
一向に良くならないので、精密検査した所、義母は胃癌だった。
胃潰瘍が全面にできて癌は一面にあるらしい。
胃潰瘍になったのは義父のせいだろう。
なのに、義父は自分が原因とは一ミリも思ってないらしい。

毎日、嫁の私は具合を聞いて、ご機嫌伺いしているが、今日は参っているらしかった。
痛みとお腹の張りの苦しさを訴える義母を病院に連れて行きたいと言い、義父が病院付き添いを懇願してきた。
今日は、猫ボラで忙しかったのに、すべてキャンセルだ。
代表に代わりの応対をお願いし、子猫ちゃんの里親様お引渡しも代表に頼むため、預かり子猫ちゃんを代表宅へ連れて行くことにした。
ガソリンも入れないとない。
「すみません、ガソリン入れてくるので、20分ほど待ってもらいたい」
と言うと
「おばあちゃんを病院に連れて行くまでの流れがあるんだ!電話してるんだから、そばにいてくれないと困るだろ!」
義父が威張っている。
相変らず、自分勝手で、意味不明な理屈にこちらはイライラしっぱなしだった。
電話番号を電話帳で調べてて、もたつく義父に、私はスマホで調べて番号を教えた。
今度は受話器をうまく使えずに
「使えないよ!」
と、イラついて私に文句言ってきた。
受話器の設定でおかしなボタンを押したらしく、私が戻して電話を渡したがまだもたついてる。
私がスマホでさっさと電話をかけて、緊急外来をお願いし、電話を切った。
「ガソリン入れたいので、20分ほど出ていいですか?」
と言うと
「ちょうどいい、こっちも朝食食べて用意するんだ」
と返ってきた。
呆れた。
子猫ちゃんを送って、ガソリン入れて帰ってくると、義父が待ち構えていた。
義母をせかして
「早くしろ!」
と、怒鳴り飛ばしている。
「具合悪いんですから、急かして怒鳴らないでください。ゆっくりでいいんですから」
と私が言うと
「怒鳴らないと分からないんだ!あいつは頑固な女なんだ!50年いるからわかってる。だから言わないと分からないんだ!」
と威張って更に急かして怒鳴っている。
典型的なパワハラ、モラハラ夫だ。

緊急外来について診察になったら医師に何回も同じ説明をする義父。
もう、はずかしいしゲンナリする。
結局、痛み止めはすでに出ているし、種類を替えた下剤が出ただけで、診察は終了だった。
この病院は、増改築の繰り返しで分かりづらい。
会計の時に薬局までの行き方を義父が聞いていた。
受付の人は煩わしかったのか地図を手渡したら、義父が
「ほら!〇〇子さん(私)説明聞いて!」
と私に押し付けてきた。
地図を私に強引に渡し、
「分からないんだから、これで行って!」
と地図を私に渡してきて指図し、また、威張っている。
義母は具合悪いのでゆっくり歩き、私も地図を持ちながら一緒に歩いていたら、義父は見えなくなるまでスタスタと先の方まで歩き、先頭を切って行ってしまった。
分からないって?
分かってるじゃないか、と心の中で私は反論した。
地図片手に薬局につくと
「ほら!ここだろ!」
とまた、威張っている。

31日の担当医説明で診察がある。
その説明の付き添いを私は頼まれていた。
なのに、いきなり30日と言い出す義父。
「30日と31日、どちらですか?」
と聞くと
「書いて渡すから待ってよ!口だけだと行き違いになるだろ!」
とまた、威張る。
31日って何度も言ってお願いして来たのは義父なのに、何言ってるのだろう。
帰って玄関見るとこの手紙があった。

f0370957_20535140.jpg


読めないですけど?
意味不明。

車の行き帰り、待合と、終始、ず~っと文句を言う義父。
「歯が痛くて食べられないから飲んでるんだ!歯がいてーんだよ」
「ガン患者ばっかりであの家には、なにかあるんだ!ガンの家だ!」
「インシュリン注射が4500円もするんだ」
etc
不愉快な文句のオンパレード。

パワハラ、モラハラでこの家に君臨する義父。
言動を見てると明らかに認知症の症状だ。
義母の癌は、義父が原因だろう。

今日は半日潰れた。
今までも、義父母に振り回され、義父母のくだらない会話に付き合わされ、送迎の足に使われ、と、どれだけ、時間と労力を義父母に私は費やしただろう。
なのに、
「あり得ないんだけど~!報酬義務あるよね!」
「それだけ?家建ててもらってそれしかしてないの!?」
と義姉に私は責められた。
建てて貰ってって建築費の三分の二は、私たちが出してますけど?
家も新しくなるし自分達も住むからって義父母は言ってたのですけど?

パワハラ、モラハラで嫁に指図する義父。
具合悪いアピールのたびに嫁を振り回す義母。
常に上から目線で嫁を監視する義姉。
嫁に何もかも押し付けて、テニス、バイク、飲み会で自由を謳歌する夫。

あり得ないんだけどって私のセリフですけどね。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-05-26 20:51

義姉は嫁の監視役

f0370957_15210552.jpg


義母は便秘で具合悪いそうな。
運動もせずにゴロゴロして自業自得なのに、周りが心配してくれるのが当たり前だと思っている義母。
義母が具合悪いアピールしてるときは、特に嫁は甲斐甲斐しくしなくてはいけないこの家。
唯一、夕飯持って行くのは、お休みだった土日。
お休みだから、と、具合悪いアピールの義母をほっておくと、「出てけ!」と言われるのです。
「土日も夕飯もって行きましょうか?」
と言うと、待ってましたと言わんばかりに
「アラじゃお願いね」
と返ってきた。
毎日日曜日の暇な老人と違い、こちらはパートして、家事して、保護猫ボラして忙しい。
特に土日は里親さんへの対応で大変なのに。
今日も、スケジュール詰まってる。
仕方ない。
具合悪いアピールの対応は嫁の義務だから。
この家のしきたりで、対応怠れば「出てけ!」ですからね。


過去記事


家族の思い出作りよりも義母を優先しろ!という義姉が、今日もやって来ました。
来ても夕飯を作ってあげる、とか、用意してあげる、とかないですからね。
嫁がやって当然と思ってて、そそくさと夕飯前に帰ります。

恒例の義姉アポなし訪問。
土曜公開で学校から帰った次女が自転車を停めたら、勝手に自転車を義父が移動させて寄せた。
次女、怒ってましたね。
「気持ち悪い、勝手に触らないで貰いたい」
だそうな。
嫌われても当然ですよね。
今まで三回も「出てけ!」
と言われて、こんな理不尽なことする祖父母。

過去記事


私に対する義父母の待遇は娘たちも見てますから。
嫌われても当たり前。

私は義姉に監視されている。
ママを大事にしろ!
だそうで、「大事にしてるかどうか」を監視してるのです。
こうして義母が具合悪い時には、ママーと、ぴったりとくっついてくる。
根ほり葉ほりと義母から話しを聞き出して、時には愚痴と言う名の私への悪口に発破をかけている。
義母の怒りに火が付くと、ここぞとばかりに尻馬に乗り、私を攻撃します。

過去記事



義父母が生きてる限り、監視は続き、死んだら死んだで遺産相続において義姉は、土地建物の権利を要求してくるだろう。
義父母が亡くなって相続整理が終わった時点で開放されるけど、その開放って何年後なんだろう。
私のほうが先に逝きそうだ。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-05-18 15:22

嫁を振り回す義父母

義母の具合悪いアピールには神経使う嫁の私。
便秘で具合悪いそうな。
毎日毎日、ゴロゴロゴロゴロして運動もしない生活。
血流悪くなって胃腸の働きが弱くなるのも当たり前だし、自業自得だと思うけど。
便秘なの、お腹痛いの、と、昼も夜も横になっている生活。
義父はそんな義母を見るとイライラするらしく、機嫌が悪く年中怒鳴っている。
あーうるさい。

夕飯をもって行くと、義父のワンマンショーに付き合わされた。
なんでも、隣の市の市民病院に義母を連れて行ったら酷く混んでいて、診察から薬の受け取りまで丸一日かかったそうだ。
MRIとCTで検査したらしいが、単なる便秘で薬が出ただけらしい。
「〇〇病院は人気なの?みんな来るの?混んでるの知ってたか?」
と義父が矢継ぎ早に言ってきた。
こちらは興味もないし、聞きたくもないですけど。
病院に行って帰るまで、いかに大変かを大きい声で騒いで興奮気味に話をしている義父。
こちらは、聞かれれば適当に返事をする。
そうすると、庭で植木をいじっていた義母を怒鳴りつけて呼びよせた。
「〇〇子!(義母の名)〇〇子!!N子さん(私)が心配して聞いてるんだよ!!」
と、いら立ちながら呼んでいる。
は?
別にこちらは聞いてないし、義父が勝手にワンマンショーしてるだけだし。
すぐに義母が来ないと
「ほら、徘徊だ!」
と、罵倒している。
庭にいるのは見ればわかるのに、こうして、人を見下してバカにしている。
こうした言動も認知症の症状で、義父は立派な認知症だ。
検査してないから引っかからないだけ。
義母が部屋に入るなり
「N子さんも言ってたぞ!〇〇病院は人気なんだって!人気の病院だって言ってるよ!」
と大声で言っている。
は?
私は隣の市の病院なんて興味ないし、適当に相づち打ってるだけで、人気なんです、なんて、一言も言ってないし。

具合悪いアピールのワンマンショーは20分続いた。
あーーーーーー
疲れる。
夕飯もっていったら、とっとと帰りたいです。

おかゆを作れと言われ夕飯におかゆを作っていた。
忙しい最中に、内線がなった。
出ると
「さっき呼んだかしら?」
と義母が聞いてきた。
「いえ、内線してませんけど?」
と言うと、あらそう、だって。
空耳で人を振り回さないで貰いたい。

空耳以外でも、いつもそう。
くっだらない話の付き合いで、どれだけの私の貴重な時間が奪われたか。
振り回さないでもらいたい。

コメント欄にて防音対策したら、と、ご意見頂きましたけど、木造住宅で無音の生活なんて、無理です。
こちらも煩いの我慢してますし、こうした、くだらない受け答えの我慢しなきゃいけない負担もある。
迷惑?
あ~そうですか。

今日も義父の怒鳴り声が階下から聞こえて来て、タンを吐く
「カーーーーーぺっ!」
という、義父の醜い騒音がこだまする。
あーうるさい!
汚い!

今日も、これからも義父母に振り回される生活は続く。




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-05-17 14:51

迷惑

「我々は、迷惑かけられてる」
「迷惑かけられてるのに、何でこっちが我慢するんだ」
「騒音で迷惑をいつもしてる」
上記のクレームをここに住んでから頻繁に私は、義父母から受けている。
迷惑かけられてる被害者のスタンスで自分達の迷惑は常に棚の上な義父母。

時々、怒鳴り合いの大喧嘩を繰り広げる階下の住人。
戸に八つ当たりする地響きは地震のようだ。
こちらも騒音の記録をつけてるけど、月に何度かこのような騒ぎがある。
嫁の声が煩い?
みっともない?
足音がうるさい?
どの口が言えるのか、自分達のことは棚の遥か、上の方にあげまくって嫁の文句を言う義父母。

義父は検査してないが、認知症だと思われる。
すぐに逆上し、怒り出して怒鳴り散らす。
わけもなく意味不明な事で怒り狂う面倒な老人だ。

今日も朝から派手な大喧嘩だった。
可哀そうかなと思い、義母を二階に呼んで避難させた。
私も夫も仕事に行くので、義母を残して出ようとすると
「一階へ帰る」
と義母は帰って行った。
パートから帰ると、ソファーで義母が横になって寝ていたので、びっくりした。
たしかに、
「避難してもらっていいし、具合悪かったら横になってて良いですよ」
とは言ったけど、本当にそうするとは思わなかった。
パートから帰ってきて、すぐに昼ご飯を作ってあげて、一緒に食べて、義母のリピート再生される愚痴を聞く。
具合悪いの、と言い、デイへはずっと行ってない。
行っても、早く帰りたくなるんだそうな。
具合悪いアピールしてるけど、実は元気っていつものパターンだ。
しばらくして午後3時近くに義母は帰って言った。

人は迷惑をかけて、かけられて、生活してる部分あると思う。
義父母の迷惑、かなりありますよ。
迷惑と思うことは多々あり、迷惑かけられることもあり、なのに、感謝の要求はされて、父の日、母の日はきっちりと接待をしなければならない。
以前は贈り物と言う形で気持ちを表したつもりだけど、
「金品くれただけで心がない!」
と文句言われてからは、態度で「感謝」のアプローチを要求される。
母の日は嫌い。
だいっきらい。
だって、私は母の日に誰からも何もされないのに、迷惑の相手に感謝でセレモニーしないと文句を言われるから。
母の日、誕生日、私への祝福や贈り物は、家族の誰からも一切ない。
なのに、私は祝福や贈り物と言った、感謝の要求をされるばかりの嫁だから。

迷惑と言う剣をふりまわし、嫁をバッサバッサと切り倒し、自分達の迷惑は知らん顔。
「迷惑」かけられている嫁は、義父母の世話と相手をさせられて今日も「迷惑」している。





にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-05-09 15:50 | Comments(2)

16日の火曜日から風邪をひいてしまい、喉の痛み、だるさ、と続き、具合悪い。
土曜日から鼻水、鼻づまりと移行して更に辛くなった。
今日は大分、良くなったけど声は風邪声。
もちろん、嫁が具合悪くても気に掛ける事もない義父母は、相も変わらず、当然のように嫁にご飯を作らせ、踏ん反りかえって、嫁のご飯を待つ生活。
先週
「具合悪くて」
と義母が言うので、聞いたら
「便秘でお腹の調子が悪い」
だって。
は?
運動もしないで
「私は年寄りなんだから」
と、毎日ゴロゴロした生活してたら体も調子悪くなるだろう。
私なんて風邪でも熱でも、腰痛でも、頭痛でも、いくら体が辛くてもパートと家事、こなしてますがね。
やる人がいないので、やるのは当たり前。
割り切ってて、誰も恨んだりはしない。
義父母みたいに、
「私は(俺は)具合わるいのに、なんにもしてくれない!!!」
なんて、恨み募らせた僻み老人にはなりたくない。

保護猫たちを保護する団体で、私はボランティアをしている。
団体で、相次いで子猫たちをレスキューした。
TNRで保護した子猫たちを里親様へお引渡し。
その合間に乳飲み子達のお世話。
命を救うって使命感からくる力は、原動力が愛だ。
愛おしい子達が大きくなってくれて、幸せになってくれる過程が、本当に幸せに感じる。
もちろん、大変なことが多いけど、やりがいがある。
愛が源だから。
愛の源は風邪で調子悪くても、それを跳ね返して、できてしまう。
今日は里親さんにお引渡しの日。
里親さんの笑顔と、幸せに巣立っていく、子猫ちゃんが私に元気をくれた。
ありがとう、幸せにね。

「何にもしてくれない」
「~~してあげたのに」
「~~してくれない」
「交流がない」
「気にかけた言葉もない」
くれない、くれない、くれない・・・
そればっかりで締めは、
「老後のお金を出してあげたのに」
と、お金の印籠でこちらを悪者にして、黙らせる義父母。
「あなた達の事を思ってるのよ」と言ってきて、表では自分の事を「良い姑」と吹聴し、陰では気に入らないことがあるたびに嫁の陰口を言う。
口から悪意を発してるから陰口なのに自分では「愚痴」と定義づけしていて、正当化する。
義姉を巻き込み、族意識で嫁を攻撃。

過去記事



どこに愛を持てるのですか?
そもそも、姑と嫁は他人ですから。
相手の気持ちをおもんばかる「おもいやり」がない人にどう愛を持てと?

夫婦は親よりも、子供よりも、長く人生を共にする。
同居してもらうならば、夫は、それなりに嫁を気遣うって大事だと思う。
だって、伴侶って「愛」が基本でしょう?
「自分は巻き込まれたくない」
「平和に生きたい」
「原因は自分だろ」
こんな事ばかり言い、終始逃げの姿勢。
舅、姑、義姉、一族徒党を組んだ、族意識の人達から嫁が攻撃され、孤立しても守らず、助けてもくれない夫に「愛」なんて感じない。
嫁に対する「愛」なんてそこにはない。
あるのは、自己保身と体裁。

「愛」があるから大変でも苦痛にならないし、頑張るぞって思える活動と「愛」もないのにやらされてる労働とは原動力が全く違う。
愛って原動力には無限の力がある。

義父母への世話(労働)はトラウマが蘇り、苦痛だ。
だから、私は家政婦、そう思って割り切るのが、今の私の労働における原動力になっている。

義父母、義姉、夫。
この一族には嫌悪がある。
愛なんてもう、この人達には小指の先もない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-04-21 16:25

心の傷

毎日、夕飯を作って階下へ持って行く生活を相変らずにしている。
毎日、毎日、きっちり6時に持って行く。
縛られて自由がない生活。
その上、乱暴な戸の開け閉めの音と地響き、ケンカの怒鳴り声、階下からの騒音問題も続いている。
うるさいけど我慢している。
娘たちは義父母をとても嫌っており、「絶対に一緒に食べたくない!」と言うので呼ぶ回数を減らした。
長女は寮生活でいないし、次女は「二階に呼んだら部屋にこもる」って言う。
私だけ、もしくは夫婦だけなのに、呼んでも仕方ないし。
孫に嫌われるのは自業自得。
だけど、こうして孫に会ってないと、途端に陰口と文句が始まる。
もう知らない。
好きなだけ攻撃してきたらいい。
人の心は支配できない。
義父母が嫁、あるいは、私たち家族に、何をしてきたか、娘たちはちゃんと見てますから。

ラインで嫁友達とグループ内で悩みを打ち明け合い、励まし合っている。
旦那さんが面倒がって嫁を助けない。
上下関係で嫁が我慢をさせられる。
義妹(or義姉)と言った小姑が上から目線で偉そう。
と言った感じなのは、どこも同じだ。

姑さんの老人ホーム入所が決まり、お友達の一人が晴れて、同居解消になった。
本当に良かったね、と、心から思う。
息が詰まりそうな生活の中、認知症義母の暴言や悪口に精神的ストレスがあったそう。
大変な状況を理解もせず、義妹が言いたい放題で上から目線なのは、大変だったと思う。
義母の通帳、財産、全部支配し、嫁(次男嫁だそう)に自分の母親を押し付け、一切手伝わず、ケアマネには自分が世話してると嘯いていたそう。
嫁が窮状を伝えると仕方なく老人ホームを義妹が探し
「お母さんも、私も、不本意だけど、嫁が同居拒むのでホームに入ることになった」
と、嫁のせいにし、捨てセリフ吐き捨て、お世話してもらったお礼もなかったって。
財産はすべて、義妹がもってるそうで、同居の際の食費(それもケチられたそう)をくれても世話代は一切なし。
お金目当ての義妹、本当に酷い。
ケアマネを抱え込み、自分が世話してるアピールしてて調子いいことを言うが、自分は世話もせず、支配して嫁に世話させる所がうちの義姉と全く同じ。
こうした、同居ストレスと小姑の言動は、嫁の心に大きな傷跡を残す。
晴れて同居解消となっても、心の傷から心は晴れず、怒りが出るそう。

人は誰でも、大なり小なり、心に傷を抱えて生きている。
傷を抱えてる人に対しては、傷跡をあえて大きくしないよう、背景を思慮しながら想像力を働かせ、傷に塩を振らない対応って大事だと思う。
傷をかかえてるほうも、傷を大きくしないため忘れたほうが賢明だ。
だけど、そうすると、うちの場合、嘘つきな義姉と事実を捻じ曲げる認知症老人達は結託して嫁を窮状に陥れる。
だから、私は日記で真実を残すため記録を残している。
過去を読み返すと傷が痛む。
傷は癒えないし、広がる。
でも、傷を押さえながら、記録を残す。
自分で自分の身を守るため。

心の傷はダメージだけど、この傷があるからこそ、人の心の痛みを理解し、人に優しくできたり、想像力を働かせたりできるのかもしれない。
傷をさすりながら、明日も頑張ろう。
そんな風に思う。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-04-15 14:24

おもんばかる

人は動物と違い、相手の事を思い遣る、
「おもんばかる」
と言った想像力があると思う。
相手の立場、心情、現状、これらを鑑み、自分がした言動で相手に沸き起こる感情に思いを馳せる。
おもんばかる、とは、そう言う事だと思う。
「~~してくれない」
「~~してあげたのに」
「私は~~思ってあげてるのに」
このような思考で自分しか見えていないと、とたんにおもばかる事はできなくなり、自己憐憫に陥り、不幸のベールを身にまとう。
姑と実の娘(小姑)が結託した、族意識からくる嫁への攻撃は、一切反論が許されない。
どんな時も何があっても、「義母の言い分が正しい」が基本だから。
「お互い言いたいことは言いましょう」と義母がいい、その御輿に乗って、義姉も「言いたいことは言ったいほうがいいもんねー」といい放った。
違うのです。
反論言うと、いつも100%私が間違ってるという主張で切り捨てる。
理解し合いましょうと言って「理解しなさい」のマウントが始まるだけ。
嫁には何も反論させない、マウンティング。
私は「諦める」と言う術を身につけた。
この一族は相手をおもんばかることがないから。

私はもう、18年以上、騒音の苦情を常日頃言われている。
甥っ子が小さい時は二階へ遊びに来て私が文句言われた。
私は呼んでないのに。
私には、何も関係ない甥っ子達が勝手に二階へ遊びに来て毎度「煩い!」と文句言われた。
数えてないけど、この文句を何回、義父から言われただろう。
義父母が呼んだ甥っ子の文句を嫁が言われる義理はないだろう。
なのに、なぜか私が毎回謝罪させられた。

そんな、文句ばかりの義父母たちだって、騒音でかなり息子家族に迷惑かけているのにね。
怒鳴りあいやら、戸に八つ当たりした地震のような地響きやらの騒音、振動は苦痛だ。
子供叱る嫁の声は恥ずかしいけど、自分たちの怒鳴りあいは恥ずかしくないんだそうな。
義母のスリッパもサンダルでかなりパタパタパタパタ常にうるさい。
義姉一家が来るとドタスカと煩い音は二階へ響く。

自分たちの迷惑を棚にあげて嫁に文句を言ってくる。
私は摺り足で歩き、音を出さない歩き方が染み付いてるけど、夫や娘達は気にしない。
スリッパなんて、使いたくても使えないよね。
歩き回る娘の足音がうるさいと文句をよく言われるし。
「自分たちだってうるさいくせに!」
胸の中で反論する。
もう、戦争は懲りてるから言わない、胸の中。

私たちは我慢できても愛犬は可愛そうだ。
義父母が乱暴に閉める戸の振動と爆音で気持ち良さそうにお昼寝してても飛び起きてるから。
ごめんね、二世帯になんかして。

相変わらず相手の気持ちをおもんばかる事がない義姉はアポなし訪問が続いている。
このように出入り口を義姉の車がふさぎます。


f0370957_19171652.jpg


避けて家の中へ入ろうとしたら、巨大植え木鉢の角で擦ってしまい、私の足は流血しました。


f0370957_19173708.jpg


私は、相手の立場や気持ちをおもんばかる、想像力を持ちたいと改めて思った。
日々、学びをくれる一族です。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-03-27 12:36

お金は争いの元

長女には夢があり、専門学校も決まって入学予定。
カチンとくることは多々あり、喧嘩もよくするけど、実の娘は可愛いです。
息子の嫁だったら他人だけど、実の娘は自分の血と肉をわけてますから。
改めて思う。
嫁は所詮、嫁。
血と肉を分けた、実の娘の小姑に敵わないし、小姑と対等には決してならない事がよくわかる。

夫は高校の時の生活態度を見て、長女の進学のお金は出さないと啖呵をきった。
長女は行きたい学校だから頑張ると希望に胸ふくらませている。
夢があるなら応援するのが親の役目。
私が学校のお金をパート代から出すことで事は収まった。
金銭面を考え、一人暮らしはやめ、寮に入所予定。
それも、私のパート代から援助することになった。

去年、家の修繕費用100万円をパート代から出した。
今回の娘の進学のためのお金も出している。
妻の稼ぎを家計のあてにするなら家事分担するのが筋だろう。
なのに、この夫、一切家事の手伝いをしない。
唯一、週に1度の犬の散歩(15分)でやったと威張っている。
「仕事して養ってやっている!仕事のほうが大変だ!家事なんて主婦ならやって当たり前だろう!」
と開き直った。
「あなたは完全な休みが2日もあっていいよね。
私なんて365日休みなしだよ。
主婦も立派な仕事でしょう。
じゃ私も土日、完全に休んで何もしませんって通用する?
誰のおかげで仕事行けてると思ってるの?
おまけに、あなたの親の面倒までみてるんだよ?
何も手伝ってくれないよね!
私のお金返して!」
と言ったら
「家族間であげたの返せだのがおかしい!」
と逃げられた。
挙げ句に
「オレが通帳管理するからオレが通帳持つ!生活費が欲しいなら申告しろ、オレが銀行から下ろしてくる!」
と、威張って通帳もふんだくって行った。

家の建築費用では、独身時代からコツコツ貯めた私の貯金を使った。
大事にしていた貯金を使い果たしたのだ。
それから子供達の育児に明け暮れ、義父母の威圧にも楯突かず、どんなに理不尽だと思っても折れて謝って土下座して、屈辱にも堪えた。
子供達の手が離れてからは、パートで働きながら家事をこなして、この家を支えてきた。
夫は、私が育児で大変な時からずっと今も変わらずに、休みの日には、テニスだ、飲み会だ、バイクツーリングだと、好きに自由を謳歌している。
家にいても、イビキかいて昼寝して何もしない。
私なんて、義父母に縛られて自由もないのに。
私や娘達にはお金使うとケチつけるくせに自分は趣味でお金を使う。
バイクは100万円だ。
車も何も相談なく、勝手に買い換えた。
私なんて身に付ける物は安物ばかりで自分のためにお金使うって本当にないのに。

私は家政婦。
家政婦でもお給料あるよね。
お給料も出ないです。
タダ働きの、しがない家政婦の私。

家族間であげたの返せだのおかしいって?
そんな事、よく言える。
義父母に同じ事言って下さいよ。
「自分達も住むし、家も新しくなるから」
と、階下の人達は家を建てる時、言ってたくせに
「老後のお金を出してやったんだ!」
と「お金の印籠」で嫁を服従させ、文句ばかり言ってきた。
この人たちに、同じ事言って下さいよ。
義父母や小姑に攻撃されても、守ってもくれず、挙げ句に私のお金まで巻き上げて開き直る夫。
つくづく、愛想を尽かした。

お金は争いを生む。
お金で国同士が戦争したりもする。
お金で殺人事件だってある。
寄付や善意で救われたりもあるし、使い方次第だけど、お金は争いの元になる元凶なんだとも思ったりする。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-03-04 15:38




f0370957_22142228.jpg
恒例の、義姉、アポなし訪問。
パートから帰り、いつも通り、自転車を道路に停めて、そそくさと家に入る。
自分の家なのに、他所の家でコソコソしてる気分になり、腑に落ちない私のモヤモヤも相変わらず。
「オレらの土地だ!感謝しろ!」
と義父に怒鳴られたことがある。
私も独身時代から、コツコツ溜めた貯金をこの家に使った。
使い果たした。
マイホームだと思っていたけど、「出てけ!!」と恫喝されてから、そうではないと悟ったのであった。


一昨日から腰痛に襲われ起きあがるのもやっとになった。
パートの行き帰り、自転車は辛かったけど、歩くよりはいいので痛みに耐える。
以前もあって、しばらくはなかったのだけど、久しぶりの腰痛で気分も落ち気味。
病院でMRIを撮ったこともあったが、ヘルニア気味と言う診断で、湿布とコルセットで結局は終わりなので医者に行く気にもならず、我慢した。
「イタタタ」と言って腰をさすると、その動作が気に障るのか
「だったら医者にいけよ!」
と長女に冷たく言われる。
医者に行っても湿布で終わりだし、安静にするしかないのに。
そもそも、パートも休めないし、家事も誰もしてくれないし、義父母も嫁のご飯をあてにしている。
安静にしたいのに、できないから堪えて頑張ってるのに。
無言で腰をさすり、洗濯をして、掃除して、ご飯を作った。

これ、義父母だったらえらい騒ぎですよ。
具合悪いアピール炸裂のあと、こんなに辛いのに、何もしてくれない!!!
と、被害者意識満載で義姉と二人して陰口言われた挙げ句、攻撃されますから。
言ってくれればするのに、頭下げてお願いする、と言う行為を嫌うが故に、悲劇のヒロインで「何もしてくれない!」といきなりキレて嫁を責め立てます。

夕飯の買い出しから帰ると画像の隅にある、玄関のデカい杉の木と義姉の車が私の行く手の邪魔をする。
痛い腰をさすりながら、よけて家に入る。
花粉症の夫を悩ます、この杉科の植木。
どんどんデカくなる植木、なんとかしてもらえませんかね。
ほんとうに迷惑。

たまたま、窓から義姉と義母を見た。
満面の笑みで手を振り、車に乗り込む義姉。
その義姉の車を両手で手を振り、同じく満面の笑みで見えなくなるまで車を見送る義母。
素晴らしい共依存関係を築いた親子愛。
愛するママを、少しでも嫁がぞんざいに扱えば、容赦なく、牙をむく義姉。
美しい(?)親子愛を二階の窓から冷めた目で見る私がいた。

依存から人は意図も簡単に、真実が見えなくなり、敵を作り出したりもする。
共依存関係を築いてると客観的な視点がなくなり、偏向愛に満ちたりもする。
依存心、執着。
そこから責任転嫁が始まり、自己愛故に敵を作り出して攻撃に走る。
依存心を克服して自立したら、人は誰も悪者にしたりはしないと思う。
依存心、執着って恐い病だとつくづく思う。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 

# by piyopiyo-kimama | 2019-03-01 23:17

長女の悪態

車の送り迎えを私にさせて、威張っている長女。
雪が降ってきたからと、迎えに来いと言う。
何時に帰るのか?
ご飯いるのか、いらないのか?
一切、事務連絡をしない長女。
ラインで聞いても無視をする。
ご飯作りをしている主婦の苦労など、微塵も分かってないらしい。
いない時は作っても無駄だから作らないけど、そうすると、いきなり帰ってきて、夫のおかずを食らう。
なんて自分勝手なのだろう。

車の中で
「今日のご飯ナニ?」
と聞いて来た。
「あんたの分はないよ、いるのかいらないのか、言わないんだからないよね!」
と答えると
「こっちはおかず何か聞いてるだけだろう!その悪態がおかしい、ハイ謝ろうか!」
と言いがかりつけてきた。
なんて自分勝手なんだろう。
「なんで謝るの?いつも勝手にパパのご飯食べるからないよ!って言ってるの!」
と言うと
「そこがおかしい。誰が食べるって聞いた?ひねくれた悪態やめようか!」
と上から目線。

もう送り迎えもしない。
口もききたくない。
昨日に引き続き、本当に疲れた。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2019-02-09 20:01

家族に振り回される

私は夫と娘達からバカにされながら生活をしている。
娘達は二人して私の事を「会話が疲れる」と言うので、私も会話したいとは思わなくなってきた。
しきりと「会話がかみ合わないからオマエが嫌いなんだ」と言う長女。
話しをするには、主語と述語がある。
主語を無くして会話して来るのは向こうなのに、「理解しないオマエが悪い、おかしい」と責め立てる。

何か家事をしてれば音が聞こえないことは多々ある。
洗濯だったり掃除だったり、料理したり。
なのに、
「今言ったの聞いてないのか?だったらもう何度も言わない」
と不貞腐れて、予定も教えてくれないから分からない。
分からないと「なんで言った事もできないんだ?」とまた、責め立てるのだった。
長女も次女も、そんな感じの話しの仕方なので相手にするのもイヤになってきた。

次女もこのような感じ。
学校がある日は、夜10時以降のスマホ禁止の約束をしている。
なのに約束を破り、注意すると無視、もしくは逆ギレで返ってくる。

長女が専門学校進学にあたり、一人暮らしすることになった。
恵比寿の不動産屋へ行くというので恵比寿の駅で待ち合わせた。

画像1
f0370957_13402551.png

の説明の通り、私は改札出て表示の通り進もうと西口の表示へ行こうとした。
そしたら駅ビルに入っていくことになる。
だから電話し、聞いたのに
「地図を見ろ、なんで言われたこともできないんだ!説明したんだから説明通りに進みなと何度も言ってるだろ?」
と怒っている。
電話を切って地図見てたら「w」でバカにしてきて同じ説明してくる
画像2
f0370957_08211899.png

画像3
f0370957_13422498.png


地図見て進もうと思っても、そうすると駅ビルに入って行くことになるから説明したら、電話してきて罵倒をされた。
何の事はない。
改札でたら西口の表示に進むのではなくて、まっすぐ進んでエスカレーターで降りるだけの話しだった。
だったら始めから、「改札出てまっすぐ進んで左に降りれは西口だよ」と説明してくれればいいのに、このような分かりにくい説明してきて
「こんなに詳しく説明してやってるのにオマエは何やってんだ!だから嫌いなんだ!」
と威張っている。
合流してから、さすがに私もカチンときたので言い返したら私の腕を殴ってきた。
親に対してDVです。

ゴミ分別もろくにできない。
部屋はゴミ部屋。
洗濯もした事ない。
ご飯作って貰って文句は言うが、自分で作ろうともしない。
このような、いい加減な人が一人暮らしできるとは思えないけど、もう知らない。
好きにしたらいい。

家庭でも終始、このような感じ。
ケンカになるのも当たり前だけど、そうすると義父母が私に文句を言ってくる。
だから、最近は娘たちから何を言われても、言われっぱなしで堪えている。
乳児、幼児のころは一人で育児して年中、音の文句を義父母から言われ、追い詰められた。
子供達が大きくなれば、反抗期もあってそれなりにバトルもある。
そうすると、また、怒鳴り込んできて、義姉まで巻き込んだ「出てけ!」と言う攻撃に合う。
助けてほしくて警察呼んだこともあったけど、私が全部悪いと土下座をさせられた。

過去記事





こんな嫁の心情に寄り添いもしない義父母と義姉に、誰が交流持ちたいって思うの?
この家の人達、すべて皆、もう関わりたくない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-02-09 13:46

やって当たり前

私は毎日家事とパートに追われて休みはない。
娘たちも夫も家事の手伝いは一切なく、好き勝手な生活をしている。
学校が休みの日は、スマホだ、テレビだ、遊びだと、自由を謳歌している。
娘達は私を「お前」呼ばわりし、言いがかりに近い文句を言ってくる。
受け流してはいるものの、精神的に堪える。
やり合うとケンカになって、義父母から文句がくるから、言われっぱなしになっている。
夫も仕事帰りには、好きなショッピングしたり、休みの日にはテニスだ、バイクだと、自分の親を嫁に押し付けて好き勝手に過ごしている。
私には休みがない。
土日はパートも休みなのに、朝早くから起きて、夫の弁当を作り、家事は延々と続く。
365日、1日も休み、ないのです。
手伝ってと言えば、お前の仕事だろ、と命令口調な夫と娘達。

昨日、今日と、夫は仕事が休みだったが、二日とも、朝から夕方まで遊び歩いていなかった。
夕飯時になるとテーブルにデンと座ってご飯が出て来るのを待つ夫。
ご飯を並べるの手伝ってと言うと、無表情で仕方なく並べていた。
食べ終わっても片付けもしない。
テーブル拭くのお願いすると、いつも自分の周りだけ拭いてるだけだから、
「テーブル全部拭いて。自分の周りだけじゃないよね、拭くの」
と言うと、煩せーな!と言われた。
堪忍袋の緒が切れた。
「何もしないくせに!私も働いてるのに、なんで何も手伝ってくれないの?私も働いて家計入れてるんだよ!
家の修繕費用も長女の学費も全部、私が出したの!働いてるんだよ!私なんて、休み、一日もないんだよ!毎日毎日、家事は続くの!」
と言うと
「そんなの半日パートだろ!家の事なんてやって当たり前だろ!」
と開き直った。
もう、こんな家、出ていきたい。
心底思った。

当たり前?
当たり前じゃないよね。
私も家計稼いでいるし、なんで当たり前になって何も手伝ってもくれないの。
子育ても私が、ぜーんぶやって当たり前になって、一人で悪戦苦闘、育児をしてきた。
具合悪くても、なにも、気づかってもくれなかった、夫含めたこの家の人達。

過去記事


妊娠中にインフルになっても気にもかけない人達

過去記事


当たり前じゃないよね。

そう何度も思って気が付いた。
そうだ、私はこの家の家政婦だった。

感情はいらない、家政婦は無になるのみ。

唯一、夫がやる家の作業、夏の草刈りがなくなったそうだ。

過去記事


この草刈り地獄、親戚の方が請け負ってくれることになったらしい。
義姉は
「良かったね~」
と他人ごと。
もちろん、労いも感謝の言葉も、一切ナシ。

人に労働を押し付けても他人事ってこの一族では当たり前らしい。
一族揃って、呆れる人達だ。





にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-02-07 21:28

見返り目的

義父母は見返りの損得勘定で人や物事を決める人達だ。
義父は学歴や地位で、人の正邪を判断し、学歴や地位が高い人に対して媚びへつらう人だ。
義母は情を盾にして、人の正邪を決め、自分の価値観に反論する人に対しては邪とみなし、攻撃に走る人だ。

私は人としての矜持である良心を基本とし、俯瞰の眼をもち、理性的で、地に足をつけた歩みをする人を尊敬する。
生きることに価値があるのではなく、生き抜くことに価値があると思っている。

価値観は人それぞれだ。
この言葉の意味が、義母は分からないらしい。
交流の頻度と内容で私を責め立てるので
「価値観の違いです」
と言うと
「価値観なんて難しい言葉使うな!」
キチガイのように机を叩いて怒りだしたこの事件

過去記事


価値観。
人それぞれの物の見方って意味で難しくもないけど、この人にとっては人それぞれの物の見方が難しいらしい。

義父母は成果主義な人達なのだ。
成果主義で、見返り目的で生きることしかできない人達。

義祖母の介護も「見返り」を屁理屈にして全力で拒否し、義弟(義父の弟)のお嫁さんに介護を押し付けた。

過去記事


押し付けた挙句に、義祖母が亡くなってすぐ、遺産分配がないと義弟(義父の弟)に立腹し、調停に差し押さえ要求するから、義父母って本当に恐い人達だ。
義父なんて週末に義祖母のお風呂をちょっと手伝っただけで、義母は何もしていない。
介護の感謝どころか、遺産要求。

建築費の見返り要求で介護。
これはもう、私たち夫婦の義務です。
ご機嫌を損ねると、義姉を巻き込んで、出てけ!の騒動を起こすので爆弾抱えたような生活だ。
とっておきの手段も考えてる義父母ですから。

過去記事


義姉は短大を奨学金で賄ったものの、私の成育歴とは違い、かなり、色々としてもらって大事に育ててもらったそう。
結婚式費用、家電、かなり援助してもらっていた。
結婚してすぐにから、共働きだからと、夫とともに実家に押しかけ、夕飯を何度も何度もご馳走になっていた義姉。
長男が生まれたら一ヶ月半。
次男が生まれたら一ヶ月。
上げ善据え膳、産後の世話を義母にしてもらい、なにかと義母を子守に使っていた。
尻が痛いと言って、自分の家へ呼びつけ、三カ月も泊まりで義母を家政婦に使い、何度も実家に泊まりに来ては、義母に家事の世話になっていた。

私の夫は高卒で就職し、すぐに家へ生活費を入れている。
結婚後、呼ばれて数回だけ夕飯食べに行きましたが、義姉のように夕飯目的で何度も押しかけた、なんてことは、私たちは一度もない。
私は成育歴が良くないので実家に頼れず、出産後、義母の世話にはなった。
長女の時、2週間、お世話してもらっただけ。
次女の時は、沐浴だけお手伝いしてもらったけど、家事一切、世話にはなってない。
PTA会議など、仕方ない時は子供の預かりお願いしたが、子守で頻繁に義母を使った、なんてこともない。
何しろ、孫が「遊びに行ってもいい?」って内線で聞いても3回に2回は断ってて、自分達優先の生活していた義父母。
こちらから食事の世話をしてあげることは、多々あっても、家事の手伝いも、私はしてもらった事なんかいない。

見返り見返りって人に義務を課すけど、見返りでしか人を見られない人達って、浅ましさに支配された気の毒な人達だと思う。
それに乗っかる義姉には、嫌悪を通り越し、呆れから関わりたくないと思っている。 



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-01-26 09:49

親しき仲にも礼儀あり

親子とか姉弟であっても礼儀ってあると思うし、家庭内事情の詮索はするものではないとも思っている。
何から何まで把握して、家庭内の事も介入してって、それは当たり前じゃないと思ってるが、この家は当たり前らしい。
「お金ないはずないでしょ!安い金額で家を建てたんだからあるはずよね!出て行って!」
と義姉から言われたのは、唖然呆然だった。
「老後のお金を使ってやったんだ、忘れるな」
と、机を叩いて怒りながら義母から言われたのも、呆然自失です。
建築費の半分以上は、私たち出してますから恩着せを言われる筋合いもない。
第一、自分達も住むし家も新しくなるからと言って決済した建築費だったのに見返り目的であったと後から攻撃されたのは詐欺だと思っている。

義母は以前、説教と言う名のマウンティングで
「こうやって揉め事に発展するのは、日ごろの交流がないからだ。交流してれば揉めたり、すれ違いはない。すれ違うのは交流ないからだ」
と言い放った。

過去記事



この時に、交流してれば、こういったすれ違いは回避できる、分かり合えないのは交流がないからだって何度も言っていたのだ。

違うのです。
姑は姑で母親ではないし、嫁から見れば他人であるから、礼儀ってあるのに、言いたい事言ってきて、従わせるのが原因だ。
要求を吞め、呑めないのは交流してないからであり、だから理解し合えないのだ、すれ違うのだ、って主張するのが義母なのです。
すれ違いではなくて、義母の空回り。
私は操り人形では、ありません。
心があります。
言いなりにならないのは、あなたの交流義務の問題だって言われるのは、非常に心外だと思っている。

毎日毎日、決まった時間にご飯を作って一式、お盆に盛り、下まで持って行く。
自由がなく、とても苦痛です。
義父が「美味しそうだな~」とわざとらしく言い、義母が嬉しそうな顔で受け取る。
これを見るのがもう、苦痛です。
こうした、嫁が面倒見る「義務」って二世帯にしたときから課せられてたわけです。

なんで、元気なうちから「交流」って縛られ、陰口言われないといけないのですかね。
こうして、嫁は世話させられ、自由がなくなるから、元気なうちは自由にさせて欲しかっただけなのに。
自由権の侵害をされ、家庭内干渉までされて、それが当たり前にされてることにも違和感です。

親しき仲にも礼儀あり。
礼儀って距離感だと思ってるけど、私の主張する距離感は、義母いわく、「距離ありすぎ」なんだそう。

過去、こんな事、数々しでかしてきた義母。
距離置きたいと嫁が思うのは自然だと思うのですけどね。

過去記事




この18年、他にも過去日記にある通り、本当に色々なことが義父母とはあった。
いつも何かあるたびに、義姉が裏で発破かけ、引っ掻き回してきた。
「これからさー。
Nさん(私)が、謝って、まるく収まったとしても、また、ママ達とNさん(私)何か起こるよねー」と、上から目線で、義姉が夫に言っていたのには閉口した。
裏で引っ掻き回す張本人が、何を言ってるの。
孤軍奮闘の二世帯生活だった。

私の日記、すべて実話であり、虚偽は一切ない。
記録は武器であり、私の味方です。
この家に味方は一人もいない。
日記だけが私の味方なのです。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-01-19 00:12

割りきるのも大事

毎日、夕飯を相変わらずに持って行く日々。
持って行くと、二人してひっくり反って横になってテレビ見て、待ってましたと言わんばかりに、いそいそと受け取って食べてます。
口では「ありがとう」と言ってるけど、心の中では「建築費の見返りなんだから当然」と思ってるのです。
過去、たった1日、夕飯作り断っただけで、「出てけ!騒動」に発展したこの事件。

過去記事




嫁に頼む、お願いすると言う事をしない義母。
私に頭下げてお願いするのが嫌なのだそうだ。
些細な事に不満募らせ、息子夫婦が何もしてくれないと、陰口を言う。
言ってくれれば、やるのに、義姉に「何もしてくれないと」と鬼嫁の如く、陰口言います。
それ以来、私は警戒してて、少しでも何かあれば、こちらから声かけて、ご飯を作ってあげてきた。
もちろん、ここに住んでから18年、具合悪いと言われれば、通院付き添いや、ご飯持って行ったりはしてきていた。
だけど、気にかけた言葉が足りないと、私がしてあげた事すべてなかった事にされた。
義姉と義母から、常に陰口を言われ、責められてきた18年だった。

お世話、以前からしてきたのに気に入らないと責められる。
そして、義父母ともに死ぬまで、このお世話は、延々と続く。
先が見えないトンネルにいるみたいだけど、お世話してる私はケアマネさんにも関わらせて貰えない。
相談も出来ない。
義姉が全部、支配してますので。

お互いに元気なうちは距離保つ。
それってそんなに、いけないことなの?
今、私には自由がない。
こうして自由がなくなるから、元気なうちは自由にさせてもらいたかったけど、それは、「嫁の我が儘」なのだそうだ。

興味深い記事見つけた。


1 合カギは絶対に渡さない

これは無理ね。
中で繋がってるし
引っ越してきた当初は勝手に入ってきてて、夫から義母に注意して貰ったら不貞腐れて義姉に義母は、文句言ってたから。

2 アボなし訪問はしないでもらう

義母も義姉も、アポなし訪問の何が悪いって感じだし。

3 連絡は、実の親子間でとるようにする

これも無理。
嫁に言いたいこと言って何が悪いって感じだし。

4 実家からの顔だし要求には、平等に対応する

まぁ、私は生育歴良くないから実家と疎遠なのでこれはない

5 大きな贈り物は事前に相談して貰う

こちらから大きな贈り物あっても、向こうからはない。
100万するお墓の建て替えも、こちらからのプレゼントだったし。
要求されたので、建て替え費用出した。

6 子育ての主導権は自分達が握る

主導権は、あっても、口出ししたり文句は常にある。

7 トラブルの予感がしたら、必ず実子が対応する

対応してくれない、逃げる。
だから嫁がいつも折れるハメにあう。
やり合うと、出ていけ!になる。

8 夫婦での合意なしに、親からの要求は呑まないようにする

そもそも、私たち夫婦に拒否権はなく、義父母が正しいと言う前提で何でも呑まされる

9 何があっても自分達の家族を一番に考える

義父母優先だから、これはない。
二番、三番。
夫はあてにならない。

これ見ても分かるように距離感大事なのに、この家はないから、嫁が我慢する事になってきたわけだ。


1 「そもそも他人だから仕方がない」とあきらめる

私は他人と割りきっても、義母は依存してくる

2 「愛する夫の母だから」と自分にいい聞かせる

義父母、義姉、一族で徒党組んで嫁が責められても、守ってもくれない夫なので愛はもうない

3 「無理して上手くやっていかなくてもいい」と肩の力を抜く

抜きたいけど、そうすると出てけ!って始まるから

4 「孫のことは可愛がってくれるし」といいところを探す

可愛がっても自分達の都合が一番で、出て行け!って言う爺さん、婆さんだから、孫達から嫌われている。

5 「年寄りだから先に逝く」と、残りの年数をカウントする

長生きしそうで私のほうが、先に逝きそう

6 「頑張ってる自分にプレゼント」と、ご褒美を決める

これは、本当にその通り

7 「夫は私の味方だし」と救いを見つける

味方にはならない。
一族、徒党組んで嫁を責めて来るけど庇ってはくれない。
救いの手を払いのける

8 「姑との付き合いは仕事」と割り切る

これ大事

9 「好きな趣味に没頭しよう」と深く考えない

まさにそう。
恨み持つのも依存だから、深く考えない。
過去に拘ってクヨクヨと依存しない。


過去は過去。
割りきって、明るく毎日、私は過ごしたいと思った。

不幸を引き寄せる、三つの法則があると聞いた。

自己憐憫

責任転嫁

依存心

まさに、義母。
「老後のお金だしたのに、なんて、可哀想な私」
「私が苦しいのは全部、息子のせい、嫁のせい」
「こんなに思ってあげてるのに」

と、義姉を巻き込み、悲劇のヒロイン。

違うよ、それはこうだよね。
原因は違うよ。
思いは人それぞれだよ。
いくら諭しても「私が正しい」と、凝り固まって

自己憐憫、責任転嫁、依存心

から、不幸にしがみつく。
義母は、診療内科にも通っているけど、多分、気づきがないから変わらないと思う。

割りきって、前に進む生き方を私はしたい。
義父母からは反面教師で学び貰ってます。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-01-11 12:41

アポなし訪問

f0370957_22232089.jpg
今日パートから帰ると、自転車が停められない。
いつものようにアポなし訪問。
画像の真ん中、デカい車が鎮座し、義父が私たちの自転車置き場に車を停める。
画像のように、私の自転車は道路に追いやられる。
始業式で、長女も次女も、早帰りだけど、停められない。

夫に
「もういい加減、アポなし訪問止めて。前日までに連絡してって、いつも言ってるよね。」
と言うも
「うるさいな~実家なんだから、連絡とか、いーだろ」
と、面倒くさそうに言われる。
仕事だからいいけど、夫が休みの日はバイク二台停まってるわけで、事前に言わないと停められないよね。
実家なんだから、いーだろ???
え??
実家でも、息子夫婦が住んでいて、駐車場だって思うように使えなくて迷惑してるわけだよね。
実家だから、と、どうして、こうも、実の娘って皆、厚かましく図々しいんだろう。
嫁友達に聞くと、どこもそうらしい。
実家だからと、我が物顔で、遠慮なしにお嫁さんの立場や気持ちも無視してズカズカと我が物顔。
言いたい放題で、そのくせ、実母(姑)の世話は嫁に押し付ける。
嫁が我慢していることを少しでも、実娘(小姑)に言うと
「お母さんだって気を使ってるのに、酷い」
って言うんだって。

いつもいつも、私が悪者。
私が我慢してても辛くても、ママが一番。
何か揉め事があるといつも
「ママ!ママ!」
と実母の味方で嫁を敵扱い。
あまりの異常ぶりに警察へ助けを求めたこの事件。

過去記事


これだって
「家族なのに警察呼ぶなんて許せないんだけど!」
と攻撃されたが、家族なんだからって、言われることに違和感なのだ。
嫁は家族なのに、いつもいつも、小姑は実母の味方であって、嫁の味方なんて、これっぽっちもする気もない。
いつもいつも、陰口と文句で私を攻撃対象だったよね。
ママ、ママ、ママ、ママ~
と、嫁の味方なんて、1パーセントもしない。
家族なのに?
家族なのにって言って、我慢させられるのは、いつも嫁。
どんなに、おかしくても、道義的に変でも、いつも義母が善で嫁が悪。
姑は姑であって実母じゃないし、小姑は小姑であって実姉ではない。
家族なのに?
差別意識満載な心根のくせに、安易に「家族なのに」なんて、族意識で嫁を責めないでもらいたい。

日産の利益を私的流用し、多大な損失を与えた、日産、元社長、カルロス・ゴーン。
当然、罪は償うべきだし、それなりの贖罪をすべきだろう。
なのに、実の娘、息子たちは、被害者意識満載でカルロス・ゴーンは被害者だとマスメディアに訴えて悲劇のヒロイン&ヒーローに徹している。

人には忘れては、いけないことがある。
良心を忘れたら、人生、地に堕ちる道を歩むと思っている。
真善美(しんぜんび)
これは忘れては、いけない。
なのに、血のつながりってそれが見えなくなるのです。


義母は義姉の表の顔だけ見て
「〇〇ちゃん(義姉)はとってもいい子。悪口も言わないし嘘をつくことも絶対にない。お友達も多くて好かれてるいい子」
って言うのだけど、嫁の悪口言いまくるし、嘘ついて嫁を陥れるのは見えないらしい。

裏ではこんな恐ろしい事も言ってるのにね。

過去記事


私は、真善美を忘れずに生きていきたい。







にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-01-08 21:58

従属関係の苦痛な集まり

義姉一家が来ると、なぜか私達家族も顔を出さなければいけない、この家。
義姉と義母、裏で散々、私への陰口と文句を言っている事は、以前から知っている。
だけど、私は悪者になりたくない自己保身から、何もなかったように愛想よく振る舞って付き合ってきた。

過去記事


さすがにこの一件からは堪忍袋の緒が切れて、一切、義姉とは、口もきかない、顔も合わせないと、関わらない姿勢を貫いてきた。

夏休みの時、初めてレジスタンスを起こした。
義姉と口ききたくない、関わりたくない、と義母に意思表明した。

過去記事


だが、この時も完全に私が悪者であり、夫は私を責めたのであった。

年末に
「2日に〇〇ちゃん達(義姉一家)来るから」
と義母は夫に対し、
(来たらアナタ達一家も階下へ来なさいよね)
と言う圧力をかけていた。
前々から、
「もう一切、義姉とは関わりたくないし顔も見たくない。一生恨みは残るし、私が棺桶に入るまで、これは消えない。
いい?もう、義姉一家が下に来てても私は絶対に行かないから!一切関わりたくない!」
と言っていたので、夫はすかさずに義母へ
「あっ、その日は出かけるから」
と言い訳していた。

新年の挨拶はこの家の儀式です。
三つ指ついて頭下げて円くなって
「明けましておめでとうございます」
と総出で挨拶しなくてはいけないし、義務になっている。
なので、義姉一家が来る日は外して、元旦に私たちは義父母への新年挨拶を済ませることにした。
長女は連日、遊びだバイトだと、家に居ないから、1日は家にいるように、と念を押した。
案の定、大晦日は友達と夜通し遊んで帰って来てるので寝ている。
叩き起こして、不機嫌な長女をなだめて、階下へ挨拶に行く。
あー面倒くさい。

挨拶が終わってすぐさま、義父の病人アピールが始まる。
「オレらはもう、病人なんだ。病人だから何もできない」
と意気揚々と自慢する。
その後も病気自慢、不幸自慢、近所の人の悪口が延々と続く。
うんざり。
しきりと
「〇〇さん(私)の作る夕飯が美味しい、感謝してる」
と、私を持ち上げるけれど、だから何?と何度も心の中で繰り返した。
 
 建築費の見返り行為

これを散々要求して、陰口言って、文句言って、出てけ!とまで言い、音の騒音では常に文句言ってきている(現在進行形)。
これら、嫌な思い出すべてをなかったことにして、いい人アピールして「感謝している」と言って来る。

子供が小さい時は追いつめられた。
常に煩いと言われ、萎縮しながらの大変な育児。
夫は飲み会だ、テニスだ、仕事だ、と自分優先で家にもいないから私一人で、この育児を頑張ってきた。

 孫の面倒みる良い義父母 

そう、向こうは思ってるけど勘違い。
自分達の都合のいい時だけ、孫の面倒みて、ぬいぐるみ感覚だったし、常に音の文句で自分たち優先の主張だった。
階下の人達のお蔭で、私の育児ストレスは増大するだけだった。
大きくなって反抗期になり、親が叱れば衝突もある。
そうすると、また
「煩い!!」
と、義父母から怒鳴られ私が怒られた。
子供の首絞めて無理心中までいかなくて良かったと、本当に思っている。
そんな、私の中の苦悩、わだかまりを知らず(言っても私が悪いと変換されるし無駄)、ご機嫌で話しをしてくる姿に嫌悪しか湧かなかった。

甥っ子たちへのお年玉は、義父に預けて渡して置いてくださいと頼んだ。
あげた人へのお礼もないし、もう渡さない。
今年、最後にすることにした。
もう、あげない。
去年、上の甥は用事があって来なかったので義姉に預けて渡して貰った。
長女もいなかったので、義姉から預かって、私から渡した。
「お礼は言ってね」
と、伝えて長女は、お礼を義姉に言っていた。
甥からのお礼はなかった。
知らん顔。
今年から甥は就職して社会人だし、もう、この一家とも関わりたくないし、お年玉なんて無駄なやり取りもいらないでしょう。

昨日、早速
「2日の挨拶は拒否したから出かけないと」
と、言い出す夫。
「なんで正月くらいゆっくりして、好きな過ごし方もしたいのに、できないの?
なんで、出かけないといけないわけ?
この家は私の家でもあるよね」
と言うと、
「じゃオレだけ出かけるから」
と不機嫌になった。

従属関係からのレジスタンス。
今度からイヤな事はイヤと、意思を示す。
表の顔と裏の顔を使い分け、義父母をバックに地位を築いている狡猾な義姉には到底、適わない。
だけど、自分の意思を尊重した生き方を私はしたい。
自分で自分に嘘ついて、我慢するのはもう終わり。

そんな決意新たにした、新年だった。

って言っても、義父母は相当、長生きしそうだから我慢は続くわけだ。
私の老後まで、私の自由ってないのかな。
早く自由になりたい。
私の人生、義父母に振り回されて終わりなのかな。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2019-01-02 09:26
私は生まれた時から、とある新興宗教に強制加入をさせられた。
先生と呼ばれる、金の亡者に名付けられ、私は信者風な名前です。
活動、お経、子供の頃からたたき込まれ、活動付けな親からはネグレクトのような扱いで育った。
小学校の時はコメ洗い、洗濯物を取り込んでたたむ、掃除、やらされてて、学校から帰ってやらないと叩かれた。
やらないと反抗すると、暴言と悪態に晒される。
正座してのお経は足が痛かったけど、やらないとまた、怒られた。
とにかく、ヒステリックに怒られるので、萎縮し、鬱積した気持ちは常に持っていた。

小学校、中学年くらいの頃だったかな。
友達のAちゃんとBちゃんと遊んでから帰ると、Bちゃんのお母さんから電話があった。
Bちゃん宅の苺の苗が盗まれた。
Aちゃんが言うには、私が盗んだって話ししてたらしい。
寝耳に水だった。
知らないと言う私に、実母は何度も殴ってきた。
顔を叩かれたので、左の鼻から鼻血がでた。
Aちゃんを再度、問いただした所、盗んだのはAちゃんだった。
私を叩いたのに、実母は謝らなかった。

実兄は、ヤクザのような人で気に入らないことがあると暴力をふるってきた。
些細な事で因縁つけては暴力。
家の中ですれ違う時には、壁にへばりついて避けないと、突き飛ばされた。
殴られて、左目にアザを作ったことも何回かある。
「犬の足を俺のシャツで拭いただろ!」
と、身に覚えのないことで、殴る蹴るされた。
洗濯機に置いた自分のTシャツに泥がついてたので、飼い犬の足を私が拭いたと言う言いがかりだった。
実母はいつも、助けてはくれず、自業自得だと言い、暴力ふるわれても、見て見ぬふりをした。
唯一、実父が助けてくれたが、ヤクザ(以降、兄ではなく、ヤクザと書きます)に殴られ、鼻の骨を折った。
身に覚えがない因縁で暴力ふるわれ、挙句に親を殴る。
あり得ないと、その時は思い、涙が止まらなかった。

高校卒業時、専門学校に行きたいと言ったら、
「女は上の学校なんて行かなくていい」
そう言われ、私は必至に働いて稼いで、学費を捻出した。
友達たちは遊びまわってたけど、朝早くから夜遅くまで、私はバイトで毎日疲れ果てていた。
一方、ヤクザには何百万と大学のお金を出していた。
多額の学費を出してもらいながら、感謝もなく、威張りちらし、卒業してもたった一年で会社を辞めて、家でプラプラし、生活費も出さない居候をしている。

結婚式の時の費用ももちろん、一銭も出してもらわず、水商売のバイトまでして私は貯金した。
すぐにでもこんな、腐った家は出て行きたかったけど、貯金ができなくなるので、堪えて我慢し、結婚するまで実家にはいた。
苦労してコツコツ貯金したのです。
結婚式には当然、ヤクザは呼ばなかった。
実父母も本当は呼びたくはなかったが、そういうわけにもいかずに呼んだ。

家を出てからは、実父母とは絶縁に近かったけど、長女が生まれたあたりから会ってもいいかな、と思い、嫌々ながらもたまに会ったりしている。
実父はたまにこちらへ来るが、実母とは会わない。
親戚の葬儀がある時くらいは実母と顔を会わせるが、過去の事を全部なかったことにして何食わぬ顔で話ししてくるので、いつも心に抜けない刺が刺さってるような違和感がある。
「家に居たときみたいなワガママ言わず、嫁いだんだから文句言うな」
と言われた時には、嫌悪で吐き気がした。

13日に叔母のお通夜へ参列し、実母と顔を合わせた。
第一声
「何で連絡して来ないんだ!?」
だって。
唖然とした。
フランスではカルト認定を受けている、この宗教は葬儀も独特で、お坊さんは呼ばず
「我らこそ正統な仏教」
「活動こそ幸せ」
「先生からの弔辞」
と、呆れるような挨拶をする。
脱会した私は、実母にとっては「情けない」って評価らしい。
しきりと活動する従妹を持ち上げて、私を肘で突いて責めてきた。
全宗派で使える水晶の綺麗なお数珠を私は使った。
実母は
「お数珠が違うじゃないの」
と言って来た。

帰ってから
「なんであんな親に連絡しないといけないの?」
「なんで私が指図されるの?」
「会いたくないと思われるのは自業自得だよね?」
と怒りが収まらない。

実母も年をとってからは、大事にしろアピールをしてきてウンザリ。
病気自慢。
不幸自慢。
自分で自分のしてきたこと、言ってきたこと、なかったことにして、自己アピール。
顔も見たくない。
絶対にこちらから連絡なんてしない。
実父母が死んだら、遺産の相続は放棄し、ヤクザとも絶縁する。

義父母同様、実父母も関わりたくない。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2018-12-16 09:45

モラハラ

正義って人それぞれだと思うのです。
倫理、道徳、これらのモラルは当然、守られるべきではあるが、常識、概念、これらの価値観に関しては、正しいの定義は曖昧であり国、文化、生育環境から別れる所なのではないか。
この家は、義父母が頂点の家なので、全て従わないといけないし、反論は許されない。
お互いに言いたいことは言って理解し合いましょうと、義母は言った。
言ってる事と、実際は違うのです。
話し合いましょうと、マウンティングされ
「理解しなさい」
の押さえ込みなのです。
全て、私(義母)は正しいのだから理解しない私が悪いという認識です。
時には義姉も加担し、凶弾される。
「話しがあるの」
と言われ、過去何回も、何時間にも及ぶ、お説教(マウンティング)をされた。

正しいは人それぞれなのに、自分の価値観を正義にした主張。
嫁の反論は許されない。
だって私(義母)が正しいが根幹だから。
交流義務と言われて、何時間もくだらない話しの相手を要求され、付き合わされ、愚痴を聞かされる苦痛。
わかりますか。
関わりたくないって思われて当然だよね。

こうあるべきの「べき」論。
自分の期待を「べき」で固めて思い通りにならないからと怒りを溜める。
べきで固めた価値観からストレスを勝手に自分で溜めていき、定期的な爆発で「出てけ!」が始まる。
自分で勝手に期待して、思い通りにならないからと攻撃をし、押さえ込むのだ。

こうした押さえ込み、立派なモラルハラスメントでしょう。
出てけ!
って何度も言われたけど、二千万円返してから言ってよね、と未だに私は思っている。
義姉も加わり、出ていけ!と言われた。
一族で嫁に対してモラハラをしているのだ。
私も苦労して独身時代からコツコツ貯めた貯金、この家に使ってますから。
どうしてあなた方に出てけ!って言う権利あるのです?

そんな事思いながら、毎日夕飯を作ってあげている。
家政婦ですから、余計な感情は捨て、無になり業務こなすのみだ。
明日はきっといい日になる。
そんな、言葉を自分で自分に言い聞かせている。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
# by piyopiyo-kimama | 2018-11-30 11:23

反面教師

相変らず定期的な大喧嘩での怒鳴り合いと、家に八つ当たりをする騒音が義父母からくりだされている。
「嫁の声が煩い、みっともない、出てけ!」
と言うが、自分達のお祭り騒ぎは良いらしい。
戸の開け閉めも乱暴だから地響きがすごい。
義父の怒鳴り声もある。
さっきも戸の開け閉めのバンバン!と言う地響きが煩かった。

長女は相変わらず学校をサボり、国語はあと4時間休むと留年だ。
親なら普通、怒ります。
怒ると怒鳴り込んでくるのですよ、ここの階下の住民。
子供も怒れない家なのです。

毎日、夕飯を持って行き、ご機嫌伺いの日々。
義母が
「作ってくれているけど本当にいいの?」
と、しおらしく言って来た。
嫌です、なんて言えないでしょ。
やらないと、義姉に私の陰口言って、また「出てけ!!」の病気が始まりますから。
過去にたった一日、夕飯作りを断ったことがある。
「これからは作れるからいいわ」
と言う義母の言葉を真に受けたら
「出てけ!!」
と、追い出されそうになったこの事件。

過去記事


その後、義姉と義母、二人して鬼嫁としての陰口が続き、私が完全に悪者でした。
頼みたいなら言えばいいのにね。
頼まれればやりますよ。
それなのに、いいわ、なんて言っておきながら、陰口。
その直後、大騒ぎで人を凶弾するから恐い人達です。

毎回、夕飯を持って行くと、二人してひっくり返ってテレビ見て、嫁のご飯を当然のように食べてます。
毎日毎日、頭も体も使わないでいたらボケも進むと思いますが。
ひっくり返ってゴロゴロして、「年寄りなんだ」「病気なんだ」と威張ってます。

スーパーボランティアと言われる小畠春夫さん。
山口県で行方不明になった2才の男の子を救出。
今までも、被災地に向かっては被災者のためにボランティアで汗を流してきた素晴らしいおじいさんです。
義父と同じ79才ですが、その表情の輝きと、うちの義父の表情では雲泥の差がある。
常に人助けで奔走し、誰かの為に尽力して功績を得ている人は生きる源を持ち輝いている。
常に不満を持ち、人を貶めるような悪態つき、愚痴で悲観自慢し、生きる意味を見出せない人は澱んでいる。

同じお年寄りでも全然違うし、はつらつとしている小畠さんと、義父母は全く違う。
改めて、私は小畠さんになりたいと思ったのだった。

反面教師。
そう、階下の人達からは反面教師として学びを貰っています。
感謝してます、そういう意味では。






にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 
# by piyopiyo-kimama | 2018-11-17 15:22

二世帯住宅を夫と義母の意向で建てました。そこから、我慢の日々が始まった。嘘つきな義姉。認知症で事実を捻じ曲げる義父母。この人達に対抗するため覚書です


by piyopiyo-kimama